170412bukka - 途上国の貨幣価値はどんどん高くなり、日本の物価は上昇します。

途上国の貨幣価値はどんどん高くなり、日本の物価は上昇します。


ここからの記事を読む為に約 9 分の時間が必要

生活水準を下げない

もっとも最善の方法をご存知ですか?

例えば1000万円の貯金があったとします。

その場合は、資産を「守る」とは

一般的には1000万円の資産を保全することだと考えるでしょう!

そういう意味でほとんどのサラリーマンさんは

元本を保証してくれる

郵貯や銀行にお金を預けさえすれば万全だと考えますよね。

たとえ銀行に万が一の破たんに陥ったとしても

ペイオフで1000万円まで国が保証してくれますもんね。

↑これは、ある意味で正しいですが・・・

保証という意味では完全に嘘っぱちです。

それどころか・・・国に万が一のことが起こったら・・・

完全に破たんですよ。

前にも述べておりますが、

国や銀行が保証してくれるのは

1000万円という額面だけなのです。

意味わかるかな?

1000万円ンという額面を保証するけれども

1000万円の価値を未来永劫保証してくれるわけではありません。

まだ、わかりずらいかな?

明治時代の一般的サラリーマンの月収2000円を

ペイオフ対象だとしましょう。

平成に銀行が破たんしたとしたら・・・

ペイオフで保証してくれるのは2000円なのです。

明治時代の2000円は今の価値で30万円くらいですが

それでも銀行はペイオフであくまで額面雄2000円しか保証してくれません。

これが、銀行や政府が預けている貯金の額面は保証してくれるが

そのお金の現在の価値は全く保証してくれない理由です。

例えば現実的な話

短期でインフレが起きたとして

物の価格が単純に2倍になったとしたらどうでしょうね?

5000円持ってガソリンスタンドに行って給油した時

100円/リットルの価値なら

50リットル給油できますが

インフレで価格が2倍の200円になっていたとしたら、

なんと同じ額面の5000円でも25リットルしか

給油できません。

これが、この国の預け入れ貯金の保証の本当の現実なのです。

銀行にお金を預けても

銀行は預けたお金の額面は1000万円まで

通帳に記載された額保証してくれますが

あくまで額面であってお金の価値までは保証してくれないのです。

でも、インフレになるとお金の価値が下がって物の価値が上がるから

お金を預けているだけでは貨幣価値が下がって不利になることは理解できるが

デフレになればその逆で物の価値が下がって

お金の価値が上がるはずだと考える方が出てきます。

でも、これは大きな間違いです。

日本にデフレはおきないのです。もっと言うと本当のデフレは日本も経験していません。

過去に日本も20年のデフレの時期があったと言われています。

デフレとはインフレの反対で物の価値が低下して

その反面貨幣価値が上昇する現象のことを言います。

でも、日本版のデフレでは

実は貨幣価値は上昇していないのです。

ちょっとセミナーで使用する資料から少し

データをご紹介しましょう。

↓日本の過去30年の消費者物価指数です
170412bukka - 途上国の貨幣価値はどんどん高くなり、日本の物価は上昇します。

1990年代後半から2016年まで約20年間が日本の

デフレと言われる期間です。

よーく見てくださいよ

デフレ期間でも全く消費者物価指数が減っていないことがわかるでしょ?

日本のデフレが本当のデフレでない証拠です。

日本版デフレとは、物価維持の水平期間の事を指すのです。

今の先進国ではデフレになっても物価は現状維持ですから

貨幣価値も現状維持です。

その反面インフレではしっかり物価は上昇し続けて、

貨幣価値は下落するのです。

もうお分かりですか?

日本では貨幣価値は下落することはあっても

上昇することはありえないのです。

また、為替の面でみると、

先進国の通貨は高くなる傾向にあり

途上国の通貨は安くなる傾向になります。

通貨価値は

安いと輸出が強くなり

高いと輸入に頼ることになります。

さて、現在輸出に強い通貨価値が安い国はどこでしょう?

