相続税が増税され、年収500万のサラリーマンも1000万円そうするかもね。


この記事を読むのに必要な時間は約 5 分です。

相続税の改正が来年実施されたら

財産を相続として単純に土地として残す

今までの方法では

税金がどーんと掛かってきます。

すると、いかに生前に土地を活用して

税金対策をしておくかがカギとなりますねー

この辺をディベロッパーさんがつついて

土地活用を目的に

今後も賃貸アパート経営は増えるかもねー

金利も空前の低金利だしねー

早く土地を用意していただいて

よい物件を提案してほしいものです。

さて、安部内閣の下

相続税の大増税が確定しました。

運用は来年1月からです。

ちょっとおさらいすると

相続税の課税対象額=財産の評価額-控除

となりますが、

控除額が大きければ大きいほど

お得です。

控除=基本控除額×相続人の数×一人当たりの控除額

です。

おもな改正内容ですが、

基本控除:5000万円→3000万円(40%減!!)

相続人一人の控除:1000万円→600万円(これも40%off)

となるので

もし、3人の相続人に5000万円の相続があるとすると

今までは、控除額=5000万円+1000万円×3人=8000万円となり

相続税額=0円でしたが

来年からは、控除額=3000万+600万掛ける3人=4800万えんとなり、

相続税額=200万円となりますね。

いきなり相続で200万となると大きいですね。

まあ、でも、相続税が増額することで

相続することにメリットがなくなるので

生きているうちに消費する方が増えるでしょうから

日本のためにはとてもよい改正でしょう。