rebarejji654789652365 - 1棟7,000万以上の投資案件!新築アパート経営のメリットとは?

1棟7,000万以上の投資案件!新築アパート経営のメリットとは?


ここからの記事を読む為に約 5 分の時間が必要

さっき投稿したシュミレーションで、

CF累計:1150万(サラリーマン43歳)

CF累計:2050万(サラリーマン48歳)

CF累計:2750万(サラリーマン53歳)

CF累計:3200万(サラリーマン58歳)

CF累計:3400万(再雇用者63歳)

CF累計:7200万(自由人68歳)

と貯金額が累積していく状況を

述べさせていただきました。

これをみて、1億8千万も借金してたった

これだけでは、アパート経営ってあんまり儲からないんだなぁー

と感じる方がいると思います。

自然災害や人災、トラブル・修繕費等思いもかけない

出費はまだまだあるかもしれません。

じゃあこう考えてはどうでしょう?

わたしの考え方

・投資でもっともしてはいけないこと

   ⇒退場すること(破産すること)

ただこれ1点だけなのです。投資や投機は破産しなければいいのです。

元本が保障できればいいのです。

プラスマイナス0なら成功ではないが、最悪は逃れたことになるのです。

そういう考え方に変えると、

わたしの場合、

43歳時点で、現金支出1150万までトラブルに耐えることが出来る状態である。

48歳時点で、現金支出2050万までトラブルに耐えることが出来る状態である。

53歳時点で、現金支出2750万までトラブルに耐えることが出来る状態である。

58歳時点で、現金支出3200万までトラブルに耐えることが出来る状態である。

63歳時点で、現金支出3400万までトラブルに耐えることが出来る状態である。

となるのです。

最悪63歳でたまる予定のCF3400万使い切っても良いのであれば、

支出の増える11年目から30年目までの20年間で年間170万円のトラブルが毎年

発生しても良いと言うことになるのです。

プラスマイナス0なので社会奉仕となりますが、

31年目に三棟売ってしまえば、7700万は手に入ります。

リスクを少しでも緩和して少しでも現金を残すためには、

やはり、所有物件数を増やす以外に手はありません。

常に旬の収益物件を買い続けることが出来れば、

過去の物件のリスクを現在の物件でフォローできるのです。

さて、題目の新築物件のメリットですが、

何だと思いますか?

わたしの思う最大のメリットは、実はもう述べているのです。

利回りの低い新築のメリット

それは・・・

「新築プレミア」

これに限ります。

最初の10年でその後のリスクヘッジ分を先行で貯金できるのです。

だから、初心者はまず新築を建てるべきなのです。

それも、なるべく複数棟!!

三棟新築すると、プレミア×三棟になるので、

一気にリスク対応資金をためることが出来ます。

これわたしの持論です。

破産しなければいいのです。どうせ土地が残るのですから。

強欲はいけません。(自分に言い聞かせるように・・・)

では!

また何か要望があればコメント募集でーす

ここからの記事を読む為に約 14 分の時間が必要

ラブ☆スカイの
無敵の投資スキームを紹介

ここからラブスカイが推奨する
投資家として成功するための方法を
詳細にご紹介します。

⇒続きを読む

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。