170322 1 - リスクが最小となる投資スタイルについて

リスクが最小となる投資スタイルについて


ここからの記事を読む為に約 8 分の時間が必要

通常私たちは、資産を拡大しようとした場合

まずは、どこに投資しようか?

投資案件を一生懸命探します。

選び方は、

最もリスクが小さい投資先をネットや信頼がおける方からの

紹介等で模索します。

でもこの投資先の探し方には

大きな間違いがあります。

それは、リスクの大小だけで

投資先を決めようとしているからです。

そもそもリスクとはなにか?

投資家にとっての「リスク」とは

投資に失敗してトータル収支がマイナスになること

ようは破綻することですよね。

破綻するリスクが

小さい投資先を探すことの何が間違いなのか?

それは、

リスクの大きさとリターンの大きさは

かならず「反比例」するのです。

↓リスクとリターンの関係
170322 1 - リスクが最小となる投資スタイルについて

リスクが小さい投資先ならもちろんリターンは小さいのです。

大きなリターンを得ようとした場合は、やはり

リスクの大きな投資先を選ぶしかありません。

ちなみに、個人の属性や置かれた立場によって

大きなリターンの定義は異なります。

貯金が1億ある人にとっての

投資利益1億円と

貯金が100万しかない方の

投資利益1億円では

価値も感覚も大きく異なります。

だから、投資先を選ぶときは

リスクの大きさで選ぶのではなく

現在の自分に必要な目標額を決めて

その目標額を得るための投資先を探すべきなのです。

たとえば、30年間でキャッシュフロー1億円ほしければ

新築アパートに手を出せばよいし、

25年間で2500万円を手に入れたければ区分マンション

10年間で1億円ほしければRC1棟丸ごと買えばよいし、

10年後から20年後までの10年間で3000万円ほしければ

太陽光発電事業や風力発電事業に手を出すべきでしょう。

何度も言いますが、

投資先は各自の目標金額を何年間で手に入れるのか?

その目標を達成できる投資先を選びましょう。

まずは、目標を決めることが大事ですよ。

と、ココまでは精神論みたいなものですね。

ここからは私が推奨し実践してきた

投資手法をちらっとお教えしましょう。

詳細についてはいつもセミナーでお伝えしているのですが、

大きく➂つの遵守すべき投資スタイル

その1 高レバレッジ投資を実践する。

自己資金は最小限にし、なるべく多く、限りなく全額を

融資を受けて投資しましょう。

自己資金がゼロの投資先ならば

その得られる利益はすべて自分のものです。

たとえば、自己資金10万円で毎月5万円を

10年間得ることができる投資先に

融資を受けて投資しした場合は

10万円→600万円ですから

自己資金を60倍に増やしたことになります。

損失が一時的に出たとしても自己資金を投入していないので

その補填額は頭金だと思えばたいしたことありません。

とにかくレバレッジを聞かせた投資先を選びましょう。

その2 再投資による資産拡大を行いましょう。

投資で得た利益はどうしますか?

貯金ですか?投資家として最もやってはいけないことは

得た利益を銀行に預けることです。銀行にお金を預けても

金利0.01%ではお金は増えません。それどころか

手数料や物価上昇で貨幣価値は低下するだけです。

結論は投資で得た利益は迷わず

次の投資先の最低限の頭金、自己資金として利用しましょう。

投資で得た利益を次の投資に回して運用することはどれだけ

素晴らしい投資手法か?ご説明しましょう。

たとえば1回目の投資先に自己資金100万円でエントリーしたとしましょう。

この100万円が10年後に1000万になったとすると、

10万円が10倍になったことを表していますね。

このときの1000万円を

次の投資で2000万円に増やしたとすると

2倍となりますよね。

1回目の投資で10倍にして、2回目の投資で

2倍にしたとすると、

最初から計算すると

100万円→1000万円→2000万円となるわけです。

10倍✕2倍=20倍となるのです。

はじめは100万円の自己資金が2回の投資先を通して

最終的に20倍になるのです。

これが、再投資の力です。

3回転させたらさらに倍々となるのです。

たとえば、新築アパートを頭金100万円でトライして

毎月8万円のキャッシュを得て、その

8万円のキャッシュのうち2万円を区分マンションのローン返済に当てて、

残りの6万円を毎月海外へ積み立てて3%で運用する!

