海外積立の最大のメリット!、毎月100万円の積立を申し込んだら 600万円もらえるのです。


この記事を読む為に約 17 分の時間が必要

香港金融セミナー(ラブスカイブログオフ会)まで

あと1週間を切りました。

妻と二人で旅行に行くのは

子供を授かる前に行った韓国と新婚旅行のハワイ

以来だね。結構楽しみ。

さて、近況ですが、

ただ、いまだ熊本地震の影響で

福岡への帰省の予定は組めていません。

また、今週末も家族の元へは帰れていません。

もう2週間帰ってないね。仕事一色!!

明日にでも、福岡行きの空港チケット取ります。

絶対香港行くぞー!!

さて、せっかく香港金融セミナーに参加するんだから

私が毎月1500ドル(日本円で20万前後)積立

25年後1.5億円に膨れ上がると信じている

海外年金口座(積立)について

解説しましょう。

あくまで私が手に入れた情報ですから

詳細はご自信で確認してね。

本日は、海外年金積立の仕組みについて

詳しく説明しましょう!!

まずは、なぜ海外積立なのか?

私は、不動産投資や太陽光発電や廃油発電で

毎月不労所得を得ています。

ただ、その所得を貯金していても

今の0.01%の金利では、資産が、増える事は

ありえません。それどころか、

インフレによる物価上昇で、

通貨価値は、下落の一途です。

銀行は、預けたお金の額面は、倒産しない限り

保証してくれますが、

お金の価値は、保証してくれませんから❗

何とかしなければならないと思ったわけです。

そこで、手始めに、

現在の太陽光発電事業による毎月の

不労所得(ローン等を差し引いた額)を

海外積立に回して、リスク分散

させたわけです。

ちなみに、

100kwシステムで、毎月34万円くらいの

発電収入のうち20万円程度

(現在はちょっと円高で17万くらい)を

海外年金口座で積み立てています。

もちろん老後のためと、通貨価値下落防止の

ためです。

17万円といってますが、正確には

$1500のドル建ての積立です。

なぜドル建てなのかは、前から主張していますし

そのうち特集しましょうね。

さて、この毎月$1500を25年間続けると

原資として、1500×12ヶ月×25年=$45万

6000万くらいになります。

この6000万の原資を複利で8%運用すると

1.5億になります!!なんと運がよければ

利益が、143%です。

利益が143%ですからね。総額では250%
す!!

私の積み立てている商品の概要を説明すると、

↓こんな感じです。

海外年金口座仕組

この商品を扱う保険会社は、仮にR社としましょう!

われわれ申込者はこの保険会社R社の保険商品販売代理店

に申し込みます。そして、R社と契約を結ぶのです。

この保険会社がIFAと呼ばれる資金運用会社(いわゆるファンド)に

「お金を増やしてね!」って依頼します。

われわれは、このファンドにお金の運用を一任するのです。

いわゆる積立ですね。日本でも同じです。

この保険会社について説明すると、

設立は1861年

本社所在地はイギリスのお隣にあるマン島です。

積立保険に申し込みできる年齢は、18歳以上65歳以下です。

結構幅広いね。

なおかつ、最大2名の連名で申し込めます。

これいいよね、名義が1名だと、途中で死亡したらそこで保険が終わっちゃうもんね

2名なら継続して続けることができます。解約したければ解約すればよいし

幅が広がるね。

ちなみに、共同名義での積立申し込みの場合は、

年齢が若い方の年齢が適用されるようですね。

と、言うことは、90歳のお父さんと

40歳の息子で共同名義で申し込むこともできますね。

なかなかよいですね。改めてこの保険のすさまじさ、利用価値を

感じましたね。

契約期間は最短で5年から最長でも25年だそうです。

もちろん複利の積立だから長いと長いほど

お金の増加スピードは増大しますが

人それぞれ利用方法は違うので5年からエントリーできる点は

この辺も商品としてすばらしいね。

あと、積立額についてですが、

私のブログではドル建てについてしか説明しませんよ。

ほとんどの方は円建てを考えるでしょうが

絶対ドル建てですよ!!円建てなんて説明しません。

ドル建ての最低積立額は320ドルからです。

日本円だと、4万から5万円ですね。

実は、この$320プランが日本のサラリーマンの

一番人気プランだそうです。

まあ、私としてはあとで異論を述べますが

月収30万のサラリーマンでも

毎月5万の貯金はしてるだろうから

可能ですよね。

もちろん日本で銀行に金利0.01%で貯金することに

比べれば

毎月$350(5万円)程度で8%で外国にドル建てしたほうが

圧倒的に利口だということは理解できます!!

