老後のゆとりある生活費「月額38万円」を捻出するただ一つの方法


この記事を読むのに必要な時間は約 19 分です。

最近は

今月末開催予定の「投資セミナーin長崎」

の準備のために

資料を整理したり、ネットで最新情報を

収集したりしております。

よく質問されるキーワードとして

「老後のゆとりある生活費」がありますが、

本日は上記の「老後の生活費」について

ブログに取り上げようと思います。

生命保険文化センターの「生活保障に関する調査」の

調査結果によると、

老後のゆとりある生活費はなんと「月額38万円」

だそうです。

ちなみに、

老後の最低限の生活費は、「月額29万円」です。

内容は私のシミュレーション通り、厳しい現実が

想像できますね。

この調査結果は、60歳~69歳までの

いわゆる老後の現役ご夫婦の生活費となります。

老後独身の方は少しココまでの生活費は必要ありませんよ。

さて、

老後ゆとりある生活費の月額38万円ですが、

この額は、60歳~69歳の調査結果ですから

平均値となります。調査結果の見方としては

ご夫婦どちらか一方がお亡くなりになるまで

月額38万円が必要だと言うことになります。

日本の平均寿命は年々延びています。

1990年:78歳

2000年:81歳

2010年:83歳

2020年:85歳↑?

毎月38万円必要とですから、

年間だと38万✕12ヶ月=456万円

となりますよね。

現在、30代~40代の

現役世代が迎える寿命はもしかしたら

90歳になっているかもしれません。

60歳~90歳までの30年間も老後が続く可能性があります。

そのゆとりある必要生活費は

456万円✕30年=1億3680万円となります。

まさかの1億超えです。

死ぬまで働きたいと思っている現役サラリーマンは

あまりいないでしょう。(中には「特に経営者」側の方には

死ぬまで仕事したーい方もいらっしゃいますが・・・)

60歳でゆとりあるリタイアを夢見る方は

この1億3680万円を60歳を迎えるまでに準備する必要があります。

が、ちょっと、あおりすぎですね。

我が国には、「年金制度」がありますからね。

仮に夫が40年間平均標準報酬36万円で就業した場合で

奥様が専業主婦(第3種被保険者)だったなら

このご夫婦の世帯年金は23.2万円となります。

なんと、この23.2万円・・・・

「老後の最低限度の生活費である月額28.5万円」

も達していないのです。この数値は私が述べてるわけでは無く

公的機関の公開している調査結果ですよ!

やはり、年金だけでは、全く老後の生活は成り立たないのです。

さらに、現在現役のサラリーマンさんの場合は

この計算結果のようには、ならないでしょう。

だって、年々年金受給額は減少を続け、

受給開始年齢も引き上げられていますからね・・・。

と言うわけで、少し年金受給額を下げてシミュレーション

する必要があります。

65歳から毎月20万円(それでも高いかも・・)

の年金給付が始まると仮定すると

60歳~64歳までの5年間分:5年✕456万=2280万円

65歳~90歳までの25年分:25年✕(38万-20万)✕12ヶ月=5400万円

合計すると

2280万+5400万=7680万円の現金を

60歳になるまでに構築すると

いわゆる

ゆとりある老後を全く働かずに迎えることが

できるようになります。

なども言いますが、このシミュレーションは

まだまだ甘い計算ですからね

今回の計算は世帯年金20万円

受給開始65歳としましたが

現在30代40代のサラリーマン世帯が

老後を迎える頃には

世帯受給額17万円

受給開始年齢70歳となっていると思います。

そうなると・・・・

60歳までに9600万円の現金を準備しなければいけません。

この現実を

なぜ、現役のサラリーマンの皆さんは

自分に突きつけられた壮絶な現実として

受け入れないのか?逃げてしまうのか?

