不動産や発電事業以外の投資先を探す。


この記事を読むのに必要な時間は約 6 分です。

現在までに新築賃貸アパート5棟と

太陽光90kwシステムを保有し

やってきましたが、

現在の年間収入は本業入れて3300万円程度になります。

野立ての太陽光がこのまま奇跡の発電を続けて年間400万だとすると

さらに200万増えて3500万円となります。

当面は、新設した太陽光発電事業により

青色申告で3年は赤字が繰り越せますので節税処置を施せますが

数年後には何らかの節税対策として新たな事業が必要になります。

今は、年間1棟新築と太陽光発電事業の立ち上げで何とかなっていますが

何しようかな?

なんて思っていたときに妻から思わぬ相談がありました。

妻「3人目の子が2年後には小学校に入るから働こうと思う!」

ラブ「おおーやっとその気になりましたか!

本業を持って君もアパート3棟位保有してよ!」

妻「当面それを目指そうかな。あなたに先立たれても団信で収入保障があるけど

私が死んでもあなたに金銭的メリット全くないもんね。」

ラブ「おまえ・・・・・・鋭いね。さすが、証券会社総合職出身ね・・・。」

そうなのです。私の妻は投資のプロ(元)で

営業マン(株式投資担当)だったのです。こんな妻なので

仕事を探すにしても、ワガママです。

妻から提案がありました。

「わたし、塾長してもいいよ!説明会あったら行って来るから教えてね。」

おおー願ったりかなったりだ。

私には子供が3人いて後数年後には

3人×25000円×12ヶ月=90万円/年の塾代が掛かってきます。

年間90万も塾代払うなら自分でフランチャイズの塾経営して

そこに通わせる!なんてことをかつて妻に言っていたんですよね。

2年後目指して塾経営勉強しまっす。

ただし・・・落ちがありました。

妻「塾長月収は、100万円ね。それと、その100万円は1円も家には入れないし、

私が好きなように運用するからね」

ラブ「・・・・・・・・塾長に100万払ったらなら、

オーナーは取り分ゼロになるな」

この旦那にしてこの妻あり・・・・ですか?