数字で説明しましょう

毎月5万円を8%で運用したら25年後は35,913,000で

約2000万の儲けです。

毎月5万円を0.01%で運用したら25年後は15,014,880円

たった1万4千円の儲けです。もはや、儲けなんてありません。

積立方法は、毎月でも半年ごとでも、年単位でも3ヵ月ごと

でもいろいろ選べるようです。

まあ、通常は毎月コースを選ぶよね。

さらに、契約後増額はいつでもできるようです。

ただし、減額は2年のお約束期間を過ぎればいつでも

できるようです。まあ、保険だから2年縛りがあるんですよね。

ただし、よーくこの辺を覚えておいてね

私が思いついたすばらしい、とっておきの

超お得な裏技をあとからお教えしますから!!

この保険会社R社がお金の運用依頼をしている

ファンドの数はなんと34社で180種類以上とのことです。

運用請負先のIFAについては

わたしがしっかり香港で勉強してきたので

明日以降ブログで解説しますね。

ここから、海外年金積立(口座)のメリット説明に入りますね。

ファンドスイッチングはなんと無制限!!

いくらでも、運用先を変えることができます。

そして、大切にためたお金の保証についてですが、

なんとなんと

マン島の保険業法1991によって

資産の時価総額の最大90%保証されます。

これすごくない?

4億円積み立てていてこの保険会社が倒産したら

3億6千万円が保証されるんだよ!!!

日本だったら、たったの1000万円しか保証されないんですよ!!!

なぜ世界の名だたる政治家や指導者や投資家が海外に積立の形をとって

お金を移すのか?

それは、この90%保証!!をうたう

オフショア地域の商品だからです。

香港でこのカタログ見たときははっきり言って

興奮で背筋から震えたのを覚えていますよ。

これが、最大の魅力です。

海外積立を節税という名の脱税に使おうという方が

大勢いますが、そんなことは無理です!!

満期がきたらしっかりキャピタルゲイン税を払いましょうね!!

そんな税金よりももっと大きなメリットがあるのです!!

何度も言いますが

ヨーク覚えてくださいね

90%保証複利です。

十分これだけでも、今すぐ日本での積立や貯金なんて

馬鹿らしくてやってられなくなると思います。

とくに、われわれ不動産投資家、太陽光発電所経営者は

不労所得を銀行にためる癖があります。

わたしも、前まではそうでした

お金がたまった貯金通帳をみて

ひとり笑みを浮かべておりました・・・ばかですね。

ためたお金を運用しなくてどうする?

日本で円建てで運用なんてしたら

日本通貨価値が下がれば一緒に沈没です・・。

やはり、リスクヘッジしないとね。

日本の商品でも利回りが8%の実績のものも

数は少ないがあります。ただし、90%の国の保証は

ありません。

だから、わたしは海外年金積立(口座)なのです。

さーて、ここまでブログ読んでくれたなら

もう少し付き合ってください。

これから、この商品の最大のメリットをご紹介します!!

まだあるのか?っておもいました?まだあるのです。

この海外年金積立の最大のメリットとは

↓これだ!!!!!!!

海外年金口座仕イニシャ
ルボーナス

なんと、$1500を25年間で契約したら

いきなり6か月分のボーナスがいただけるのです。

こんな商品ありますか?

$1500だと、イメージできませんか?

分かりやすく言いますと

毎月20万円で25年間の積立契約を結べば・・・

契約を結べさえすれば、6か月分の120万円が

自分名義の口座に入金されるのです!!!

これすごくないですか?

たとえば、毎月100万円の積立を申し込んだら

600万円もらえるんですよ!!

こんなの、お金持ちのお話だと思っていますか?

今現在400万から500万くらいの貯金がある方なら

年収400万のサラリーマンでも

$1500に申し込むべきなのです!!!

ここからは、私の勝手な意見ですからね。

保険会社に聞かれたら絶対怒られますから。

ブログ消すことになったらすみません!!

でも裏技です。

この海外積立商品のルールをよく読んでみましょう。

ルール1:契約後増額はいつでもできる

ルール2:減額は2年間のお約束期間が過ぎればいつでもできる。

ルール3:$1500(20万円)を25年間積み立てる契約をすれば

        6ヶ月ボーナスが自分の口座に入金!!

ルール4:契約後2年間たてば、解約しても6ヶ月ボーナスを返す必要なし!

ルール5:契約後25年以内に解約したら初期口座分については

     解約返戻金分しか戻らない!ただし、減額の場合はペナルティーなし!!

