201602061603418fe 1 - 太陽光発電事業に投資するなら今が絶好のチャンス

太陽光発電事業に投資するなら今が絶好のチャンス


ここからの記事を読む為に約 6 分の時間が必要

最近太陽光発電関係の問合せが

多くなってきました。

太陽光発電関係は毎年

3月の年度末に制度の変更や更新があるので

10月から年末に向けて問い合わせが増えるのです。

でも、年末だとちょっと遅いんですよね

12月の中旬が限度一杯でしょう。

契約→申請→設置→連系までで、

早くて3ヶ月、混み合っている地域なら

4ヶ月~10ヶ月となります。

と言うわけで、太陽光発電事業への参入を急ぐなら

シーズンなんて考えてないで

思い立ったら問合せするべきだと思います。

そうです。思い立った今が絶好のチャンスなのです!

よーく覚えておいてください。

さて、問い合わせをいただいたら

いつも、メリットとデメリットを

相談されます!

と言うことで、あらためて特集しましょう。

〇太陽光発電事業のメリット

・電気を売ってお金に換えることができる。(これ基本)

・フルローンが可能(これも大きいね)

・光熱費を節約できる。(家庭やアパートの共益部分に設置する場合)

・アパートや自宅の屋根材の劣化を防ぐことができる。(ラブ☆スカイ論)

・断熱効果抜群(アパートの2Fや自宅の2F)の冷房・暖房がよく効きますよ

・無尽蔵なエネルギー源です。燃料費ゼロ!

・無尽蔵なエネルギー源です。限りが無い!

・災害時は補助電源として発電した電力を使用できる

・需要が高く、近年設置費用は激安です。

・モーター等の駆動がないので、基本的にメンテナンスフリー

・補助金が出る地域がある

・節税効果抜群(税金払うくらいなら太陽光やるべき)

・クリーンなエコ投資ですから、よいことをしている気持ちになる

・最大のメリットは・・・・・儲かる!

↓私の太陽光発電所(アパート屋根)
201602061603418fe 1 - 太陽光発電事業に投資するなら今が絶好のチャンス

〇デメリット

・夜間発電できない

・雨の日発電できない

・季節により発電量が増減する
(ローンは定額なので、収支マイナスの月がある)

デメリットが、特に思いつかないんですよね。

災害が起きたら?なんてことはそもそも

投資家は考えないしね。そのときは自宅も賃貸不動産も

何もかもパーだろうからね。そもそも

そんな大災害が起こったら命すら危ないだろうしね。

雷や火災等の大概の損害は

損害保険でまかなえるしね。

結論:太陽光発電事業は儲かるし融資受けてレバレッジを
利かすことができる最高の投資先の一つ!

デメリットは、私は、無いと思う!

大災害が起きたら投資はあきらめなさい!

以上

なんて思ってます。

〇売電価格について

売電価格は毎年下がり続けています。

平成28年度は

・住宅用(10kw未満):33円/kw

・産業用(10kw以上):24円/kw

毎年下がり続けているのだから、

そういう意味でも、思い立ったそのときが

絶好のタイミングといえるゆえんですね。

〇売電契約期間について

・住宅用(10kw未満):10年間固定契約

・産業用(10kw以上):20年間固定契約

よく、初めて太陽光発電事業を考える方の中に

毎年売電価格が下がり続けるので不安だ

なんて言ってるか違いますが・・・・

売電価格固定契約なので

契約して発電事業をしている方の

売電価格は契約期間中はもちろん固定ですからね!

〇太陽光発電事業が儲かる理由

売電価格が毎年下がろうが、実は利回りは

まだ高いのです。なぜでしょう?

それは、売電価格が下がるのに合わせて

設置費用も下がり続けているからです。

私がむかし売電48円で設置した時代の

一般的な設置価格は70万~60万/kwでしたが

現在は20万~25万/kwなんて業者さんもいますからね。

まだまだ大丈夫です。

まあ、デメリットなんかより十分すぎるメリットと実績と

仲間が多いこの太陽光発電事業にトライしない手は無いでしょう。

でわ

ここからの記事を読む為に約 14 分の時間が必要

ラブ☆スカイの
無敵の投資スキームを紹介

ここからラブスカイが推奨する
投資家として成功するための方法を
詳細にご紹介します。

⇒続きを読む

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。