99KWの超オーバースペック太陽光発電事業に挑戦!1680万円を手に入れよう


この記事を読むのに必要な時間は約 8 分です。

今年は、まず手始めに

99.13KWの超オーバースペック太陽光発電事業に挑戦します!

FITは、18円/KWの低売電額時代ですが、

まだまだ儲けることができると判断しました。

とりあえず、借金持ちのラブスカイですから

信販系のジャックスの融資を受けて、トライしようと

考えています。

立地は鹿児島県の分譲を考えています。

業者から頂いた

超オーバースペック99.13KW太陽光発電システムの

シミュレーションです。

↓ごらんあれ

1930万円投資して、20年間で1648万円の純利益となります。

一昔では考えられなかった

低圧なのにスーパーオーバースペック

99KWシステムならまだまだ儲けられる

試算となっていました。

これなら下手な不動産よりも利益を確保できます。

トライせずにはいられませんね。

↓システム概要です

土地は購入で250万円のようです。

やはり、鹿児島の田舎なのでしょうね

接続費用が80万となっています。

電柱を2本程度設置するのでしょう。

ちなみに、私の熊本山鹿の別荘に太陽光発電所を設置したときには

150万程度の費用が掛かりましたから

80万円はかなりリーズナブルだと思います。

しかし、50KWのパワコンで

99KWのシステムを搭載できるとは、

機械の性能も格段に向上しているのでしょう。

5年前では考えられなかったですからね。

業者によると、オーバースペックも

2倍の99KWが目一杯とのことで、

今後、行政の締め付けがきつくなると予想されています。

来年以降はもしかしたら

オーバースペックによる高利回り太陽光発電所経営は

できなくなるかもしれません。

また、現在の18円/kwもいつまで続くか分かりません

そのうち、電力購入額を下回る売電額となる可能性も秘めています。

他の投資と比べて圧倒的に投資額が小さくて、

その割にリターンが大きくリスクも小さい太陽光発電事業も

あと数年でしょう。

ラブスカイとしては最後まで挑戦をあきらめません。

まずは、ジャックスの審査を通さなければなりません。

頑張るぞ!

今回の分譲は5区画とのことです。

残り3区画あるようですから

来週の仙台セミナーでご紹介予定です。

ご興味がある方は、仙台セミナーに参加よろしく~

(セミナー誘導ネタです!(笑))

急に予定が入って3名の方がセミナー参加辞退されたので

急募中です!問合せ待ってまーす。

さて、

↓キャッシュフローの試算および設備償却額です

トータルで1680万円の現金収入を得ることができて

税金の控除も毎年のように受ける事ができますから

やはり、不動産投資の次に手を出しやすい投資先としては

まだまだ太陽光発電事業ですね!

でわ!