201506212022550f5 1 - 会社設立後3年で50%が倒産!その理想と現実

会社設立後3年で50%が倒産!その理想と現実 2 comments


ここからの記事を読む為に約 8 分の時間が必要

どーもです。

株式会社を設立したラブ☆スカイです。

会社設立に関して自分が経験した体験や、学んだことを

ご紹介しています。

さて、本日は会社設立の理想と現実についてです。

よく、会社設立後3年以内には約50%は「倒産」すると言われます。

その実態を国税庁のhpの情報から

読み取ってみました。

〇日本の会社の現実

日本の会社の70%が「赤字」です。

もちろん、節税目的に「赤字」に調整している企業もあるでしょうが

そもそも、企業は、成長しなければ、いづれは尻つぼみですから

やっぱり異常な状態だと思います。

さて、設立後3年以内には50%が倒産するわけですし、

70%は赤字会社なのだから、

みんなと同じ事をやっていては、あっという間に「廃業」に追い込まれますね。

じゃあどうしたらよいのか?

会社を存続させるための方法については、いろんな文献や

著名人方が述べられています。

その中で私が一番これかな?って感じた言葉に

「初心を忘れず、熱い思いを持ち続けること」

と言うのがあります。

誰もが、会社を設立するときには

熱い思いと、将来の希望や野望をもっているのですが、

1年後にその思いを維持している方は

ほとんどいないそうです。

でも、3年以内に50%が倒産するんだから

そうなんだろうね。

税理士さんから聞いたんですが

創業前はサラリーマンをされていた方が非常に多いらしく

安定した収入を得ることができる元の仕事をやめて、

創業するまでに、

他人には想像できないであろう「さまざまな葛藤」

を乗り越えて「決断」に至るそうです。

でも、この「決断」に至るまでの思いを

1年後には忘れてしまうそうです。

なぜ、1年後に「創業時の初心」を忘れてしまうのか?

本にも書いてありましたが、

法人設立後は、やることがいっぱいで、

時間だけではなくてお金も予想を超えて掛かることが

多々あるようです。

なぜ、設立後は、やることがいっぱいあるのか?

そんなこと、立ち上げ時にちゃんとシミュレーションすれば良いじゃないか?

って思うのですが、

そう簡単じゃあないようです。

創業時の初心「熱い思い」があるからこその

ありがたーい副産物だそうです。

事業を始めると、いろいろ細部にはこだわりたくなるようです。

創業時は、頭の中がくるくるフル回転です。わたしも妻もそうです。

休みの日は、この会社を利用して、どう運用していくか?話し合ってばかりです。

楽しいひと時です。我が家の場合は、代表取締役の「妻」が

基本的に、税理士さんや行政書士さんと打ち合わせてくれるので

私はサラリーマンに集中できますが、そうでない

「パパ」一人で戦っている方は大変だろうな?って思います。

さて、税理士さんのお話に戻りますと

「なぜ1年後初心を忘れるのか?」

それは、負のスパイラルに陥るからだそうです。

「この事業ならいけるぞ!」とひらめく

創業時の計画(これまでになり魅力ある事業を計画)

創業

創業後意外に費用が掛かる現実を知る

資金にあわせて計画を縮小(まあ、当たり前ですね。)

資金に見合った事業経営

ふと気づいたら、当初思い描いた斬新な事業ではなく

どこにでもある事業に成り下がっていた・・・。

競争に負けて、「廃業」

となるようです。

結局、初心で描いた斬新な事業を展開することさえ出来れば

大成功したにもかかわらず

最終的にこのような結末になってしまう・・・。

失敗の原因は、

自分の「資金」にあわせた事業に下方修正したことが原因です。

魅力の無い商売の仕組みにしてしまったら

もうどうしようもないのです。

税理士さんのお話では、これは、一般的な創業時の会社の現実だそうです。

じゃあ、どうしたらよかったのか?

そんなこと、だれにも分かりません。

後出しじゃんけんなら、融資を受けて当初の事業形態を維持できるようにするとか

もっと、自己資金をためてから、創業すべきだったとか言えるでしょうが、

創業後は、生きていくだけで精一杯になってしまって、負のスパイラルに陥るそうです。

一言、言えるのは、創業時は、なるべく多くの

助っ人やブレインを回りに備えることのようです。

その、一番手っ取り早くて、とても、親身になってくれる可能性があり

創業後、ずーと付き合う可能性があるのが

「税理士さん」ですね。

事業立ち上げ時のいろんな相談にのってくれます。

妻も、「税理士事務所」に入りびたりで質問しまくり

だったようです。

そのうち、「税理士さん」も我が家に訪問していただいたりして

さまざまな助言を頂きました。

では、次回から会社立ち上げ特集です。

ここからの記事を読む為に約 14 分の時間が必要

ラブ☆スカイの
無敵の投資スキームを紹介

ここからラブスカイが推奨する
投資家として成功するための方法を
詳細にご紹介します。

〇不動産投資スキーム

税込み年収400万以上で

①中心都市の新築木造アパート

又は、新築シェアハウス

どちらか1棟、属性により

できれば複数棟契約

②属性により値引き80万円なので、

実質頭金10万円で、

2500万の早期繰り上げ返済用

都心マンション1戸契約

③頭金10万で、1500万中古

区分マンションを2戸同時買いし、

15年後売却し、キャピタルゲインを狙う

④ラブ☆スカイの親友のハーツ植西社長に

直接頼めば
頭金はゼロで、資産背景により

1億円(約10戸)~6億円(約50戸)の

地方中古RCマンション1棟丸ごと契約!

という流れで実践していきます。

〇海外年金口座(積立)

日本国内の年金積立は、もちろん

円建てですが、

海外年金口座は、毎月ドル建てで

年金を積立を積み立てる保険です。

積み立てる理由としては、

日本は現在、インフレに突き進んでいます。

10年前100円で購入できたコーラが今では130円です。

10年間で約30%の通貨価値下落ですね。

1億円を日本円で貯金していた方は、

現在額面こそ1億円のままですが

実際の通貨価値は約7000万円ということになります。

0.1%の定期で貯金している場合ではないと

思うんですよね。

また、日本の保険会社の年金積立だと

利回り1%程度だし

そもそも日本円建てだと、インフレが進んで

日本通貨価値が

下落したら一緒に積み立てたお金の価値も

下落しちゃうから意味がありません。

⇒続きを読む

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。

2 thoughts on “会社設立後3年で50%が倒産!その理想と現実

  • loveskylinelove

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    > 会社立ち上げ特集!
    > ↑今後に参考になるのでとても楽しみです(^_^ゞ
    投資家YUさま
    コメント感謝いたします。
    為になるかどうかは分かりませんが
    経験したこと、感じたことを
    ありのままに投稿しますね。
    乞うご期待です。

  • 投資家YU

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    会社立ち上げ特集!
    ↑今後に参考になるのでとても楽しみです(^_^ゞ