社会に貢献するサラリーマンに銀行は数億円を融資する


この記事を読むのに必要な時間は約 9 分です。

不動産賃貸業は、初心者投資家にとって

とても安全で安心できる投資先です。

理由は、住居を購入して

入居者に貸してその

家賃を得ると言う

簡単なシステムであるため

素人でも簡単に理解できる投資先だからです。

リスクも、様々あれど

最終的に「空室」が生じることに集約されます。

空室対策を講じることで

全てのリスクを解決できます。

シンプルなシステムであるほど

シミュレーションしやすく

対策を講じやすいのです。

ですから、不動産賃貸業は

素人投資家にとってもっとも

安全で安心できる投資先と言えます。

この

安心で安全な投資先という判断基準は

個人投資家にだけ当てはまるものではありません

もちろん

お金を融資する

銀行にとっても

不動産賃貸業は

安心で安全な投資先となるのです。

収支は

家賃収入からローン支払い額を引き、残った

キャッシュフローを管理するだけのシンプル投資であり

とても

判断しやすい投資先です。

また、

管理会社に管理を完全に任せるシステムが確立しているため

サラリーマンや公務員は、本業を辞めること無く

また、本業に影響を与えること無く

不動産賃貸業オーナーを続ける事ができるのです。

ですから、

頭が固く、判断基準はエベレストのごとく高く

なかなか融資を下さない銀行でさえ

年収500万のサラリーマンに

1億もの融資を付けるのです。

まったくのど素人のサラリーマンに

お金を貸すのです。

銀行が融資をする投資対象が

いかに優れたものであるのか?

想像してみましょうね。

それだけ

アパート、マンションは安全な投資先なのです。

反対に

不動産賃貸業以外の個人事業には

決して銀行はお金を貸しません。

まあ、例外はありますよ

コインランドリー事業と

太陽光発電事業には

銀行はお金を貸すようになりました

でも、ここ5年ほどの事ですよ

数年前までは

かなりの属性(担保の土地を保有していたり、年収が高かったり)

をお持ちの方で無いと

なかなか融資が付きませんでしたからね。

さて、

理解できましたか?

結論から言うと

銀行にとっては

不動産賃貸業を行うサラリーマンは

とても安心安全な投資先です。

銀行にとっては

融資先が信頼できるかどうかのみで判断します

投資先に不動産賃貸業のノウハウがあろうが無かろうが

どうでも良いのです。

融資先が経済面で安定さえしていれば良いのです。

不動産賃貸業を営もうと思っている

サラリーマンは

とても

社会貢献に積極的な

人間的にも優れた属性の持ち主だと判断されます。

人間性と経済性を合わせて優れていると判断されるのです。

不動産賃貸業をするサラリーマン、公務員は

もはや、

無敵です。

完璧な相性なのです。

日本人の所属する職業のほとんどは

サラリーマンです。

サラリーマン大国日本にあっては

副業で不動産投資することは

もっとも

優れた選択であると言えるでしょう

30代で決意しましょう

40代でもまだ間に合います

50代でも預貯金と自己資金次第でなんとかなります。

素晴らしい老後を目指して

第2の収入を得る手段を検討しましょう。

でわ!続きはセミナーで!