不動産投資用の賃貸アパート購入時は、物件の設備情報を確実に手に入れましょう。


ここからの記事を読む為に約 3 分の時間が必要

今日帰って風呂に入ろうと思ったら・・・

浴室のドアが無い・・・妻に聞いたら

子供が壊してしまったそうな。

割れておりました。まあ、子供に怪我が無くてよかった。

しかし、この後が大変です。

だって、フロ入っているときフルオープンでむちゃくちゃ寒いし、

誰かに見られているような感じになるし。

さっそくネットで調べたら、

一般的に1.5万~2.5万くらいで

売ってますね。

さっそく型番を調べたら・・・なんと図面にも契約書にも

いただいたカタログにも載っていないではないか。

おのれ、ミ〇ワホームめ、これでは、

高いであろう販売元のアフターメンテナンス課に

電話を入れなければいけないではないか!!

まあ、しょうがないので、夜間窓口に電話してみました。

なんと・・・購入者も、場所もお客様番号も分かっているのに、

浴室の型番が記録されていないだとー

ちょっとイライラです。

ちょっと調べていたら、AWシリーズと言う言葉が見つかり

、何とか連絡先のメーカーは分かりました。

明日電話しますとのこと・・・これは、

しばらくオープンお風呂ですね。

今後もアパートを購入するにあたり、

消耗品の型番がしっかり契約書に記載さているかどうか

チェックした方がよいですね。

フロドア・浴室換気扇・キッチン・キッチン換気扇などの

消耗品は絶対チェックすべきです。

ここからの記事を読む為に約 13 分の時間が必要

ラブ☆スカイの
無敵の投資スキームを紹介

⇒続きを読む

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。