【大胆予想】新築建築時代から中古購入時代に突入する?


ここからの記事を読む為に約 4 分の時間が必要

昨夜に引き続きラブ☆スカイ論を展開します。

これ書いてから寝よっと。

いくらデフレ時代で「最も有効な投資法が貯金だ!」なんて言われても

も、インフレ時代になっても

ラブ☆スカイのように不動産が好きな方は・・・

常に不動産や投資のことを考えてしまうのです。

基本的に、

デフレ時代:新築建築有利! 

中古購入はリスク大となります。

インフレ時代:中古購入有利! 

新築建築のメリット・・・全くなし!

となります。

なんでだと思います?

デフレ時代は、物価が低い=金利も低い!為、

新築を購入しても、金利リスクが低く、長く保有し続ける事ができます。

そうすると、途中で破産したり、損切りで売却する方が少なくなり、

世の中に出回っている中古物件の数が少なくなります。

「中古の数が少ない」=中古の値段が上昇となります。

一方、新築は金利が低くお金を借りる事ができて、

建築費も土地も安く仕入れる事ができます。

どうかんがえても、新築が有利なのです。

息も短く割高の中古を買うメリットが思いつかない!!

と言った理由でラブ☆スカイは、

徹底して新築にこだわってきました。

(このデフレの真っ只中になぜ中古メインで

投資するのか理由が分からなかった・・・

「あほ」じゃないかと思ったくらい・・・すみません)

しかーし、いよいよ停滞期を脱して、インフレ時代の幕開けです。

途中でどんどん売却して、キャピタルゲイン重視の時代がやってきました。

超インフレバブルの到達予定を

15年後の2028年(デフレ期間が15年でしたので)

に見据える事ができますので、

今年から来年くらいまでは新築を買えるだけ買って、その後

15年くらい寝かして、一気に全棟売却しようと思います。

そして、インフレ時代(右肩上がり時代)は中古物件を買っては売り

キャピタルゲイン投資を中心に投資すべきと考えます。

この出口戦略は、先週お会いした「ゴロウ様」との縁で

気が付く事ができました。ありがとうございます。

また、時間があれば、お会いしましょう!

次は、「ラブ☆スカイの家」に来ますか?

ここからの記事を読む為に約 13 分の時間が必要

ラブ☆スカイの
無敵の投資スキームを紹介

⇒続きを読む

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。