低圧太陽光発電所の発電実績データおよび売電収入を公開


この記事を読むのに必要な時間は約 13 分です。

投資と言えば、賃貸アパート経営、賃貸マンション経営が

主流ですが、某銀行による過剰融資が問題になって

現在なかなか融資が付きづらい時代背景となっています。

しかし、我々投資家は、毎年何らかのジャンルの投資案件に

お金をゆだねて投資をし続けないといけません!!

それは、投資を辞めたら、儲かった利益から

税金を払わなければならないからです。

もちろん、儲からなければ税金は払う必要はありませんが、

できるだけ節税したいですもんね~。

さて、そんな不動産投資の厳しい融資審査ですが、

まだ1年~2年は氷河期が続きそうです。

ただし、それでも不動産投資は無くなったわけではありません。

年収が700万以上必要であったり、

自己資金が400万必要であったり、

大手勤務、医者、弁護士などハイスペック職業が条件であったり、

まあ、以前のように簡単な条件では融資が付かないのです。

年収400万~700万の中流階級でもオーバーローンや

フルローンを組む為の投資先はごく限られてきました

確実なのは、

新築木造アパート投資

太陽光発電事業投資

コインランドリー投資

くらいです。もうフルローン案件はとても少ないのが現状です。

しょうが無いですね。

不動産投資の融資が厳しくなったことで

あらためて注目の投資案件

「太陽光発電事業投資」に注目してみましょう。

太陽光発電事業が優れていることは

私の過去のブログでしっかり述べていますし、

デメリットも徹底的に分析していますので復習しておいてね。

そんな、太陽光発電事業への投資でお金を貸してくれるのは

一般的には政策金融公庫又は、信販となります。

他に大きな借入が無ければ

この2金融機関でだいたい融資が付きます。

信販とは、ジャックスや、アプラスですね。

わたしは、さすがに借入多すぎて一度はアウトでしたので

次は、妻又は、妻が社長の法人でトライ予定です。

売電18円/kwでもまだまだ利回り10%以上の投資先ですから

狙っていきましょう!

太陽光発電事業に投資をするときに注意するべき点は2つ!

まず1つめは、

土地にかかる費用をできるだけ最小限にすることです。

高い土地でも、安い土地でも同じ向きで同じ場所なら

発電量は同じです。

それなら、土地代は最小限にしなければなりません。

2つめは、

西日本(山口~九州)あたりで発電所を経営しましょう。

住まいが、東京だろうが、九州に発電所を保有する!

住まいが東北だろうが、九州に発電所を保有する!

これ鉄則。

最近は土地が高くなりすぎたので、

東北地域で太陽光発電所を分譲して販売する業者さんがいたり、

山岳地域の日照量が小さい地域で

太陽光発電所を分譲したりする業者さんが増えています。

どうせ投資するなら、日本一の日照量を誇る九州

しか考えられないのですが・・・

太陽光発電所はやらないよりはやるべきですが、

どうせ投資するなら九州を選びましょうね。

どこに発電所があろうが、投資家は通帳に振り込まれるお金を勘定するだけなのだからね。

さてそんな九州のど真ん中に

ラブスカイの太陽光発電所 兼 別荘を保有しています。

当初システム容量49.62KWで設置して、その後、

4.73KW増設して、現在

オーバースペック54.35KWシステムです。

いまでは、99KWオーバースペックが主流ですが

私が設置した時代のパワコンだと、60KW程度までが限界でしょう。

現代のパワコンはかなり進歩してますから

良いですよね~

そんな貧弱なパワコンで

わずか54.35KWのちいさな低圧太陽光発電所ですが、

↓見よこのすばらしい発電実績を

増設完了後の2年分公開しますね。

永久保存版だぞ!

1年目の年間発電量は、59,828KW

2年目の年間発電量は、58,391KW

でした。54KWシステムで年間約6万KW発電しています。

さすが、九州ですね。日本一の日射量を誇ります。

現代は、99KWオーバースペック太陽光発電所が主流ですから

おなじ場所なら、10万キロワットは発電する算段ですよね。

お、おそろしー。

ちなみに下記が2年間のグラフです。

データの取り方で、2016年6月~2018年6月になってしまったけど参考にしてね

 

年間約230万円の利益を出し続けています。

熊本太陽光発電所の投資総額は1,500万程度ですから、

6年と半年で投資額を回収できる計算です。

素晴らしき太陽光発電投資です。

私の場合は土地は元々保有していたので

激安でした。

毎年230万✕20年で、4,600万円の粗利です。

投資額引いても2,600万手のこりとなります。

不動産投資の融資が付かない皆さん!

