不動産投資家は今すぐ生命保険を解約しなさい!


この記事を読む為に約 12 分の時間が必要

不動産投資家になる目的は

人それぞれです。

たとえば・・・

➀老後の年金だけで生活ができるのか不安だから

不動産投資でもして老後に備えようと考える人

➁セミリタイアをして自由に生活したいから

不動産投資を始める方

いろいろな思いで不動産投資を始めます。

でも、上記の不動産投資を始めるきっかけには

大きな間違いがあります。どちらだと思いますか?

もうおわかりでしょうが、

実は、不動産投資だけではセミリタイアはできません。

それは絶対です。過去にもシミュレーションをして

説明しましたが、4億や5億の投資額程度ではセミリタイアするには

キャッシュフローが小さすぎます。

その辺のサラリーマンがアパート1棟や2棟手に入れたくらいでは

絶対に無理です。それに、そんな甘いこと考えて不動産投資しても

どうせ、キャッシュフローを使い切って大きな大失敗となるでしょうね。

セミリタイアを目指すなら、株式投資やFXで一攫千金を目指しましょうね。

さて、では上記2つの不動産投資目的で

正解は、

1番の老後の年金の足しにするために不動産投資する!です。

これは、とても見本となるべき回答です。

セミナーでも皆さんに計算していただきますが

老後の生活費は夫婦でおおよそ年間350万円です。

それに比べて

一般的な夫婦の年金収入は200万程度しかありません

ざっくり150万円足りないのです。

では、現在老後を迎えた夫婦はどうしているのでしょう?

実はこの足りない150万円を補填するために

60過ぎても夫婦でパートや雇用延長で働き続ける羽目になるのです。

それが分かっているのだから

若い現役の内からしっかり老後に備えたいですよね。

老後の不足分の年間150万円✕30年=4500万円を

稼ぐことができれば年金と合わせて

老後、90歳くらいまでは夫婦でゆとりある生活ができますね。

さて、どうやって4500万円を稼ぎましょうか?

そうです。手っ取り早くてサラリーマンがお任せで経営できて

ローリスクでローリターンなのは不動産投資以外にありません。

と言うわけで不動産投資家のほとんどの方の目標の多くは

老後の収入補填となります。

不動産投資は毎月安定した収入が見込めることが最大の魅力です。

リスクもいろいろ集約すると結局は空室リスクだけです。

リスクの項目がはっきりしているので対策もしやすいのが魅力です。

リスクは、シミュレーションできた段階で解決済みとなります!

とてもわかりやすくてサラリーマンが手を出しやすい不動産投資は

投資案件の第一検討項目となり得ます。

また、不動産投資は生命保険の代わりとなります。

そもそも生命保険とはなんでしょうか?

いろんな商品がありますが

結局のところ、一家の大黒柱に不慮の事故や病気で死傷して

収入がなくなった場合の生活費の代わりに

保険金が支払われることですよね。

そのために、毎月2万円、年間にして24万円程度の保険料を

30年に渡って支払うわけです。

その額たるや720万円です。

死ねば保険金3000万円が家族に支払われますが

満期まで生きながらえれば720万円の内の80%は

掛け捨てになります。なんか損した気分ですよね。

そんななんとなくすっきりしないのが生命保険です。

でも生命保険と同じまたは、それ以上の効果が期待できて

なおかつ、無事に満期を迎えても全く損しない

そんな生命保険に成り代わる投資案件があります。

それが、不動産投資です。

ローンで不動産を購入したら必ず加入することになる保険

「団体信用生命保険」です。

団体信用生命保険はローンを組んだ方が

万が一事故や病気になってローンを支払うことができなくなった場合に

ローン残債分を代わりに銀行に支払ってくれる保険です。

なにか疑問がわきませんか?

同じ生命保険じゃないか?・・・なんて声が聞こえてきますが

全く違いますよ。

たとえば、サラリーマンが自分で加入する生命保険だと

誰がその保険料を支払いますか?

