161274 - 不動産投資のデメリットを徹底的に考察

不動産投資のデメリットを徹底的に考察


ここからの記事を読む為に約 4 分の時間が必要

いやーやはり、日差しを受けながらの

仕事は最高ですね。

今日はひさびさに光合成しました。

そうです。

やっと夜勤から開放されました。

すばらくの夜勤でまだ眠くないですが・・・。

さて、久しぶりに不動産投資ブログ再開です。

 

しばらく、太陽光と株式ブログになってましたから。

先日おやじに不動産投資のデメリットについても考えとけよ!

と言われました。「もちろん考えとるわい!」と答えておきましたが、

改めてデメリットについて考察してみましょう。

不動産投資のデメリットってなんだろう?

ちょっと羅列してみますね。

①空室リスク

(やっぱこれですね。入らなきゃどうしようもない

日本の人口はどんどん減少していきます。)

②建物の老朽化

(メンテ費用が掛かりますね)

③金利上昇リスク

(収支のバランスが崩れたらいけませんね。)

 

④出口戦略不明リスク

(将来売れないような価値のない所にアパート建てたら最悪ですね)

⑤滞納リスク

(収支計画が立てれませんね)

⑥自然災害リスク

(自然には逆らえませんが、ローン請求はそんなの関係なくやってきますね)

⑦風評被害リスク

(地域環境変化や自殺者発生・事件事故など起きたらどうしてよいやら・・・こわ)

⑧本業のモチベーション低下リスク

(サラリーマンしててちょっと上司と喧嘩したらすぐ辞表を提出してしまいそう・・・。)

⑨レバレッジが小さい

(FXや株式投資などの他の投資に比べたら不動産投資での

お金の増加スピードはものすごーーーーく遅い!

これはまちがいないですね。でも、シミュレーションしやすいし

対策も打ちやすいですね。)

⑩家族と過ごす時間がなくなる。

(平日は本業、休日は投資・・・)

次から、デメリットをひとつひとつ

考えて行きましょう!

 

ここからの記事を読む為に約 14 分の時間が必要

ラブ☆スカイの
無敵の投資スキームを紹介

ここからラブスカイが推奨する
投資家として成功するための方法を
詳細にご紹介します。

〇不動産投資スキーム

税込み年収400万以上で

①中心都市の新築木造アパート

又は、新築シェアハウス

どちらか1棟、属性により

できれば複数棟契約

②属性により値引き80万円なので、

実質頭金10万円で、

2500万の早期繰り上げ返済用

都心マンション1戸契約

③頭金10万で、1500万中古

区分マンションを2戸同時買いし、

15年後売却し、キャピタルゲインを狙う

④ラブ☆スカイの親友のハーツ植西社長に

直接頼めば
頭金はゼロで、資産背景により

1億円(約10戸)~6億円(約50戸)の

地方中古RCマンション1棟丸ごと契約!

という流れで実践していきます。

〇海外年金口座(積立)

日本国内の年金積立は、もちろん

円建てですが、

海外年金口座は、毎月ドル建てで

年金を積立を積み立てる保険です。

積み立てる理由としては、

日本は現在、インフレに突き進んでいます。

10年前100円で購入できたコーラが今では130円です。

10年間で約30%の通貨価値下落ですね。

1億円を日本円で貯金していた方は、

現在額面こそ1億円のままですが

実際の通貨価値は約7000万円ということになります。

0.1%の定期で貯金している場合ではないと

思うんですよね。

また、日本の保険会社の年金積立だと

利回り1%程度だし

そもそも日本円建てだと、インフレが進んで

日本通貨価値が

下落したら一緒に積み立てたお金の価値も

下落しちゃうから意味がありません。

⇒続きを読む

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。