わたしには理解できません。

日本中のサラリーマンの皆さんは

この老後破綻人生を楽観視しているのです。

さらにもっと恐ろしい現実も

知っていると思いますが

あらためて述べさせていただくと

日本の人口はどんどん減少しています。

そのためどんどん現役の労働人口が

右肩下がりで減少し続けています。

労働人口の減少と反比例する形で

現役世代の年金積立額は上昇していきます。

さらに、年金受給対象者は増え続けるのです。

国としては、

年金収入は減り、

支払う年金は増え続けるのです。

そんな年金制度です。

年金があるから大丈夫なんて、あまりにも楽観的

過ぎるでしょう。

今後、消費税が上昇や

物価の上昇という

経済イベントは必ず発生します。

すでに、物価については上昇を始めていますよね

我々の将来に待ち受けているものは

もらえる年金は減少して

生活に必要な支出は増加傾向・・・・

と言うことです。

そんな

不安を解消するには

なんとしてでも

60歳までに7680万円を準備する!

できれば9600万円を準備する!

しかなのです。

その目的を達成する唯一の方法は

もちろん「投資」ですよね。

現在ある僅かな

元手(原資)を「投資」増やすことで

目的額の達成を目指すことになります。

投資と言っても

パチンコや株式投資やFXではぜんぜん

物足りませんよ!それどころか

資金を目減りさせるリスクが高いと思います。

投資には必ず「リスク」はありますが、

投資先によってそのリスクの度合いは全く異なります。

この世の中で最もリスクが小さい投資先は

もちろん

「収益不動産投資」と「発電事業投資」

しかないでしょう。

これ以外の投資先は

余裕資金でまかなうしかありません。

先ほど必要だと述べた

9600万円を手に入れようとすれば

約1億の収益不動産なら1棟購入すれば良いだけで達成です。

約5000万円の収益不動産なら2棟購入すれば

達成です!

3000万円の太陽光発電所なら4基購入すれば

約1億くらいは貯金を積み立てることができるでしょう。

そのメカに済みについては私の過去のブログを読んでいただければ

良いですが、

そういうことです。

ただし、収益不動産だと目的達成までに約30年が必要です。

太陽光発電所経営だと20年ですよね

ですから

60歳で目的の9600万円を達成するなら

30年前の30歳で1億の収益不動産投資を

しなければなりません。

でも、すでに40歳になってしまった方も

あきらめる必要はありません。

2億の収益不動産に投資すれば、

30年後までに土地の売却含めて2億円

のキャッシュフローを手に入れることができるわけですが

60歳時点で7000万~1億くらいは回収できていると思います。

60歳を過ぎても家賃収入は続くわけですから

しっかり目的を達成できるわけです。

いろんな投資先に目移りする今日この頃ですが

結局は

投資先は

「収益不動産投資」「発電系投資」の2点に絞って

人生設計しましょう!

これは鉄則です。

ですから、私のセミナーに来られても

目新しい、はじめて皆さんが知るような新たな投資先を

提供されることはありませんよ

3時間も4時間もただひたすらに

収益不動産投資、発電系投資のすばらしさ

について理解していただくことになるでしょう

続きは明日!

でわ!

この記事を読むのに必要な時間は約 7 分です。

ラブスカイブログ特典
〇新築アパート:

100万~300万円の諸経費値引

〇区分マンション:

50万~100万円の諸経費値引

〇RC1棟買い:

自己資金500万で融資2億を目指す

〇コインランドリー:

自己資金ゼロのランドリー経営をはじめよう!

〇リサイクルマート:

開店資金圧縮特約あり

光発電事業:

オーバースペック99KW発電所をご紹介

セミナー・座談会開催

不動産・発電事業・フランチャイズ投資セミナーを
開催いたします。

スケジュールは

12:00~17:00 講義
17:00~17:30 質疑応答
18:00~    2次会 (会議室での立食又は、近くの居酒屋)
21:00     解散

会場は

東京、大阪、名古屋、神戸、広島、札幌、福岡

で募集しています。

2018年度予定

10月13日 土曜日 東京セミナー募集終了

11月25日 日曜日 名古屋セミナー募集終了

2019年 1月 12日 福岡セミナー 募集中

参加希望お待ちしております。

セミナー講義の内容は

ラブ☆スカイの「成功の投資スキーム」

と題して、私の独断と偏見に満ちた

投資理論を6時間の長丁場でお伝えいたします。

今回も、ネタを1時間分追加して

特別バーションで講義させていただきます。

目から鱗のネタをひっさげたいと思いますから

ぜひご期待ください。

↓東京セミナーの風景です!