もちろん、働いて稼いだ自分のお金から支払いますよね?

まあ、自分の身銭から生命保険料を支払います。

当たり前ですが・・・それが30年で700万以上になるのです。

ほぼ掛け捨てです。

それに比べて

不動産を購入したときに加入する団体信用生命保険は

じつは・・自分で支払ったように見えますが

不労所得なので、自分は何の労力もかけていません

そのアパートに住む住人が「家賃」としてオーナーに支払ったお金から

一部をローンの返済に充てて

一部を団体信用保険生命保険の保険料として支払うことになるのです。

元々自分がローンを組んだわけですが結局、住人が支払う保険料ですが

オーナーの身に何かあれば

同じようにその後の残債を支払う必要はなくなるのです。

すごいでしょ。でも皆さん団信についてはよく分かっているのですが

ここまで話してもピント来ない方が多いのです。

まず、サラリーマン個人と比べて不動産経営ではいる団信に加入することで

支出は700万円減らすことになります。分かりますよね。

自分で支払っていた分の700万円をアパートに住む住人が支払うからです。

団体信用生命保険の効果は、不動産の残債をチャラにする効果があるので

ローン契約者が死亡してもその後家族に迷惑はかかりません

ただ、それだけでは一般的な生命保険の役割はありませんよね

大黒柱がいなくなった後の残された家族への生活費の補助が抜けていますよね。

被保険者が死亡した後の保険の代わりになるのが

ローン残債がなくなった不動産そのものなのです。

利回り7%の1億の不動産であれば

年間家賃収入は700万円ですよね。

ローン返済中はその700万からローンを支払いますが

被保険者死亡後は700万円の家賃収入が

残された家族にまるまる振り込まれることになります。

すごいでしょ!

それも、生命保険のような一時金で終わりじゃあないですよ

不動産が朽ちるまでその収入は続きます。

30年なら700万✕30年=2億1000万円ですよ。

もちろん不動産は劣化するでしょうが

それでも1億5000万円~1億8000万円は収入として

家族に届けられます。これはアパート1棟分ですよ

私のように7棟あったらどうでしょうか?

4億5000万円の不動産すべてに団信加盟して

私が死んだら

残債4億あるなら利回り7%なら

2800万円が毎年30年間家族に振り込まれますよね。

それが団体信用保険の効果です。

まあ、私が死んだ後にそんなに家族に残す必要はないので

7棟の内団体信用保険に加盟しているのは2棟だけですが。

そういうわけで、自分が働かない不労所得が期待できる不動産投資では

住人の家賃で保険に加盟することができるのです

今すぐ不動産投資して、団体信用生命保険に加盟して

自分で加入している生命保険を解約しましょう!

