アパートローンでも住宅並みの金利1.1%で契約更新できる!


この記事を読むのに必要な時間は約 9 分です。

初めて新築アパートを購入して

不動産投資をはじめたのが今から

6年前です。

アパート3棟を1年以内に同時購入して

さらに、

アパート3棟の同時借り換えを

実行したのは

今から5年前のことです。

イヤー懐かしいですね。

1棟目A銀行と

2棟目B銀行と

3棟目C銀行で

平均3%の金利で新築アパートを手に入れました。

3棟まとめてD銀行で借り換えしたときの

金利はなんと当時としては破格の

5年固定の1.4%でした。

3棟合わせて、1億8千万円の借入でしたが、

3%→1.4%になることで、

実質的には年間160万円の現金収入アップとなりました。

そんなD銀行との契約ですが、

来月12月で5年の固定金利契約が満期を迎えます

今月はじめにD銀行の担当者さんから

連絡があり、更新金利の交渉を進めていましたが、

本日ようやく契約更新金利が

確定しました!!!

なんと、

5年固定で1.1%

です

すごいでしょ~

約1ヶ月掛かりましたが

思ったよりも良い成果を得ることができました。

良い年末を迎えれそうです。

最初提案されたのは

5年固定1.4%の据え置きでしたが、

雰囲気としてはもう少しいけそうな感じでした

落としどころは1.3%なのかな~なんて

思いながらも

ダメ元で1%契約を要求しました

1%は担当者の裁量では決めかねると言うことで

持ち帰り上司と相談と言うことになりました

そして、2回ほど協議を経て

本日1.1%契約となりました!!

ほんとにうれしいですね。

当初物件購入時の平均3%金利からしたら

3%ー1.1%ですから

約2%のキャッシュアップと言うことになります。

セミナーでは、

下手にアパート7棟目、8棟目と買い進めるよりも

借り換えで金利を下げた方がメリットが手っ取り早く

手に入ると伝えてきましたが、

契約更新も意外に簡単に金利下げ交渉に

銀行がのってくれることが実感できました。

銀行に理由を聞いたら、

最近は貸し付けの締め付けがきつくて

なかなか

新規の不動産ローンで融資付けできなくなっているそうです。

銀行としてはお金を貸したいのに

金融庁の指導でお金を貸せないという

ジレンマに陥っているのです。

そんな時代背景があって

既存の貸付先(不動産オーナー)は

大事な大事なお客様だそうです。

契約更新では

借り換えされないように

なるべく

オーナーの希望に添うようにしているとのことでした。

今回の契約更新は

貸し付けが厳しい中で

借り主優先の時代背景が後押ししてくれました。

運が良かったです。

今回の契約も5年固定ですから

安心ですね。

今回も銀行は固定金利を提案してくれました。

みなさん

固定金利を提案する銀行の思惑は理解できますか?

なぜ、1.1%の金利を5年も固定で提案してくるのか?

それは、まだまだ今後5年は金利が上昇しないことを意味しているのです。

来年以降金利が上昇しそうなら

銀行は固定金利では無く

変動金利契約を提案してきます。

今回契約更新時に銀行に今後の金利動向を確認しましたが

金利上昇の気配は、全くないとのことでした。

安心ですね。

ですから、今からご自宅を購入する方は

当面5年間は変動金利での購入をお勧めします。

まだまだこの

超低金利時代は続きます!

来年は、4棟目のアパートの金利更新、

再来年は5棟目のアパートの金利更新です

楽しみが続きます。

金利の話はセミナーで詳しくお話ししましょう!

でわ!