私のセミナーの醍醐味は

私の話よりもセミナーに参加される先輩投資家さん

と初心者投資家さんの斬新な意見飛び交う

2次会にあります。

土曜開催なので翌日はゆっくりできますから、

近くの居酒屋で夜遅くまで投資コミュニケーション会となるでしょう。

お会いできることを楽しみにしております。

参加ご希望の方は下記のフォームから問合せください!

その他地域を希望の場合は一定数あればすぐに開催します。

よろしくお願いします。

セミナー参加費500円!

2次会は割り勘

です。

振るうってご参加くださいね!

この記事を読むのに必要な時間は約 18 分です。

ラブ☆スカイの
無敵の投資スキームを紹介

ここからラブスカイが推奨する
投資家として成功するための方法を
詳細にご紹介します。

〇不動産投資スキーム

税込み年収400万以上で

①中心都市の新築木造アパート

又は、新築シェアハウス

どちらか1棟、属性により

できれば複数棟契約

②属性により値引き80万円なので、

実質頭金10万円で、

2500万の早期繰り上げ返済用

都心マンション1戸契約

③頭金10万で、1500万中古

区分マンションを2戸同時買いし、

15年後売却し、キャピタルゲインを狙う

④ラブ☆スカイの親友のハーツ植西社長に

直接頼めば
頭金はゼロで、資産背景により

1億円(約10戸)~6億円(約50戸)の

地方中古RCマンション1棟丸ごと契約!

という流れで実践していきます。

〇海外年金口座(積立)

日本国内の年金積立は、もちろん

円建てですが、

海外年金口座は、毎月ドル建てで

年金を積立を積み立てる保険です。

積み立てる理由としては、

日本は現在、インフレに突き進んでいます。

10年前100円で購入できたコーラが今では130円です。

10年間で約30%の通貨価値下落ですね。

1億円を日本円で貯金していた方は、

現在額面こそ1億円のままですが

実際の通貨価値は約7000万円ということになります。

0.1%の定期で貯金している場合ではないと

思うんですよね。

また、日本の保険会社の年金積立だと

利回り1%程度だし

そもそも日本円建てだと、インフレが進んで

日本通貨価値が

下落したら一緒に積み立てたお金の価値も

下落しちゃうから意味がありません。

ということで世の中のサラリーマンは$建てで

海外積立を行います。

毎月サラリーマン給料から

$350(5万円程度)を25年積み立てたら

5万円×12か月×25年=1500万円の源資

となります。

海外の保険会社が利回り5%で複利運用したら

1500万円→3000万円となります。

(25年で約2倍)

利回り10%で運用したら

1500万円→6000万円となります。

(25年で約4倍)

現在までの運用実績は15年間で8.6%

となっていますが

2008年にはリーマンショックを経験しての

実績です。

香港のIFAいわく

リーマンショックが無ければ12%はいけたはず!

とのことです。世界大恐慌でもなければ

利回り5%程度では運用してくれると思っています。

ラブ☆スカイは現在

毎月$1500(20万円)を積み立てています。

毎月20万円を25年間、

利回り10%で海外に積み立てたら

2億4000万円となります。

最終的に100万程度月収のすべてを

海外年金(口座)積立に投入して

毎月20万の積立を5種類のIFAに分けて

投資する予定です。

100万×12か月×25年=3億円の原資となり

この3億円を利回り10%で運用してもらったら

12億円になりますね。

夢は、大きく。いやー楽しみです。

普通のサラリーマンでは毎月20万円

なんて無理ですが、

200万円の自己資金で

1億程度の新築アパート2棟買えば

毎月キャッシュフローが20万円となります。

太陽光発電事業でも構いません。

コインランドリー経営でも構いません。

まあ、いろんな投資案件はありますが、

本業のサラリーマン収入から

5万円程度追加すれば、

$1500(20万円:現在為替で17万くらい)

の積み立てに加わることは可能だと思います。

日本円とドルの両方の通貨を保有する。

円安ならドルを使い、円高なら円を使用する。

日本のハイパーインフレにも対応できて安全

よくある質問に、デフレしたらどうなるの?