そうすれば、700万円得してさらに、大きな保険効果を

得ることができますよ。

それだけでも、不動産投資をする効果があります。

そもそも、生命保険で毎月2万円どぶに捨てているなら

頭金なしで不動産投資して、毎月キャッシュフロー6万円くらい稼いで

団信生命保険に加入できるなら

トータルで毎月6万+2万=8万円のプラスですよ。

生命保険の代わりとしてぜひ不動産投資を考えてみましょう。

皆さんも

お金をもらいながら生命保険に加入してさらに、ローンを完済して

生命保険の効果が切れたら、出口戦略として

不動産を売却してさらに売却益5000万円を手に入れましょうね。

いいこと尽くめだと思います。

でわ

この記事を読む為に約 15 分の時間が必要


ラブ☆スカイの
無敵の投資スキームを紹介

〇廃油バイオマス発電事業投資

廃油バイオマス発電は利回り14%の高利回り

ですから

例えば100万円だと、年間14万円のリース料

収入となります。

約7年でペイします。

20年だと14万×20=280万円

ですから、発電開始したら

とても美味しい投資案件となります。

わたしは、18%の第2期で600万

今回14%の第3期で600万資金投入しました。

1200万の資金が、20年後に

2160万+1680万=3840万になる計算です。

はじめての事業なので

それなりの精神的リスクはあるでしょうが

経産省の設備認定も取れているのでほぼ

確実だと思っています。

〇不動産投資スキーム

税込み年収400万以上で

①中心都市の新築木造アパート

又は、新築シェアハウス

どちらか1棟、属性により

できれば複数棟契約

②属性により値引き80万円なので、

実質頭金10万円で、

2500万の早期繰り上げ返済用

都心マンション1戸契約

③頭金10万で、1500万中古

区分マンションを2戸同時買いし、

15年後売却し、キャピタルゲインを狙う

④ラブ☆スカイの親友のハーツ植西社長に

直接頼めば
頭金はゼロで、資産背景により

1億円(約10戸)~6億円(約50戸)の

地方中古RCマンション1棟丸ごと契約!

という流れで実践していきます。

〇海外年金口座(積立)

日本国内の年金積立は、もちろん

円建てですが、

海外年金口座は、毎月ドル建てで

年金を積立を積み立てる保険です。

積み立てる理由としては、

日本は現在、インフレに突き進んでいます。

10年前100円で購入できたコーラが今では130円です。

10年間で約30%の通貨価値下落ですね。

1億円を日本円で貯金していた方は、

現在額面こそ1億円のままですが

実際の通貨価値は約7000万円ということになります。

0.1%の定期で貯金している場合ではないと

思うんですよね。

また、日本の保険会社の年金積立だと

利回り1%程度だし

そもそも日本円建てだと、インフレが進んで

日本通貨価値が

下落したら一緒に積み立てたお金の価値も

下落しちゃうから意味がありません。

ということで世の中のサラリーマンは$建てで

海外積立を行います。

毎月サラリーマン給料から

$350(5万円程度)を25年積み立てたら

5万円×12か月×25年=1500万円の源資

となります。

海外の保険会社が利回り5%で複利運用したら

1500万円→3000万円となります。

(25年で約2倍)

利回り10%で運用したら

1500万円→6000万円となります。

(25年で約4倍)

現在までの運用実績は15年間で8.6%

となっていますが

2008年にはリーマンショックを経験しての

実績です。

香港のIFAいわく

リーマンショックが無ければ12%はいけたはず!

とのことです。世界大恐慌でもなければ

利回り5%程度では運用してくれると思っています。

ラブ☆スカイは現在

毎月$1500(20万円)を積み立てています。

毎月20万円を25年間、

利回り10%で海外に積み立てたら

2億4000万円となります。

最終的に100万程度月収のすべてを

海外年金(口座)積立に投入して

毎月20万の積立を5種類のIFAに分けて

投資する予定です。

100万×12か月×25年=3億円の原資となり

この3億円を利回り10%で運用してもらったら

12億円になりますね。

夢は、大きく。いやー楽しみです。

普通のサラリーマンでは毎月20万円

なんて無理ですが、

200万円の自己資金で

1億程度の新築アパート2棟買えば

毎月キャッシュフローが20万円となります。

400万円分のバイオマス発電機を

購入して、利回り14%で、貸し出せば、

毎月約5万円の収入が20年間続きます。

太陽光発電所50kwフルローンで購入すれば

毎月10万円のキャッシュフローとなります。

ちなみに、ハーツ植西社長に頼み、

4億の地方中古マンション1棟買いしたら

一括借り上げ方式を採用してもらいますが、

税金も、設備維持費もオーナーには負担なしなので

実質利回り2%程度でも、

キャッシュフローは年間800万円となります。

これなら毎月の収入は75万円となります。

いきなり海外年金口座に

毎月75万円積立を可能にしてくれますね。

(ただし、

4億なら個人の属性も1000万以上となります。)

まあ、いろんな投資案件はありますが、

上記の投資案件のどれかと

本業のサラリーマン収入から

5万円追加すれば

$1500(20万円:現在為替で17万くらい)

の積み立てに加わることは可能だと思います。

日本円とドルの両方の通貨を保有する。

円安ならドルを使い、円高なら円を使用する。

日本のハイパーインフレにも対応できて安全

よくある質問に、デフレしたらどうなるの?

