リーマンショックや、テロや、自然現象は予想できない


この記事を読むのに必要な時間は約 6 分です。

2008年リーマンショック後の大反発以来5年ぶりの

株価急騰でした。

先週までに仕込むことが出来れば

大もうけでしたね。

ラブスカイも、とりあえず今日1日で

ほぼ損失がなくなりました。

ちなみに今回の相場はいつまで続くのか?

ちょっとお遊びで予想してみましょう。

一般的に人気の指標『一目均衡表』を使ってみましょう。

まず、今回の相場はいつから始まったのか?

下の週足日経チャートを見ていただいて、

図中根拠1

昨年5月に遅行線がローソク足を上回りました。

図中根拠2

昨年10月に転換線が基準線を上回りました。

この辺からゆっくり少しずつ株価が上がりだします。

図中根拠3

昨年12月にローソク足が雲を上抜けて、いわゆる3役そろい踏みとなり、

一気に暴騰し始めます。

ここから今回の相場が始まります。

無題

じゃあ、いつまで相場は続くのか?

ここが分かれば、上昇・下落にびびる必要がなくなりますね。

手仕舞いシグナルは、暴騰シグナルの反対を確認すればよいのです。

暴落シグナル1

遅行線が、ローソク足と接触し、その後下回る

暴落シグナル2

転換線が基準線と接触し、その後下回る。

暴落シグナル3

ローソク足が、雲をした抜ける。

上記の暴落シグナルが必ず出ますので、シグナル2つ以上で手じまってください。

そうすれば、大損はしないでしょう。

さいごに、もっとも今後を予想するのに分かりやすい指標は

出来高です。ラブスカイは出来高と一目均衡表を駆使して、

株式投資しています。

出来高が上昇すれば、どんどん人気が出てきて株価は上昇します。

下がりだせば、相場終了です。

まあ、皆さんがんばりましょう!

とりあえず、いまのところ相場が終了したと判断できるチャートには

なっていないと思います。

投資は自己責任で!通りすがりの分析屋でした!!

さて、ここまで書いてなんですが、リーマンショックにはやられましたがね。

リーマンショックや、テロや、自然現象は予想できないでしょう?

だから、株式投資は、波風なければ、データで儲けることができるでしょうが、

突発事件で一文無しになりかねないので不動産投資が一番ですよ!!

この記事を読むのに必要な時間は約 20 分です。

ラブ☆スカイの
無敵の投資スキームを紹介

ここからラブスカイが推奨する
投資家として成功するための方法を
詳細にご紹介します。

〇不動産投資スキーム

税込み年収400万以上で

①中心都市の新築木造アパート

又は、新築シェアハウス

どちらか1棟、属性により

できれば複数棟契約

②属性により値引き80万円なので、

実質頭金10万円で、

2500万の早期繰り上げ返済用

都心マンション1戸契約

③頭金10万で、1500万中古

区分マンションを2戸同時買いし、

15年後売却し、キャピタルゲインを狙う

④ラブ☆スカイの親友のハーツ植西社長に

直接頼めば
頭金はゼロで、資産背景により

1億円(約10戸)~6億円(約50戸)の

地方中古RCマンション1棟丸ごと契約!

という流れで実践していきます。

〇海外年金口座(積立)

日本国内の年金積立は、もちろん

円建てですが、

海外年金口座は、毎月ドル建てで

年金を積立を積み立てる保険です。

積み立てる理由としては、

日本は現在、インフレに突き進んでいます。

10年前100円で購入できたコーラが今では130円です。

10年間で約30%の通貨価値下落ですね。

1億円を日本円で貯金していた方は、

現在額面こそ1億円のままですが

実際の通貨価値は約7000万円ということになります。

0.1%の定期で貯金している場合ではないと

思うんですよね。

また、日本の保険会社の年金積立だと

利回り1%程度だし

そもそも日本円建てだと、インフレが進んで

日本通貨価値が

下落したら一緒に積み立てたお金の価値も

下落しちゃうから意味がありません。

⇒続きを読む