みんな数百万手に入れた!友人の地震保険金の支払い実績公開。


この記事を読むのに必要な時間は約 23 分です。

現在ラブ☆スカイは、

賃貸不動産6棟および自宅マイホーム1軒

合計7棟の住宅について地震保険を請求しています。

実際に住めないほどの被害が出たわけではありません。

それどころか、素人目には何処に被害があるのか分りません。

しかし、わたしの友人・知人が次々と地震保険を請求した話を

するので、ずーと気にしていました。

そんな折、

先月友人と定例の飲み会(投資座談会)を秘密裏に開催したのですが、

なんと、多くの友人が地震保険を請求し、多額の保険金が

支払われた事が分りました。

この、座談会のあとに慌てて、保険業を営む友人に

依頼して、わたしの保有物件について保険請求したわけです。

請求についての契約書等については、以前の投稿をご覧ください。

さて、今回は、友人が地震保険を請求して実際に支払われた

保険金支払い実績を公開します。

ちなみに、地震保険請求には条件があります。

地震の規模により

「震度4以上が発生した時点で保険に加入していること」

となります。上記の条件を満たせれば

2年前だろうと、5年前だろうと、10年前だろうと構いません。

現在保険を解約していたとしても、当時地震保険に入っていることが証明

できれば、請求できてしまう場合が多いそうです。

近年の震度4以上の地震って、どのくらいあると思いますか?

震度4以上だとあまりに多発しているので震度5以上で

且つ近年10年分の地震記録をまとめてみました。

↓近年の震度5以上の地震発生記録

発生年最大震度震源地
2019年5弱福島県沖
 6強山形県沖
 5弱千葉県南部
 5弱日向灘
 6弱胆振地方中東部
 5弱熊本県熊本地方
 6弱熊本県熊本地方
2018年5弱胆振地方中東部
 7平成30年北海道胆振東部地震
 5弱千葉県東方沖
 6弱大阪府北部
 5弱群馬県南部
 5弱長野県北部
 5弱根室半島南東沖
 5強島根県西部
 5弱西表島付近
2017年5弱福島県沖
 5強q秋田県内陸南部
 5強鹿児島県薩摩
 5弱熊本県阿蘇
 5弱胆振地方中東部
 5強長野県南部
 5弱豊後水道
 5弱福島県沖
2016年6弱茨城県北部
 5弱福島県沖
 6弱鳥取県中部
 5弱沖縄本島近海
 5弱熊本県熊本地方
 5弱茨城県北部
 6弱内浦湾
 5弱熊本県熊本地方
 5弱茨城県南部
 5強大分県中部
 5弱熊本県熊本地方
 5強熊本県熊本地方
 5強熊本県阿蘇地方
 5弱熊本県熊本地方
 6弱熊本県熊本地方
 5強熊本県熊本地方
 5弱大分県中部
 6強熊本県阿蘇地方
 5強熊本県阿蘇地方
 6弱熊本県熊本地方
 5弱熊本県熊本地方
 7(訂正)熊本県熊本地方
 5弱熊本県熊本地方
 6強熊本県熊本地方
 5弱熊本県熊本地方
 6弱熊本県熊本地方
 7熊本県熊本地方
 5弱浦河沖(北海道)
 5弱青森県三八上北地方
2015年5強大分県南部
 5弱岩手県沿岸北部
 5弱釧路地方中南部
 5強小笠原諸島南方沖
 5弱埼玉県北部
 5弱奄美大島近海
 5強宮城県沖
 5強岩手県沖
 5強徳島県南部
2014年6弱長野県北部
 6弱長野県北部
 5弱茨城県南部
 5弱栃木県北部
 5弱青森県東方沖
 5弱石狩地方南部
 5弱岩手県沖
 5弱伊豆大島近海
 5強伊予灘
2013年5弱茨城県北部
 5弱茨城県南部
 5強福島県浜通り
 5強宮城県沖
 5強福島県沖
 5弱宮城県沖
 5強三宅島近海
 6弱淡路島付近
 5強栃木県北部
 5強十勝地方中部
 5弱茨城県北部
 5弱茨城県北部
2012年5弱三陸沖
 5弱宮城県沖
 5強宮城県沖
 5弱福島県中通り
 5弱長野県北部
 5強青森県東方沖
 5弱千葉県北東部
 5弱福島県沖
 5弱岩手県沖
 5強千葉県東方沖
 5弱茨城県北部
 5弱茨城県沖
 5弱茨城県北部
 5強新潟県佐渡
 5弱山梨県東部
 5弱福島県沖
2011年5弱浦河沖
 5弱広島県北部
 5強茨城県北部
 5強熊本県熊本地方
 5強福島県沖
 5弱茨城県北部
 5強浦河沖
 5弱福島県沖
 5弱福島県沖
 5弱駿河湾
 5強福島県沖
 5弱福島県沖
 5強宮城県沖
 5弱茨城県南部
 5強和歌山県北部
 5強長野県中部
 5弱岩手県沖
 5強新潟県中越地方
 5弱福島県浜通り
 5弱福島県浜通り
 5弱福島県沖
 5弱千葉県東方沖
 5弱秋田県内陸南部
 5弱新潟県中越地方
 5強栃木県南部
 5弱福島県浜通り
 6弱福島県浜通り
 5弱千葉県東方沖
 5弱長野県北部
 5弱茨城県北部
 5弱福島県浜通り
 5弱福島県浜通り
 6弱福島県浜通り
 5弱宮城県沖
 6強宮城県沖
 5強秋田県内陸北部
 5弱宮城県沖
 5弱宮城県沖
 5弱岩手県沖
 5弱茨城県南部
 5強福島県浜通り
 5強福島県浜通り
 5強福島県浜通り
 5強茨城県北部
 5弱千葉県東方沖
 6強静岡県東部
 5弱茨城県沖
 5弱宮城県沖
 5弱新潟県中越地方
 5弱福島県沖
 6弱新潟県中越地方
 6弱新潟県中越地方
 6強新潟県中越地方
 5弱岩手県沖
 5強福島県沖
 5強三陸沖
 6弱茨城県沖
 5弱三陸沖
 7三陸沖
 5弱三陸沖
2010年5弱新潟県上越
 5弱千葉県北東部
 5弱福島県沖
 5弱福島県沖
 5弱沖縄本島近海

