入居者入れ替わり時の費用を公開!


ここからの記事を読む為に約 4 分の時間が必要

先月3棟目のアパートで急な転勤による

解約が出ました。

翌月には新しい入居者が入ったから良かったんですが、

一応収支を報告します。

〇条件

103号室(1F)で、入居1年以内の解約

家賃:58,500円/月

〇違約金:58,500円入金

〇礼金:87,750円入金

〇原状回復費:21,000円(主に清掃)支払い

〇広告料:61,425円支払い

入金ー支払い=(58,500+87,750)-(21,000+61,425)

      =63,825

結果として、プラス63,825円となりました。

今回は、違約金が入ったので助かりました。

まあ、何はともあれすぐに次の入居者が決まってよかった。

さて、話は変わりますが、

そういえば、先日行橋方面でアパート探しをしたのですが、

そのときエイ〇ルの営業マンさんからいろいろお話を聞きました。

行橋から椎田に掛けてかなりの田舎なのに

アパートが結構いっぱいあるんですよ。

まあ、ほとんどが2dkとか1dkなんですけどね。

それに戸建てがものすごくあるんですが、

結構空き家になっているんですよ。

営業マンさん曰く6~10年前くらいに一気に増えたらしいんですが、

現在空室が目立ってきて家賃収入が返済額を下回っていて苦しんでいる

大屋さんがいっぱいいるんですって。

やはり、こんな田舎でアパートを経営している方のほとんどが、

農家の方だそうです。農業の衰退により、土地に空きができて、

農地を宅地化してアパートを建てる方がほとんどのようです。

本業の農業をフォローする副業の予定が、本業を圧迫しているそうです。

本末転倒ですね。

やはり、いくら土地があって投資額が抑えられても、結局

入居者がいなけりゃショウガナイデスヨネ。

全国でこんな事が起こっているのでしょう。

不動産投資は、人口が増え続けている都市圏で行うしか

ダメなようです。

ここからの記事を読む為に約 14 分の時間が必要

ラブ☆スカイの
無敵の投資スキームを紹介

⇒続きを読む

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。