みたいな感じです。

お金がどんどん増えていくでしょう。

さて、これまで述べた

高レバレッジと再投資を組み合わせれば

最高の投資手法となるでしょう。

しかしこの2つよりももっと重要な投資スタイルがあります。

その3の投資手法です。

高レバレッジと再投資とこの第3の手法を組み合わせれば

もはやリスクは皆無に近づいていくことになります。

最も大事な第3の手法については

セミナーでのお楽しみとしましょう。

4月22日東京で会いましょう!

でわ!

ここからの記事を読む為に約 4 分の時間が必要

ラブ☆スカイが
不動産投資・発電系投資セミナーを
開催いたします。

人生初となる
ラブスカイの地元「博多」開催です。
今回は、要望の多かった
「日曜日開催」となります。

日程は
平成29年12月17日 12:00~

場所は、博多駅前または中州の近くの

貸し会議室です。

ラブ☆スカイの「成功の投資スキーム」

と題して、私の独断と偏見に満ちた

投資理論を6時間の長丁場でお伝えいたします。

今回は、ネタを1時間分追加して

特別バーションで講義させていただきます。

目から鱗のネタをひっさげたいと思いますから

ぜひご期待ください。

↓前回開催したの東京セミナーです!
17042203 - リスクが最小となる投資スタイルについて

私のセミナーの醍醐味は

私の話よりもセミナーに参加される先輩投資家さん

と初心者投資家さんの斬新な意見飛び交う

2次会にあります。

地元博多は近くに「中州」というすばらしい「飲み屋街」も

あります。

今回もハーツアセットマネージメント株式会社から植西社長が

参加してくれそうです。

中古RC1棟にご興味がある方なら最新情報を手に入れることができて

さらにお得です!

お会いできることを楽しみにしております。

まあ、今回は日曜開催で

参加しやすくしております

ぜひ

参加ご希望の方は下記のフォームから問合せください!

博多セミナー参加の場合は「博多」をお選びください

セミナー参加費500円!

2次会は割り勘

です。

振るうってご参加くださいね!

ここからの記事を読む為に約 14 分の時間が必要

ラブ☆スカイの
無敵の投資スキームを紹介

ここからラブスカイが推奨する
投資家として成功するための方法を
詳細にご紹介します。

〇不動産投資スキーム

税込み年収400万以上で

①中心都市の新築木造アパート

又は、新築シェアハウス

どちらか1棟、属性により

できれば複数棟契約

②属性により値引き80万円なので、

実質頭金10万円で、

2500万の早期繰り上げ返済用

都心マンション1戸契約

③頭金10万で、1500万中古

区分マンションを2戸同時買いし、

15年後売却し、キャピタルゲインを狙う

④ラブ☆スカイの親友のハーツ植西社長に

直接頼めば
頭金はゼロで、資産背景により

1億円(約10戸)~6億円(約50戸)の

地方中古RCマンション1棟丸ごと契約!

という流れで実践していきます。

〇海外年金口座(積立)

日本国内の年金積立は、もちろん

円建てですが、

海外年金口座は、毎月ドル建てで

年金を積立を積み立てる保険です。

積み立てる理由としては、

日本は現在、インフレに突き進んでいます。

10年前100円で購入できたコーラが今では130円です。

10年間で約30%の通貨価値下落ですね。

1億円を日本円で貯金していた方は、

現在額面こそ1億円のままですが

実際の通貨価値は約7000万円ということになります。

0.1%の定期で貯金している場合ではないと

思うんですよね。

また、日本の保険会社の年金積立だと

利回り1%程度だし

そもそも日本円建てだと、インフレが進んで

日本通貨価値が

下落したら一緒に積み立てたお金の価値も

下落しちゃうから意味がありません。

⇒続きを読む

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。