sinntiku125698 - 新築アパート経営と中古アパート経営どちらが正解?ラブ☆スカイ論を展開!

新築アパート経営と中古アパート経営どちらが正解?ラブ☆スカイ論を展開!


ここからの記事を読む為に約 6 分の時間が必要

今日、㈱〇〇〇ホームの担当の方

からメールがありました。

何とか頑張って消費税が上がる前までに

わたしに合う物件を探してくれるようです。

融資を付けてみせる!と決意表明されました。

んーがんばってください。

こちらは、3棟総力で頭金を貯めて置きます。

さて、

中古と新築

アパート経営で成功するにはどれが正しい道筋なんだろうか?

おそらくこれからこの業界に入場してくる未来の不動産投資家

の皆さんはまず最初に考えるのでは無いでしょうか?

私みたいに思いつきでtryするバカはあまりいないのかもしれません。

やはり新築と中古のメリット・デメリットを比較する

必要があると思います。

とりあえず新築のメリットについて今日は述べますね。

〇新築

 【メリット】

 長い返済期間で融資が受けられる

 フルローンも可能(レバレッジがんがんかけられる)

 最初の10年間はほとんど手入れ費用不要

 高い家賃で貸す事ができる」ここまでは一般論

 ここから本題⇒1棟保有の場合、利回り8%なら利息(年4%)

および修繕費(2%)含めて

 18年でpay(家賃貯金額=返済残高)します。

 要は18年後に一括返済して自分のものにできます。

19年目から家賃がフルで入ります。

 返済が終わっているので空室が出ても

痛くもかゆくもありません。

 さらに、2棟新築を持っていれば、18年⇒13年になります。

3棟で1棟を集中返済すれば・・・

 8年で1棟返済終えてしまいます。

 新築は2棟以上保有する事でレバレッジの力で

 一気にお金を加速する事が出来るのです。

 複数新築を所有して最近気づきました。

 これはすごい事です。わたしはあくまでサラリーマンです。

 中古を購入してメンテナンスしたり

 心配してあげるほど日ごろ時間はありません。

 新築ならほかっておいても10年間ほどは埋まるので

 アパートを所有する前も所有したあともまったく

 生活を変えずにすごす事ができるのです。

 さらに新築だと心配事が無いので買ったその日から

 次の物件に頭を切り替える事ができるのです。
 
 結論 サラリーマンは、年収500万くらいあれば、

本 業のおかげで融資がほぼフルローンで受ける事が可能です。

 できれば、一気に2棟以上所有できれば、

 13年後の築浅の状態で1棟返済できるのです。

 同時進行で一気に3棟アパートを新築することができれば最高です。(←これは自慢)

 
 中古は1棟返済したあとの14年後に挑戦するか、融資が付かなくなる

 3~4棟目から挑戦するべきと断じます。
 
 最初から中古を所有するのはサラリーマンをしながらでは

 手間が掛かりすぎて無理だと思います。

 たのしいたのしい本業がおろそかになったのでは本末転倒です。

 融資ががんがんおりるサラリーマンしながらで会社に

 しっかり社会保障してもらいつつ、

 老後またはゆとりある生活のために不労所得を得る・・・究極ですね!
 
 そして・・・・・・返済が終わって

かつアパートがボロボロになったら・・・

 わたしの場合福岡市内の1等地を2割引ぐらいで

 速やかに現金化して老後遊びまくります。

 中古の場合、築20年くらいの木造物件なら

 10年くらいしかお金を生まない上に、

 空室やメンテナンスに自分の時間をとられ、

 そもそも融資がつきにくいので

 ほとんど現金を投入しなければならないので

 ぜんぜんレバレッジを利かせることができません。

 メリットが思いつかない。 

 やはり中古は3棟目以降がよいかもしれません。

ここからの記事を読む為に約 14 分の時間が必要

ラブ☆スカイの
無敵の投資スキームを紹介

ここからラブスカイが推奨する
投資家として成功するための方法を
詳細にご紹介します。

⇒続きを読む

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。