って聞かれますが、私は、

波打ちながらインフレは進むと思っています。

だって、物価って上昇するものだから。

政府の目標は物価上昇毎年2%ですからね。

オリンピックもあるし、物価上昇しか考えられません。

もし政府が言うように毎年2%も物価上昇されたら

毎年2%日本通貨価値が下落し続けることになります。

1000万円貯金している場合、

初年度は20万円価値消失で翌年には980万円の

通貨価値ですね。10年後には、

約20%の資産価値消失です。

だから、私は、現金を持たずに物

(不動産・太陽光・バイオマス発電機)を買って

インフレに対抗しているのです。

ちなみに、将来日本通貨の価値が地に落ちたとき

ハイパーインフレになったとしたら・・・

わたしの借金の価値も地に落ちます。

要は、借金の価値がなくなります。

今の借金4億円はインフレで通貨価値が半分になると

借金2億円と同等になります。すごいでしょ!

〇激安2500万投資用新築マンション1戸について

激安新築マンションの位置づけですが、

上記の他の投資案件との併用で威力を発揮します。

新築アパート+激安新築マンション

太陽光発電所+激安新築マンション

廃油発電事業+激安新築マンション

中古マンション1棟+激安新築マンション

それは、なぜか?

太陽光発電所の寿命は20年です。

新築木造アパートの寿命は22年です。

これでは、返済後の撤去費用の捻出や

おんぼろアパートの修繕費のために

家賃収入を割り当てる未来が待っています。

このローン返済後のオーナー負担の大きさが

太陽光発電事業や新築木造アパート経営の最大の

欠点です。

(初めから中古に投資する場合は投資家は

出口の費用負担は見込んでいるため問題ありませんし

一括借り上げなら何も考えなくていいでしょう。)

この大きな欠点を補うのは、

新築マンションとなるのです。

なぜか?

それは、マンションの寿命は47年だからです。

ローン返済25年で設定した場合

まだ、22年も寿命が残っています。

太陽光発電所の発電寿命が終わる時期

新築木造アパートの寿命が終わる時期

からまだ22年も収益を上げ続けることが

出来るのです。

だから、絶対に、激安で小さくても構わないので

新築のマンションは一緒に保有すべきです。

また、複数の投資案件を保有していて

既にキャッシュフローを築いている方は

繰り上げ返済用として、利用できます。

新築マンションを繰り上げ返済したら

一丁上がりですね。

さて、購入の仕方ですが、

新築アパートでも太陽光でも発電事業でも構いませんが

月間10万程度のキャッシュフローを手に入れて

それを海外に移すわけですが、

もちろん全額は投入しませんよ

1/3程度は残します。

すると、毎月3万程度は現金が残ります。

この3万の内1万程度を新築マンション

購入資金に回します。

新築マンションは大体

マイナスキャッシュフロー1万円程度が

バランスよくてお勧めです。

無理やり35年ローンにしてプラスにしても

金利ばかり払うことになるしね。

(←もちろんこの場合はキャッシュアウトリスクは

なくなりますので、他の投資案件を持っている

場合だけですよ。)

〇ラブ☆スカイスキームをまとめます。(一番重要)

最初に10年は新築アパートで安全確保

10年目~25年目までは太陽光発電や

バイオマス発電の余力で安全確保

25年目以降は新築マンションで安全確保

そして、海外にお金を移して、

稼いだ通貨の安全確保

わたしに問い合わせていただけたら

包み隠さず全てを伝授いたします。

Read more

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。