いまこそ、太陽光発電事業にトライしましょう。

まだまだ融資は付きますよ~

太陽光発電事業でお悩みなら

一度わたしの熊本太陽光発電所を見学したら

イメージが沸くと思います!!

と、言うことで、わたしの

熊本太陽光発電所見学会を開催します。

場所は、熊本県山鹿市ラブ☆スカイ別荘

日時は、平成29年7月14日 土曜日15:00集合

夜は、朝まで投資座談会

参加費は飲み会のおつまみとお酒!!

安いホルモンとお肉は私が準備します!!

まあ、結局毎年恒例の飲み会のお誘いに

なってしまったが、

太陽光発電所見学会やりましょう

次回正式に参加者を募集します。

よろしく~

この記事を読むのに必要な時間は約 7 分です。

ラブスカイブログ特典
〇新築アパート:

100万~300万円の諸経費値引

〇区分マンション:

50万~100万円の諸経費値引

〇RC1棟買い:

自己資金ゼロで融資2億を目指す

〇コインランドリー:

自己資金ゼロのランドリー経営をはじめよう!

〇リサイクルマート:

開店資金を50万~100万初期費用値引き

光発電事業:

オーバースペック99KW発電所をご紹介

 

セミナー・座談会開催

ラブスカイの熊本別荘にて、

2019年1月

太陽光発電所見学会

を開催します。

参加希望はメール又は問合せコーナーより

連絡お願いします。

また、
不動産・発電事業・フランチャイズ投資セミナーを
開催いたします。

スケジュールは

12:00~17:00 講義
17:00~17:30 質疑応答
18:00~    2次会 (会議室での立食又は、近くの居酒屋)
21:00     解散

会場は

東京、大阪、名古屋、神戸、広島、札幌、福岡

で募集しています。

2018年度予定

10月 東京セミナー

11月 名古屋セミナー

12月 福岡セミナー

参加希望お待ちしております。

セミナー講義の内容は

ラブ☆スカイの「成功の投資スキーム」

と題して、私の独断と偏見に満ちた

投資理論を5時間の長丁場でお伝えいたします。

今回も、ネタを1時間分追加して

特別バーションで講義させていただきます。

目から鱗のネタをひっさげたいと思いますから

ぜひご期待ください。

↓東京セミナーの風景です!

私のセミナーの醍醐味は

私の話よりもセミナーに参加される先輩投資家さん

と初心者投資家さんの斬新な意見飛び交う

2次会にあります。

土曜開催なので翌日はゆっくりできますから、

近くの居酒屋で夜遅くまで投資コミュニケーション会となるでしょう。

 

お会いできることを楽しみにしております。

参加ご希望の方は下記のフォームから問合せください!

その他地域を希望の場合は一定数あればすぐに開催します。

よろしくお願いします。

セミナー参加費500円!

2次会は割り勘

です。

振るうってご参加くださいね!

この記事を読むのに必要な時間は約 20 分です。

ラブ☆スカイの
無敵の投資スキームを紹介

ここからラブスカイが推奨する
投資家として成功するための方法を
詳細にご紹介します。

〇不動産投資スキーム

税込み年収400万以上で

①中心都市の新築木造アパート

又は、新築シェアハウス

どちらか1棟、属性により

できれば複数棟契約

②属性により値引き80万円なので、

実質頭金10万円で、

2500万の早期繰り上げ返済用

都心マンション1戸契約

③頭金10万で、1500万中古

区分マンションを2戸同時買いし、

15年後売却し、キャピタルゲインを狙う

④ラブ☆スカイの親友のハーツ植西社長に

直接頼めば
頭金はゼロで、資産背景により

1億円(約10戸)~6億円(約50戸)の

地方中古RCマンション1棟丸ごと契約!

という流れで実践していきます。

〇海外年金口座(積立)

日本国内の年金積立は、もちろん

円建てですが、

海外年金口座は、毎月ドル建てで

年金を積立を積み立てる保険です。

積み立てる理由としては、

日本は現在、インフレに突き進んでいます。

10年前100円で購入できたコーラが今では130円です。

10年間で約30%の通貨価値下落ですね。

1億円を日本円で貯金していた方は、

現在額面こそ1億円のままですが

実際の通貨価値は約7000万円ということになります。

0.1%の定期で貯金している場合ではないと

思うんですよね。

また、日本の保険会社の年金積立だと

利回り1%程度だし

そもそも日本円建てだと、インフレが進んで

日本通貨価値が

下落したら一緒に積み立てたお金の価値も

下落しちゃうから意味がありません。

⇒続きを読む