一代で築いた資産を子孫に残すべきか?


この記事を読むのに必要な時間は約 4 分です。

よく、資産を子孫に残すため

相続税対策にアパート経営を田舎で始める方

は大勢います。

大〇建〇とか〇建とかのメイン顧客です。

相続税対策の良し悪しは別として、

せっかく築いた資産を子孫に残さなければいけないのか?

わたしは全くそうは思いません。

【わたしの方針】

わたしの子供達には、一切の資産も残しません。

わたしの出口戦略は、売却現金化して我々自身のために

使い切ることです。

もちろん、ある程度相続税免除の1000万以下まあ、500万くらいは

墓守代として、各自に残しておいても良いかもしれませんが、

一切残しません。

3人もいるので、野心に満ち溢れた優れた子供に成長してくれたら、

その子に売却してもかまいません。とにかく

天から降ってきたかのように子供に相続する事は絶対の絶対しません。

親からの相続で努力もせずに財産を持っている若者や2世を見ると

わたくし、虫唾が走るのです。ぼんぼんやお嬢様にろくなのはいません。

親の役割は、子供を子供が望む最終学歴(大学でも大学院でもかまいませんが)まで

通わす事ができるだけの貯金をしておく事だと思います。

親の財力が無いがために子供の能力の芽を摘む事だけはしてはいけないと思っています。

社会に出た後は、子供も他人の始まりであり、親に甘えず各自一人で生きていかなければいけません。

財産を築きたければ自分で考えるように教育はしますが、

絶対に子供に財産を残してはいけないと使命として思っています。

まあ、孫にはおもちゃとかいっぱい買ってあげるかもしれませんが・・・へへ

と言う事で、資産家の方で出口戦略に困っている方がいたらわたしからの助言!

最終的には売却して自分のためにお金は使いましょう。

相続なんか考えているから、たんす預金ばかり考えているから、日本の景気は回復しないのです。

若いうちは夢をかなえるまで節約して、資産を築いたら死ぬまでに使い切る!!!

みんなそうしましょう!

この記事を読むのに必要な時間は約 14 分です。

ラブ☆スカイの
無敵の投資スキームを紹介

ここからラブスカイが推奨する
投資家として成功するための方法を
詳細にご紹介します。

〇不動産投資スキーム

税込み年収400万以上で

①中心都市の新築木造アパート

又は、新築シェアハウス

どちらか1棟、属性により

できれば複数棟契約

②属性により値引き80万円なので、

実質頭金10万円で、

2500万の早期繰り上げ返済用

都心マンション1戸契約

③頭金10万で、1500万中古

区分マンションを2戸同時買いし、

15年後売却し、キャピタルゲインを狙う

④ラブ☆スカイの親友のハーツ植西社長に

直接頼めば
頭金はゼロで、資産背景により

1億円(約10戸)~6億円(約50戸)の

地方中古RCマンション1棟丸ごと契約!

という流れで実践していきます。

〇海外年金口座(積立)

日本国内の年金積立は、もちろん

円建てですが、

海外年金口座は、毎月ドル建てで

年金を積立を積み立てる保険です。

積み立てる理由としては、

日本は現在、インフレに突き進んでいます。

10年前100円で購入できたコーラが今では130円です。

10年間で約30%の通貨価値下落ですね。

1億円を日本円で貯金していた方は、

現在額面こそ1億円のままですが

実際の通貨価値は約7000万円ということになります。

0.1%の定期で貯金している場合ではないと

思うんですよね。

また、日本の保険会社の年金積立だと

利回り1%程度だし

そもそも日本円建てだと、インフレが進んで

日本通貨価値が

下落したら一緒に積み立てたお金の価値も

下落しちゃうから意味がありません。

⇒続きを読む