さーて、私が思いついた裏技紹介です。

要は、ドル1500(20万円)を毎月2年間支払うことができれば

6ヶ月ボーナスを返す必要はないのです。

だから、20万×12ヶ月×2年=480万円の貯金があれば

年収が400万のサラリーマンであっても

$1500(20万円)25年コースを申し込めばよいのです。

そして、契約後いきなり自分の保険口座に

1500ドル書ける6ヶ月=9000ドルが振り込まれて

9000ドル(120万円)から複利で運用開始です!!!

そして、2年間貯金を切り崩して、毎月1500ドル

積み立てます。

2年後は、

頭金120万円(ボーナス)+毎月20万円×24ヶ月+複利の利益

となります。

仮に、8%で運用なら、自己資金480万円に対して、

648万円になっているのです。

すごい錬金術だと思っています。2年で200万です。

ただし、年収400万では、何か投資でもしてないと

3年目以降に支払うお金がありませんよね。

だから、2年と1ヶ月経過後、毎月$1500(20万)の

積立を$350(5万円)にペナルティーなしで減額するのです。

これぞ、6ヶ月ボーナスをしっかりいただいて、

ルールに従い、確実に毎月5万円の複利運用も続けるスキームです。

この技、絶対にお得だと思います。

まあ、保険会社としては、2年後に減額されようが、

この2年間でしっかり

儲ける自信があるんでしょうね。

まだ、いっぱいお話したいが

頭が痛くなってきた。

この記事を読む為に約 15 分の時間が必要


ラブ☆スカイの
無敵の投資スキームを紹介

〇廃油バイオマス発電事業投資

廃油バイオマス発電は利回り14%の高利回り

ですから

例えば100万円だと、年間14万円のリース料

収入となります。

約7年でペイします。

20年だと14万×20=280万円

ですから、発電開始したら

とても美味しい投資案件となります。

わたしは、18%の第2期で600万

今回14%の第3期で600万資金投入しました。

1200万の資金が、20年後に

2160万+1680万=3840万になる計算です。

はじめての事業なので

それなりの精神的リスクはあるでしょうが

経産省の設備認定も取れているのでほぼ

確実だと思っています。

〇不動産投資スキーム

税込み年収400万以上で

①中心都市の新築木造アパート

又は、新築シェアハウス

どちらか1棟、属性により

できれば複数棟契約

②属性により値引き80万円なので、

実質頭金10万円で、

2500万の早期繰り上げ返済用

都心マンション1戸契約

③頭金10万で、1500万中古

区分マンションを2戸同時買いし、

15年後売却し、キャピタルゲインを狙う

④ラブ☆スカイの親友のハーツ植西社長に

直接頼めば
頭金はゼロで、資産背景により

1億円(約10戸)~6億円(約50戸)の

地方中古RCマンション1棟丸ごと契約!

という流れで実践していきます。

〇海外年金口座(積立)

日本国内の年金積立は、もちろん

円建てですが、

海外年金口座は、毎月ドル建てで

年金を積立を積み立てる保険です。

積み立てる理由としては、

日本は現在、インフレに突き進んでいます。

10年前100円で購入できたコーラが今では130円です。

10年間で約30%の通貨価値下落ですね。

1億円を日本円で貯金していた方は、

現在額面こそ1億円のままですが

実際の通貨価値は約7000万円ということになります。

0.1%の定期で貯金している場合ではないと

思うんですよね。

また、日本の保険会社の年金積立だと

利回り1%程度だし

そもそも日本円建てだと、インフレが進んで

日本通貨価値が

下落したら一緒に積み立てたお金の価値も

下落しちゃうから意味がありません。

ということで世の中のサラリーマンは$建てで

海外積立を行います。

毎月サラリーマン給料から

$350(5万円程度)を25年積み立てたら

5万円×12か月×25年=1500万円の源資

となります。

海外の保険会社が利回り5%で複利運用したら

1500万円→3000万円となります。

(25年で約2倍)

利回り10%で運用したら

1500万円→6000万円となります。

(25年で約4倍)

現在までの運用実績は15年間で8.6%

となっていますが

2008年にはリーマンショックを経験しての

実績です。

香港のIFAいわく

リーマンショックが無ければ12%はいけたはず!