すごいでしょ?

日本は地震ばかりなのです。

これを震度4以上でまとめようとしたら、

この3倍の発生数となってしまいましたので

割愛しました。

要は、地震保険を請求しようと思えば、

地震大国日本なら、ほぼどの地域でも、どの保険加入時期であろうと

過去にさかのぼって、地震保険を請求できることがご理解頂けるでしょう。

と言う前提で、私の友人が請求して認定された

支払い実績を見てみましょう。

まずは、大阪の物件5棟を請求した方です。

この方は、5棟請求して、3棟認められました。

物件は、木造と、大型のRCの物件のようです。

2018年の大阪府北部地震発生後に

請求したようです。外見は全く問題なかったようですが

ダメ元で請求したら、5棟の内3棟が認定されて

超ラッキーとのことです。

認定1棟目172万円

認定2棟目はなんと・・・291万円

すごい高額保険に加入していたようですね

認定3棟目は・・・・もう半端ないですね

驚異の415万円の保険金ゲットのようです。

まあ、1.7億のRCマンションだったので高額保険金契約していたようです。

5棟請求して3棟認定

総額で、172万+291万円+415万=878万円も

手に入れています。

臨時収入としてはかなりうれしいですよね。

次は、

私のセミナーにも参加して頂いた静岡の物件保有者です。

この方は、4棟請求して2棟認定されたようです。

勝率五割ですね~

1棟目は133万円認定されたようです。

保険金額の5%なので、

2660万円の地震保険に加入されていたようです。

木造八戸のアパートとのことです。

そして、認定2棟目は、165万円支払われました。

総額で、133万円+165万円=298万円ゲットです。

かなりよろこばれていました。

この物件は築15年の中古物件とのことで、

保険金が下りやすかったようです。

築5年以上であれば、認定される可能性が大きいようですし、

築10年以上であれば、かなりの確率で

保険金が支払われるようです。

↓なんど、会社保有の物件でもokのようです。

サラリーマンの方で、妻名義で会社を立ち上げて

会社にて保有している賃貸アパートのようです。

まあ、

個人でも、会社保有でも、賃貸アパートでも

木造でも、RCマンションでも、マイホームでも

人が住むことを前提とした建物については

地震保険は承認されやすいとのことです。

やはり、衣食住は、最優先で認定作業に入ってもらえます!

ほとんどの住宅保有者は、

「特に被害はないから大丈夫」と思われる方が殆どでしょう。

でも、念のため実際にプロに確認してもらえば、

見えにくい柱や基礎などにヒビが入っていたりするものです。

そこで請求をかけてみると、「」と認定されて保険金が支払われるのです。

被害が出ているのにそれに気づかず、

そのまま放置されている方が大勢いると思います。

注意深く家を確認してみて、

少しでも疑わしいものがあれば

保険会社に相談してみましょう。

現在災害が多くて、徐々に支払いが厳しくなる傾向のようです。

いつ、現在のようなザルのチェック(支払いに前向きな点検)

から、

厳しいチェック(支払い拒否を目的とした点検)

にシフトされるか分りません。

噂では、来年3月には、保険制度が大きく改正されると

言われています。

あと、4ヶ月しかありません。

ダメ元で、地震保険を請求する方がよいでしょう。

せっかく高額な地震保険に加入しているのですからね。

請求の手順は、

まずは、プロに診断して頂いて

保険金請求書をとりまとめ、

保険会社に請求して、

現地立ち会いの上で、

地震災害が認定されれば、

その規模に応じて保険金が支払われます。

地域や掛け金により、3ヶ月から1年程度

請求から支払いまでに期間を要します。

事前の被害チェックには、診断士の交通費や

人件費が通常請求されます。

また、請求して、幸運にも保険金が支払われた場合は

その支払い額の50%~30%の手数料を請求されます。

まあ、極力、請求にはゼロ円で代行して頂ける業者を選びましょう!

手数料は、値引き交渉すべきですが、

通常RC等の大型案件は50%、木造中型で40%

木造小型で30%の手数料を請求されます。

それでも、プロに任せて、支払いがあればラッキーですから

ガンガン自宅含めて請求すべきです。

それこそ、年内に請求して

来年3月くらいまでの認定を目指さないと

残された時間は少ないでしょう。

次は、地震保険の認定基準(めやす)について

まとめてみましょう。

私の友人の九州の業者さんが

提携している保険請求会社さんが

大阪と関東にあるようなので、全国何処でも

対応できるようです。(一部地域は除く・・・ですが)

請求に興味があれば

いつでも問い合わせてください~

紹介しますよ!

でわ!