親父の会社を継がずに自分で会社を立ち上げます。 2 comments


ここからの記事を読む為に約 4 分の時間が必要

会社を立ち上げようと思い

いろいろ、調べ始めました。

親父にその旨を説明して、先輩として

会社の立ち上げ方や課題を聞こうとおもい連絡を取りました。

すると、「おまえ、2代続いた父さんの会社を継げ!」

と言われました。

わたしの親父は現在サラリーマンですが、

会社経営者でもあります。

会社と言っても昔、脱サラしてコンビニやスーパーを

経営しているときに使用していた屋号です。

親父ももともと祖父から代表者を引き継いでいるんですが、

現在は、商売はしていないので、実家の賃貸を所有する

いわゆる所有法人です。

この法人を使って今後のわたしの事業拡大に使用しろ!

と言っているのです。

ちょっと頭の中で電卓をはじきましたが、デメリットも大きいですが、

メリットもあるかもしれません。

代表者を代えるだけなので司法書士に頼めばあっという間に

わたしのものです。

さて、最大の問題点は、わたしが代表なると言うことは

会社を辞めることを意味します。

かといって、2代続いた会社の3代目をいわば赤の他人のラブスカイの妻にすることには

父親も反対するだろうし・・・どうしようか?

いろいろ考えましたが、

さっき父親に返答しました。

ラブ☆スカイ

「会社を継ぐのは問題ないけど、もう少しサラリーマンしたいので、

妻名義で自分で会社を立ち上げるよ!」

親父

「じゃあ、〇〇さん(ラブ☆スカイの妻)を代表者にすればよいだろう?」

ラブ☆スカイ

「3代目を赤の他人の〇〇でいいのか?」

親父

「そんなの関係ないよ、お前たちが継がなきゃ会社なくなるぞ

お前以外、誰が継いでくれる?

それと、お前のほうが、事業を大きく展開しているから

父さんの方(大垣)は支店にして、福岡を拠点に登記したらどうだい?

社印や、通帳もそっちで再登録したらどうだ?」

ラブ☆スカイ

「・・・・・・なやむ、ちょっと週末考えてみるよ」

と、なりました。

ずーと、親の世話にはならん!自分の資産は

自分でゼロがら作り上げてこそ意味がある。

先輩実業家(失敗ばかりだが・・)の若い頃

トライしまくった父親を超えることしか

考えていないラブ☆スカイとしては複雑な心境です。

太陽光実現まで時間はあるから、1ヶ月くらい考えようかしら

とりあえず知り合いの行政書士に連絡とってみよっと。

ここからの記事を読む為に約 14 分の時間が必要

ラブ☆スカイの
無敵の投資スキームを紹介

⇒続きを読む

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。

2 thoughts on “親父の会社を継がずに自分で会社を立ち上げます。

  • 新築不動産投資家ラブ☆スカイ

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    ファミリ!さま
    いつも応援感謝いたします。
    まあ、
    賃貸経営の相続なら問題なさそうですが、
    後継者であっても、
    会社に黙って役員になることは、わが社の場合
    だめでしょうね。
    もちろん現段階では、会社を辞めることのデメリットの方が大きいですね。
    特に融資のときの信用度が違います。
    おそらく、今の会社を辞めたら融資は取れなくなります。
    ちなみに、契約ですので、契約期間を勝手に銀行が変更して
    返済を迫ることはありません。
    契約時にサラリーマンでも、返済中に会社を辞めることはあります。
    わたしが、会社を辞めるときは、
    支払う税金が現業の手取りに近づいたときですね。
    あと、数年は掛かります。
    (もちろん、首を言い渡されたらしょうがないですが。)

  • ファミリ!

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    規模拡大中のようでなによりです。
    ちなみに、会社に黙って役員にはなれないのでしょうか?
    また、社則にもよりますが副業を認めたり、親の代からの会社の(形式上の)後継者ならOKにならんもんですか?
    公務員はOKだったような。
    経費0、借金0で、現金収入のサラリーマンは辞めないほうが良いのでは?
    退職すると銀行も手のひらを返すように返済を求めたり、新たな融資が出ないと聞くことがあります。