って聞かれますが、私は、

波打ちながらインフレは進むと思っています。

だって、物価って上昇するものだから。

政府の目標は物価上昇毎年2%ですからね。

オリンピックもあるし、物価上昇しか考えられません。

もし政府が言うように毎年2%も物価上昇されたら

毎年2%日本通貨価値が下落し続けることになります。

1000万円貯金している場合、

初年度は20万円価値消失で翌年には980万円の

通貨価値ですね。10年後には、

約20%の資産価値消失です。

だから、私は、現金を持たずに物

(不動産・太陽光・コインランドリー)を買って

インフレに対抗しているのです。

ちなみに、将来日本通貨の価値が地に落ちたとき

ハイパーインフレになったとしたら・・・

わたしの借金の価値も地に落ちます。

要は、借金の価値がなくなります。

今の借金4億円はインフレで通貨価値が半分になると

借金2億円と同等になります。すごいでしょ!

〇激安2500万投資用新築マンション1戸について

激安新築マンションの位置づけですが、

上記の他の投資案件との併用で威力を発揮します。

新築アパート+激安新築マンション

太陽光発電所+激安新築マンション

廃油発電事業+激安新築マンション

中古マンション1棟+激安新築マンション

それは、なぜか?

太陽光発電所の寿命は20年です。

新築木造アパートの寿命は22年です。

これでは、返済後の撤去費用の捻出や

おんぼろアパートの修繕費のために

家賃収入を割り当てる未来が待っています。

このローン返済後のオーナー負担の大きさが

太陽光発電事業や新築木造アパート経営の最大の

欠点です。

(初めから中古に投資する場合は投資家は

出口の費用負担は見込んでいるため問題ありませんし

一括借り上げなら何も考えなくていいでしょう。)

この大きな欠点を補うのは、

新築マンションとなるのです。

なぜか?

それは、マンションの寿命は47年だからです。

ローン返済25年で設定した場合

まだ、22年も寿命が残っています。

太陽光発電所の発電寿命が終わる時期

新築木造アパートの寿命が終わる時期

からまだ22年も収益を上げ続けることが

出来るのです。

だから、絶対に、激安で小さくても構わないので

新築のマンションは一緒に保有すべきです。

また、複数の投資案件を保有していて

既にキャッシュフローを築いている方は

繰り上げ返済用として、利用できます。

新築マンションを繰り上げ返済したら

一丁上がりですね。

さて、購入の仕方ですが、

新築アパートでも太陽光発電事業でも構いませんが

月間10万程度のキャッシュフローを手に入れて

それを海外に移すわけですが、

もちろん全額は投入しませんよ

1/3程度は残します。

すると、毎月3万程度は現金が残ります。

この3万の内1万程度を新築マンション

購入資金に回します。

新築マンションは大体

マイナスキャッシュフロー1万円程度が

バランスよくてお勧めです。

無理やり35年ローンにしてプラスにしても

金利ばかり払うことになるしね。

(←もちろんこの場合はキャッシュアウトリスクは

なくなりますので、他の投資案件を持っている

場合だけですよ。)

〇ラブ☆スカイスキームをまとめます。(一番重要)

最初に10年は新築アパートで安全確保

10年目~25年目までは太陽光発電

25年目以降は新築マンションで安全確保

そして、海外にお金を移して、

稼いだ通貨の安全確保

わたしに問い合わせていただけたら

包み隠さず全てを伝授いたします。