日本の持ち家比率60%は、不動産投資家にとってはフォロー


ここからの記事を読む為に約 4 分の時間が必要

日本の持ち家比率は、現在60パーセントだそうです。

尚且つ今後毎年2パーセントづつ下落するとの事です。

理由は、働き盛りの年代も若手も持ち家志向が低下しているらしいです。

たしかに、若手のマイカー志向も低下しているし、

この流れは止められないのかもね。

このままだと、10年後には

持ち家比率は40パーセントになってしまいます。

まあ、住宅メーカーにはマイナス要素でしょうが

賃貸経営者としては、歓迎すべき状況でしょうね。

新築アパートも、10年程度しかプラス経営は見込めないので

負の時代(10年後)が始まるころに

少しでも賃貸志向の高い時代になっていて欲しいものです。

毎年2パーセントづつ持ち家志向は下落しますが

日本の人口は0.001%/年づつの下落ですので

このニュースは大きいですね。

さて、

5棟目の物件として

福岡市内の物件を探してもらっていますが

先日営業マンさんから電話があって、

東区のある物件は土地の調整がつかず

流れてしまったようです。

残念です。

でも新築でも昔のように8%台後半の物件は

ないようですね。

地価は間違いなく上昇しているようですし、

売主も強気継続なんでしょうね。

まだ準備ができそうな物件はあるようなので

朗報を待ちましょう!!

それと、

2週間ほど前、管理会社から

ダミーのビデオカメラと人感センサーライトの設置

を勧められました。

良く理由を聞いてみたら

福岡市内の管理物件でエアコンの室外機の盗難

が相次いでいるとの事・・・・物騒ですね。

保険があるので金銭的なダメージはないようですが

盗難による入居者への精神的な不安による空室リスク拡大

又は、風評被害の方大きいようです。

と、言うことで提案を受けていたのですが

今日連絡があって取り付けが完了したとの事です。

支出としては、

ダミーカメラとセンサーライトで1棟あたり22000円

2棟で44000円でしたが

2000円だけ値切って・・・42000円にしてもらいました・・・てへ

この程度で少しでも被害が防げるならぜんぜんありですね。

ここからの記事を読む為に約 14 分の時間が必要

ラブ☆スカイの
無敵の投資スキームを紹介

ここからラブスカイが推奨する
投資家として成功するための方法を
詳細にご紹介します。

〇不動産投資スキーム

税込み年収400万以上で

①中心都市の新築木造アパート

又は、新築シェアハウス

どちらか1棟、属性により

できれば複数棟契約

②属性により値引き80万円なので、

実質頭金10万円で、

2500万の早期繰り上げ返済用

都心マンション1戸契約

③頭金10万で、1500万中古

区分マンションを2戸同時買いし、

15年後売却し、キャピタルゲインを狙う

④ラブ☆スカイの親友のハーツ植西社長に

直接頼めば
頭金はゼロで、資産背景により

1億円(約10戸)~6億円(約50戸)の

地方中古RCマンション1棟丸ごと契約!

という流れで実践していきます。

〇海外年金口座(積立)

日本国内の年金積立は、もちろん

円建てですが、

海外年金口座は、毎月ドル建てで

年金を積立を積み立てる保険です。

積み立てる理由としては、

日本は現在、インフレに突き進んでいます。

10年前100円で購入できたコーラが今では130円です。

10年間で約30%の通貨価値下落ですね。

1億円を日本円で貯金していた方は、

現在額面こそ1億円のままですが

実際の通貨価値は約7000万円ということになります。

0.1%の定期で貯金している場合ではないと

思うんですよね。

また、日本の保険会社の年金積立だと

利回り1%程度だし

そもそも日本円建てだと、インフレが進んで

日本通貨価値が

下落したら一緒に積み立てたお金の価値も

下落しちゃうから意味がありません。

⇒続きを読む

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。