空室を出したくなければ不動産屋に好かれなさい!クレーマーは失敗のもと


ここからの記事を読む為に約 5 分の時間が必要

さて、アパート買いたかったら

賃貸住宅販売会社に好かれるしかありません。

特に現在のような

供給量より需要が多い時代はなおさらですね。

ここで私が常に意識している対応策をお教えしましょう。

私の実践している方法を真似すれば、

まあよっぽど属性が悪くない限りは

オーナーになれると思いますよ。

○条件その1

貯金通帳の写しと源泉徴収標、加入保険の写し

を何も言われなくても挨拶時に提出する。

理由:販売業者さんが融資を引っ張ってくる場合が多いの

ですが、相手もプロですので資料を見た瞬間に

いけるかどうか判断していただけます。

○条件その2

絶対に値引き交渉はしない事

提案されたときに

販売業者の提示する「提案書通でかまいません。

貴社を信じています」

と答えること!!

理由:融資も決まっていない時期に提案書ごときで

がたがたぬかされたら、めんどくさいから

もっと属性のよい購入希望者に回そうと思っちゃいますよ。

(これ、マジですよ)

○条件その3

物件の立地条件等にケチを絶対つけない事

最寄り駅から10分エリアがよいとか

近くコンビニがあった方がよいとか

素人がプロ相手に言うもんじゃぁありません。

理由:そもそも、相手はプロ集団です。

営業が成り立つとシミュレーションしたから

土地の手配をして販売しようとしているのですよ。

ど素人のわれわれ購入者がとやかく言う理由は見当たりませんね。

○条件その4

利回りや金利なんて気にしない

絶対に提案書の利回りがおかしいとか

本当にこの金利でいけるのか?

なんて事を素人が文句を言ってはいけません。

理由:何度も言うがそもそも相手はプロ集団です。

素人のわれわれに何が分かるって言うの?

そもそも、利回りなんて何の指標にもなりません。

ちょっと家賃収入と金利をいじくられたらあっという間に

優良物件になってしまいます。

金利3%だろうと、4%だろうとわたしなら絶対文句言いません。

だって、手に入れた後に借り替えれば済みますしね。

すべての事について共通して言える事は

アパート販売業者さんは、費用対効果を第一に販売相手を考えます。

トータル20時間相手に費やして購入していただくお客さんより

私のように提案されら5分で即okのお客さんの方が

重宝がられます。

だって、20時間費やして1件売れるより

5分で売れたほうが楽でしょう?

のこり19時間55分で次のお客さんのもとに

駆けつけれますしね。

こんなこと言うブロガーあまりいないと思いますが・・・

本との事ですよ。

ためしてごらんなさい!

文句は手に入れてからすれば良いのです

ただし、複数棟希望している場合は

希望が達成されるまでは、ニコニコ笑顔で

すべてokで対応すること!!

そのころには数年が経過し、

販売業者さんの提案どおりに事は進んでいるでしょう!!

ここからの記事を読む為に約 13 分の時間が必要

ラブ☆スカイの
無敵の投資スキームを紹介

⇒続きを読む

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。