契約10年の売電48円/KWの自宅6KW太陽光発電所。14年目も同額継続契約できました!!


この記事を読むのに必要な時間は約 6 分です。

今から14年前に

近所では最も早く

いや全国的にもダントツに早い段階で

我が自宅に6KW太陽光発電所を導入した

ラブスカイです!えっへん

契約は10年でしたので

契約が切れた4年前にその後売電価格は

幾らに設定されるのか?

そもそも契約は継続更新してもらえるのか?

心配してたのを記憶しています。

↓今年も九電から自宅太陽光発電所の処遇についてのはがきが届きました。

そんな自宅太陽光発電所ですが

14年経った今年も48円/KWの売電価格そのままで

契約更新していただきました!

↓こんな感じのはがきが届きます。

基本的に、売電契約が終了した場合

まいとし1年契約で更新することになります。

わたしの発電所は

初期fitですから

初期特約で当時の売電価格を契約できています。

今後、住宅太陽光発電所を保有する

オーナーの発電所が次々と売電契約満了を迎えます。

いわゆる2020年問題ですね。

その後は、売電契約を継続できるのか皆さん心配でしょう

間違いなく契約は継続できます。

上記のようなはがきで毎年契約更新することになります。

ただし、契約金額は

10円/KW程度になると予想されています。

私もそうなると思っています。

あと、1年しかありません

そのまま契約を続行するのか?

それとも、契約満了で

自己使用に徹した方が良いのか?

良くシミュレーションしなきゃですね。

もちろん

自己使用するなら

完全オール電化が必須です。

電気を使うほど儲かりますからね

自動車はもちろん電気自動車

自転車も電気原付に変更

高いled電気をやめて電力は消耗するが安いエナメル電球!

もちろん

電気を貯める蓄電池は必須ですね

現在

私は蓄電池の購入に向けて

勉強中です

そのうち蓄電池を購入しますから

またネタを提供できると思います

ご期待ください~

でわ