それは、中国、インド、ブラジル、ベトナム

そこで生産されたものを輸入してわれわれは

生活しています。

途上国の通貨が安いから

途上国から安い物が大量に流れ込んでくるのです。

しかし、もう一度歴史をたどってみると

先進国もかつては途上国なのです。

途上国の貨幣価値は安くて輸出に強いのですが

途上国もいつかは先進国の仲間入りします。

途上国が先進国になる過程で必ず

通貨価値は高くなります。

日本よりも通貨価値が低い国から

日本はどんどん物を入荷しています。

現在の日本の輸入元の途上国の貨幣価値が

上昇した場合は、海外のものがどんどん名目上高くなります。

すると、海外から輸入した物の価値は上がります。

物の価値が上がれば、もちろん日本の貨幣価値は減少します。

近いうちに途上国の通貨は徐々に切り上げられて貨幣価値が

高くなります。

上記の理由で、日本の円建ての貨幣価値はインフレにより

どんどん目減りしていきます。

もう一度言いますよ。

物価が上昇して貨幣価値が減少を続けるであろう

我が国日本では、お金を預けていても、

お金は増えません。

どんどん目減りしていくことを本気で知りましょうね。

さて、話は元に戻りますが、

銀行にお金を預けているだけでは、

銀行は、貨幣価値を保証してくれるではないことは理解いただけましたか?

途上国からの輸入に頼る日本においては

途上国の貨幣価値がたかくなるにつれて

輸入額は上昇し、いずれ日本の物価は食料を中心に上昇を再開し、

日本の貨幣価値はその反面下落します。

今すぐ、貨幣をものに変えないと

大変な損失になることを理解しましょう!

ここからの記事を読む為に約 4 分の時間が必要

ラブ☆スカイが
不動産投資・発電系投資セミナーを
開催いたします。

人生初となる
ラブスカイの地元「博多」開催です。
今回は、要望の多かった
「日曜日開催」となります。

日程は
平成29年12月17日 12:00~

場所は、博多駅前または中州の近くの

貸し会議室です。

ラブ☆スカイの「成功の投資スキーム」

と題して、私の独断と偏見に満ちた

投資理論を6時間の長丁場でお伝えいたします。

今回は、ネタを1時間分追加して

特別バーションで講義させていただきます。

目から鱗のネタをひっさげたいと思いますから

ぜひご期待ください。

↓前回開催したの東京セミナーです!
IMG 1251 - 途上国の貨幣価値はどんどん高くなり、日本の物価は上昇します。

私のセミナーの醍醐味は

私の話よりもセミナーに参加される先輩投資家さん

と初心者投資家さんの斬新な意見飛び交う

2次会にあります。

地元博多は近くに「中州」というすばらしい「飲み屋街」も

あります。

今回もハーツアセットマネージメント株式会社から植西社長が

参加してくれそうです。

中古RC1棟にご興味がある方なら最新情報を手に入れることができて

さらにお得です!

お会いできることを楽しみにしております。

まあ、今回は日曜開催で

参加しやすくしております

ぜひ

参加ご希望の方は下記のフォームから問合せください!

博多セミナー参加の場合は「博多」をお選びください

セミナー参加費500円!

2次会は割り勘

です。

振るうってご参加くださいね!

ここからの記事を読む為に約 14 分の時間が必要

ラブ☆スカイの
無敵の投資スキームを紹介

ここからラブスカイが推奨する
投資家として成功するための方法を
詳細にご紹介します。

〇不動産投資スキーム

税込み年収400万以上で

①中心都市の新築木造アパート

又は、新築シェアハウス

どちらか1棟、属性により

できれば複数棟契約

②属性により値引き80万円なので、

実質頭金10万円で、

2500万の早期繰り上げ返済用

都心マンション1戸契約

③頭金10万で、1500万中古

区分マンションを2戸同時買いし、

15年後売却し、キャピタルゲインを狙う

④ラブ☆スカイの親友のハーツ植西社長に

直接頼めば
頭金はゼロで、資産背景により

1億円(約10戸)~6億円(約50戸)の

地方中古RCマンション1棟丸ごと契約!

という流れで実践していきます。

〇海外年金口座(積立)

日本国内の年金積立は、もちろん

円建てですが、

海外年金口座は、毎月ドル建てで

年金を積立を積み立てる保険です。

積み立てる理由としては、

日本は現在、インフレに突き進んでいます。

10年前100円で購入できたコーラが今では130円です。

10年間で約30%の通貨価値下落ですね。

1億円を日本円で貯金していた方は、

現在額面こそ1億円のままですが

実際の通貨価値は約7000万円ということになります。

0.1%の定期で貯金している場合ではないと

思うんですよね。

また、日本の保険会社の年金積立だと

利回り1%程度だし

そもそも日本円建てだと、インフレが進んで

日本通貨価値が

下落したら一緒に積み立てたお金の価値も

下落しちゃうから意味がありません。

⇒続きを読む

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。