とのことです。世界大恐慌でもなければ

利回り5%程度では運用してくれると思っています。

ラブ☆スカイは現在

毎月$1500(20万円)を積み立てています。

毎月20万円を25年間、

利回り10%で海外に積み立てたら

2億4000万円となります。

最終的に100万程度月収のすべてを

海外年金(口座)積立に投入して

毎月20万の積立を5種類のIFAに分けて

投資する予定です。

100万×12か月×25年=3億円の原資となり

この3億円を利回り10%で運用してもらったら

12億円になりますね。

夢は、大きく。いやー楽しみです。

普通のサラリーマンでは毎月20万円

なんて無理ですが、

200万円の自己資金で

1億程度の新築アパート2棟買えば

毎月キャッシュフローが20万円となります。

400万円分のバイオマス発電機を

購入して、利回り14%で、貸し出せば、

毎月約5万円の収入が20年間続きます。

太陽光発電所50kwフルローンで購入すれば

毎月10万円のキャッシュフローとなります。

ちなみに、ハーツ植西社長に頼み、

4億の地方中古マンション1棟買いしたら

一括借り上げ方式を採用してもらいますが、

税金も、設備維持費もオーナーには負担なしなので

実質利回り2%程度でも、

キャッシュフローは年間800万円となります。

これなら毎月の収入は75万円となります。

いきなり海外年金口座に

毎月75万円積立を可能にしてくれますね。

(ただし、

4億なら個人の属性も1000万以上となります。)

まあ、いろんな投資案件はありますが、

上記の投資案件のどれかと

本業のサラリーマン収入から

5万円追加すれば

$1500(20万円:現在為替で17万くらい)

の積み立てに加わることは可能だと思います。

日本円とドルの両方の通貨を保有する。

円安ならドルを使い、円高なら円を使用する。

日本のハイパーインフレにも対応できて安全

よくある質問に、デフレしたらどうなるの?

って聞かれますが、私は、

波打ちながらインフレは進むと思っています。

だって、物価って上昇するものだから。

政府の目標は物価上昇毎年2%ですからね。

オリンピックもあるし、物価上昇しか考えられません。

もし政府が言うように毎年2%も物価上昇されたら

毎年2%日本通貨価値が下落し続けることになります。

1000万円貯金している場合、

初年度は20万円価値消失で翌年には980万円の

通貨価値ですね。10年後には、

約20%の資産価値消失です。

だから、私は、現金を持たずに物

(不動産・太陽光・バイオマス発電機)を買って

インフレに対抗しているのです。

ちなみに、将来日本通貨の価値が地に落ちたとき

ハイパーインフレになったとしたら・・・

わたしの借金の価値も地に落ちます。

要は、借金の価値がなくなります。

今の借金4億円はインフレで通貨価値が半分になると

借金2億円と同等になります。すごいでしょ!

〇激安2500万投資用新築マンション1戸について

激安新築マンションの位置づけですが、

上記の他の投資案件との併用で威力を発揮します。

新築アパート+激安新築マンション

太陽光発電所+激安新築マンション

廃油発電事業+激安新築マンション

中古マンション1棟+激安新築マンション

それは、なぜか?

太陽光発電所の寿命は20年です。

新築木造アパートの寿命は22年です。

これでは、返済後の撤去費用の捻出や

おんぼろアパートの修繕費のために

家賃収入を割り当てる未来が待っています。

このローン返済後のオーナー負担の大きさが

太陽光発電事業や新築木造アパート経営の最大の

欠点です。

(初めから中古に投資する場合は投資家は

出口の費用負担は見込んでいるため問題ありませんし

一括借り上げなら何も考えなくていいでしょう。)

この大きな欠点を補うのは、

新築マンションとなるのです。

なぜか?

それは、マンションの寿命は47年だからです。

ローン返済25年で設定した場合

まだ、22年も寿命が残っています。

太陽光発電所の発電寿命が終わる時期

新築木造アパートの寿命が終わる時期

からまだ22年も収益を上げ続けることが

出来るのです。

だから、絶対に、激安で小さくても構わないので

新築のマンションは一緒に保有すべきです。

また、複数の投資案件を保有していて

既にキャッシュフローを築いている方は

繰り上げ返済用として、利用できます。

新築マンションを繰り上げ返済したら

一丁上がりですね。

さて、購入の仕方ですが、

新築アパートでも太陽光でも発電事業でも構いませんが

月間10万程度のキャッシュフローを手に入れて

それを海外に移すわけですが、

もちろん全額は投入しませんよ

1/3程度は残します。

すると、毎月3万程度は現金が残ります。

この3万の内1万程度を新築マンション

購入資金に回します。

新築マンションは大体

マイナスキャッシュフロー1万円程度が

バランスよくてお勧めです。

無理やり35年ローンにしてプラスにしても

金利ばかり払うことになるしね。

(←もちろんこの場合はキャッシュアウトリスクは

なくなりますので、他の投資案件を持っている

場合だけですよ。)

〇ラブ☆スカイスキームをまとめます。(一番重要)

最初に10年は新築アパートで安全確保

10年目~25年目までは太陽光発電や

バイオマス発電の余力で安全確保

25年目以降は新築マンションで安全確保

そして、海外にお金を移して、

稼いだ通貨の安全確保

わたしに問い合わせていただけたら

包み隠さず全てを伝授いたします。

Read more

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。