20万円以上の副収入は確定申告しなければならない


ここからの記事を読む為に約 9 分の時間が必要

通常サラリーマンは

毎月給料から税金が仮支払いとして

源泉徴収されているので

確定申告をする必要はありません。

ただし、サラリーマンの年間税額が

確定するのは年末なので、

源泉徴収された額と実際の税額に差異が生じてきます。

その税額の差を計算して

多く払いすぎた人には税金が還付されるシステムが

年末調整です。

なので、年末調整さえすれば

通常サラリーマンは確定申告しなくてもよいのですが

給与収入が2000万を超える方や

副業なので得た、副収入が20万円を超える方や

2カ所以上の会社から給料をもらっている方は

確定申告する必要があります。

最近ではかなり、確定しなければならない条件について

多くのサラリーマンが理解しているようです。

でも、いまだに多くのサラリーマンが

確定申告する必要があるにもかかわらず

申告をしていない・・・

要は脱税状態にあるのです。

副業による脱税の最たるものが、

不動産収入があるのに

確定申告しない例です。

たとえば、新築アパートや中古マンションを

購入した場合は、購入時に販売会社等から

指導や手ほどきや助言が通常あるので

確定申告のし忘れはほとんどありません。

しかし、引っ越しのためいままで、

自分の住んでいる区分マンションを

他人に貸すような事例はよくあることです。

たとえば、自宅を他人に貸して、

毎月6万円の収入を12ヶ月間得たとしたら

年間72万円の収入となります。

もちろん20万円以上の副収入となるので

確定申告して税額を確定させて納付しなければならないのです。

こういった不動産がらみの脱税は

少額でもしっかり国税にチェックされています。

税金納付の時効が成立する5年が近づいた頃

税務署から電話がかかってきて

追徴課税の督促があります。

毎年確定申告して、確実に納付した場合と比べて

割り増しの税金を、まとめて支払うことになります。

往々にしてこのよう場合は、

すでに副収入分を使い切ってしまっているため、

税金をまとめて払うことができず、

窮地に追い込まれることになります。

しかし、追徴課税よりももっと恐ろしいことがあります。

投資家の場合は、属性に真っ赤っかな汚点が

付きます。

数年は融資は受けれなくなるでしょうね。

気をつけましょうね。

しかーし、上記のような不動産による

脱税よりも隠れ脱税者がてんこ盛りの

ある事業があります。

それは、太陽光発電事業者による脱税です。

↓わたしの発電所!

大勢のサラリーマンが太陽光発電事業で

年間20万円以上の副収入があるのに

確定申告する必要性を感じていない、

それも、この脱税、本人には全く

知らないなんて方が

超大勢いるのです。

もう一度いいますよ。

年間の副収入が、20万を超える方は

確定申告しなければいけないのですよ。

年間20万ということは

毎月1万7千円以上の太陽高収入を得ている

あなたが、対象ですよ!

どきっとしました?

でも、これが現実です。

ちょっと計算してみましょう。

売電単価が36円(税抜)の場合は

年間売電収入=36円✕年間発電量となります。

年間発電量=システム容量(kw)✕24時間✕365日✕設備利用率13%

ですから、

年間売電収入→20万円>36円✕システム容量(kw)✕24時間✕365日✕設備利用率13%

とすると

システム容量(kw)<20万円÷(36円✕24時間✕365日✕設備利用率13%)

=4.9kw

となります。

びっくりですね。自宅購入時に屋根に4.9kw以上の太陽光パネルを設置した場合は

売電単価36円なら・・・確定申告が必要かもしれなのです。

ちなみに、確定申告が必要かもしれないといったのは、

売電収入がすべて課税対象になるわけではありません。

あくまで、売電収入から必要経費を差し引いた

実の収入が20万円を超えた場合に課税されます。

必要経費とは、太陽光発電所を設置したときに要した費用ですね。

今は一括での経費償却はできないので

購入費用を17年分割した額は必要経費にできますね。

まあ、それはおのおので計算していただくとして

5kwどころか、今では

10kwシステムを設置する前提で自宅を建設する方も

いるのですが、多くの方が税金を納めていません。

こんな家庭は日本中にありますよね。

国税はしっかり把握しています。

現在、太陽光発電所を屋根に設置している

サラリーマンにも、脱税額が大きい方から順に

追徴課税の督促が送られていると

いわれています。

日本は税金が徴収したくて仕方がない国なのです。

第2のビールができれば酒税を上げて

第3のビールが出れば、また、対象にして・・みたいな感じです。

太陽光発電等の売電ビジネスの場合は

20年間しっかり税収が見込める最高の

税金収入源です。

太陽光発電を自宅屋根で経営している方は

いっぱいいますし10年以上前から設置している方もいます。

ただし、

太陽光発電所を屋根に設置している

サラリーマンが劇的に増加したのが

4年前です。

来年で時効の5年目です。

来年はサラリーマンへの追徴課税が

ばんばん増えることでしょう。

対策としては、

今年度、4年さかのぼって修正確定申告をすれば

脱税者にはなりません。

人間にはうっかりや、物忘れはありますからね

そんな正直者に国税は罪は問いません!ご安心を

年間20万円を超える収入をもし

得ていたらしっかり確定申告しましょうね。

今年がラストチャンスです!

次回は、太陽光発電事業主が

忘れがちな

所得税以外の「税金」です。

この税金は、絶対に税務署は逃しません。

これも、忘れている方、意図的に

支払わない方・・・・気をつけましょう。

ここからの記事を読む為に約 13 分の時間が必要

ラブ☆スカイの
無敵の投資スキームを紹介

⇒続きを読む

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。