大手パーム油販売商社が20年間安定供給を約束! 2 comments


この記事を読む為に約 6 分の時間が必要

先月末4月24日付である約束文書が公開されました。

まあ、契約者にだけですが

モザイクかけてるし、ブログでアップしても良いよね。

↓これが、公開文書です

1217_長期安定供給につ
いて_01

内容は、

バイオマス発電事業の燃料供給についてです。

発電燃料であるパーム油を供給するのは

超大手商社さんです。

この資料の発行元ですね。

そのまま引用すると、

        記

○○株式会社穀物飼料部油脂課は、販売価格・条件に双方が合意する限りにおいては

貴社が茨城県内で計画中の発電施設向けに、月間1000~2500MTのパーム油を20年

間に亘り安定的に供給することが可能である。

ですって、なぜ今頃こんな約束文書なんて

公開したんでしょうね。

資料によると、

貴社によりご要望頂きました「発電用燃料としてのパーム油を

必要量とされる月間1000~2500MTの長期安定供給」

につきまして、下記のとおりご回答申し上げます。

とあります。

要は、廃油事業㈱サイトから○○商社に

要望して作らせた資料なんですよね。

契約書はすでにあるわけですが、

確か契約書は5年契約で

5年たったら更新するような内容でしたよね。

まあ、それでもかまわないのですが、

何故あえて、20年間の安定供給をわざわざ

油脂課に一筆入れて、約束させたのか?

みなさん、想像できますか?

わたしは、調査しましたよ!!

そこにはとても良い情報が隠されていました。

第1期募集の発電事業がまもなく

事業開始されますが、

売電開始と合わせて大手グループ法人が

バイオマス㈱側と発電事業参入に向けて

協議が開始されることはご存知ですよね。

実は、大手グループ企業側が一番気にしている点が、

安価な発電燃料の長期安定供給らしいんですよね。

今ある○○商社との契約書では、5年間しか保証されていない

要は、20年間の安定供給の確約がほしい!!

となったわけです。

それで、今頃、いきなりこのような20年間安定供給を

約束する資料を準備したそうですよ。

まあ、裏側ではどんどん協議が進んでいる証拠ですね。

前向きに考えましょう!!

それと、ある求人雑誌に「みらいクリエイトの求人情報が出ています。」

↓この求人雑誌です。

20160502123446fe8.jpg

↓詳細情報です。

2016050212344531b.jpg

月給25万で固定ですって!なおかつ歩合までついて・・・

内容は、再生可能エネルギー事業についての

受付ですね。

他にもいろいろ事業手掛けているのに

再生可能エネルギー事業に特化して受付を募集するということは

かなり、評判も良い証拠でしょうね。

わたしのブログへの問合せもこの1か月で20人くらいあったし、

直接申し込みしている方はかなりいるんでしょうね。

みらいクリエイトの担当にまだ社員増やすのかい?

って聞いたら、案の定想像通りの答えが帰ってきました。

いまの受付担当者数(1名)では対応しきれない・・・・・だそうです。

また、1期募集組の発電が開始されたら

問合せが殺到することが予想されるので

ⅹデイ(発電開始日)に向けて今から、

慣れさせたいようですね。

うちの妻に、既にしっている会社なんだし

今更人見知りもないだろうし

申し込んだら?って聞いたら、

現在PTAが忙しいから

毎日はきびしいですって。

はやく1期の売電開始しないかね。

待ち飽きたよ・・・・。

↓ラブ☆スカイの大好きな香港の夜景です。

香港島の夜景003

これを見て、いつもやる気を出しています!

皆さん一緒にお金儲け頑張ろう!


Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。

2 thoughts on “大手パーム油販売商社が20年間安定供給を約束!

  • 匿名

    web広告を見て、みらいクリエイトのHPで買取価格24円となってたので固定価格買取制度を調べてみましたが、廃油=一般廃棄物なので、買取単価17円。
    24円は一般木材や農作物のようです。
    その後、「みらいクリエイト」でぐぐってこのページに来ましたが、
    固定価格買取制度でぐぐればわずか数分でわかったことですが、どう思われますか?
    あと契約締結してるのに取引先企業名を隠してる意味がわからないですね。
    普通は取引先企業は信用度に繋がるので明記するものです。
    FXなどの金融デリバティブなども、資産保全は〇〇でと明記されてるものです。

    • ラブ☆スカイ Post author

      コメント感謝いたします。
      当初「廃油」を原料とした
      バイオマス発電事業として始まった
      投資案件でしたが、
      売電単価がやすく17円であることと
      廃油原料を継続的に調達することに
      リスクが生じたため、
      発電コンサルの助言から
      新油のパーム油を燃料とした
      バイオマス発電事業に変更していますよ。
      事業主も当初「廃油発電事業株式会社」
      でしたが、
      現在社名を「バイオ電力株式会社」に改めています。
      社長は保坂氏です。
      長いですが、わたしのblogにも
      変遷を記録しています。
      よろしくです。
      でも、まだ募集は継続していますが、
      いまから3期募集に応募しても
      発電開始は開始は1年から2年後になります。
      わたしの自己資金も発電が開始されるまで
      冬眠中です
      大事な自己資金を寝かせるなら
      すぐにでも資金が活用できるような
      同じような投資先に資金をあてたほうが
      良いような気がします。
      でわ