香港金融ツアー第3弾!海外銀行口座開設編!


ここからの記事を読む為に約 12 分の時間が必要

さて、いよいよお待ちかねの
香港金融ツアーメインイベント

海外銀行口座開設編でーす。

今回、参加した5名全員が

香港で海外銀行口座を開設しました。

その理由はいろいろあるでしょうね。

さて、香港で銀行口座を開設しようとしたら

真っ先に思いつくのはHSBC(香港上海銀行)の口座ですね。

そして№2となるのが、今回わたくしが開設した

「スタンダードチャータード銀行」

となります。

なぜ今回、HSBCじゃなく、スタンダードチャータード銀行を開設したかというと

理由があります。HSBC銀行の開設には、難関となる英語での面接があります。

そうです。・・・・私、超理系なのです。

思い起こせば、センター試験わたくし数学は200点満点で、物理もほぼ満点なのですが、

英語は・・・・・・・・・・・・・・・・120点/200点・・・・・6割です。

ラブ☆スカイの弱点は・・・英語です。

英語コンプレックスの私としては、とりあえず

第一弾としては、スタンダードチャータード銀行

開設しか手段がなかったのです。!

現在英語勉強して、次回HSBC開設準備中でーす。

スタンダードチャータード銀行は、

すごいんですよ!

1852年設立で、イギリスロンドンに本拠地があって、

世界72か国に支店があって

超有名なんですよ。

使える通貨は11種類あるらしく、世界中の

ATMが使用できて、現地通貨を下すことができます。

↓そんなスタンダードチャータード銀行の前で

一人で記念撮影!!

スタチャー前001

右がスタンダードチャータード銀行で

左は、HSBC(香港上海銀行)でーす。

もちろんインターネットバンキングが使用できて、

家のパソコンで送金入金も簡単です。

日本なら、数百円の手数料でセブン銀行で引き出せます!

わずか2時間程度で開設できましたよ。

今回は、香港に拠点を置く日本語がペラペラの

海外銀行口座開設ガイドさんを雇っての開設でしたので

とてもスムーズでしたね。

当日の行動順序をご紹介しますね、

まず、あさ10時にホテルをでて、そのまま

香港島の対岸ビクトリア港手前にある

地下鉄駅「尖沙咀」

から地下鉄で香港島に上陸します。

降りる駅は、中環(セントラル)駅の2つとなりの駅の入り口で

待つこと10分、イケメンのガイドさん到着!

そのまま、スタンダードチャータード銀行

口座開設準備用の手続き事務所に移動!

銀行のATMが数台と、テーブルが2セットおいてある事務所でした。

そこで、口座開設に必要な手続き資料を確認しました。

確認資料は、

パスポート(現物)

3か月以内に取得して、現住所が確認できる国際免許証

および日本国内の免許証です。

当日書類に不備があるといけないので

みらいクリエイトさんのススメで事前に香港のガイド会社に

資料のコピーを送って確認してもらっていたので安心です。

ガイドさんが開設予定全員の資料を確認後、

スタンダード銀行口座開設窓口に直行しました!

ガイドさんは、日本語がぺーらぺらの香港スタッフの方で

まったく不安要素はなかったですね。

わたしが口座を開設した

スタンダードチャータード銀行の口座開設支店です

スタチャー銀行口座開設前002

とても、落ち着いた高級感漂う待合室でした。

ソファーは2人掛けの革張りで、

テーブルはクリスタルガラス製の高級なものでした。

すりガラスでうっすら中が見える

部屋には、「投資」の文字が・・・・

そして、その部屋にどう見てもお金持ちな感じの方が

入っていきました。

なんだか、そんな部屋の空気を味わいながら

う~ンなんだか、お金持ちになったようなか・ん・じ

さて、一緒にツアーに同行した方が

先にそのすりガラスの部屋にガイドさんと一緒に入っていきます。

待つこと10分満面の笑みを浮かべながら

キャッシュカード持ちながら出てきました。

みんなで「おー」ってな感じで迎え入れながら

盛り上がりましたね。

さて自分の番です。

ここから私の体験した口座開設手順を開設しましょう!

手順①まずは書類に署名しました!

受付テーブルの女性窓口職員から

名前を聞かれて、「yes」とこたえて、

口座開設必要書類のチェックに入ります。

基本的に英語で質問されて「yes」と答えるだけです。

わからないときは、隣からガイドさんがフォローしてくれました。

そして、書類に自分の名前を記入(サイン)します。

サインは、ローマ字ではなく、日本語で記入しました。

まあ、パスポートと同じですね。

手順②入金手続きしました。

日本と同じく、口座開設するだけなら

100円でも構いませんが、今回は

10000香港ドル(日本円で、15万円くらい)を入金しました。

なぜ入金したかというと、10000香港ドル以上を預けておくと

口座維持管理料が、無料になるのです。

まあ、口座維持管理料も、

3か月で900円程度なので

(月に300円)

別に無理して預ける必要はないのですが、

お金あるなら預けておいて損はないですね。

手順③ATMカードを発行してもらいます。

お金を預けて、口座に入金してもらうと

ピッカピカのATMカード(キャッシュカード)が

発行されました。

↓これです。

20151212225252e18.jpg

どうだー!

↓裏面です。

20151212225555b2c.jpg

手順④カードの有効化手続き

スタンダードチャータード銀行でATMカードを発行してもらってから

銀行廊下にあるATMに向かい、

カードを入れて、ガイドさんの言うとおりに処理して

カードを有効化します。

これで、いつでもどこでも使用できる

海外銀行口座開設完了です。

手順⑤ガイド料清算

ATMカードを手に入れて、

有効化まで完了したら、今回のガイド手数料を

ガイドさんにお支払いします。

これですべての工程が終了します。

ガイド料は、業者さんによって様々ですので

ここでは述べませんが、数万円(一けた)です。

まあ、海外まで来て口座開設するくらいの方であれば

大した金額ではないでしょう。

スタンダードチャータード銀行は、

なんといっても、11種類の通貨で管理できる

マルチカレンシー口座を持つことにあります。

そして、24時間アクセスできるインターネットバンキングシステム

と世界中のATMから現地通貨を引き出せるATMカードが持てることですね。

口座開設についてとても大事なことは、

HSBC程ではないですが、

英語や広東語が話せないと、自分で口座開設するのは

とても難しいと思いましたね。

ぜひ、通訳同行でのサポートが必要です。

まあ、数万円ですから大したことないです。

日本から香港までの旅費は激安LCC

があるので旅費にほとんどお金がかかりません。

とてもリーズナブルな旅行も可能ですね。今回は

たったの10万円ですし。

今後、私のように日本国内のお金を海外に移したいと

思っている方は使い勝手が良い海外口座を持ったらとても

資産運用の手法についてももっと幅が広がるでしょうね。

検討されている方は、週末を利用して、

香港旅行も兼ねて、

スタンダードチャータード銀行の口座を開設すべきですね。

来年にはHSBC同様に

もう口座開設はとても難しくなるとのことですから

今しかチャンスはありませんね。

口座開設に全力を投じ、

その後の海外年金口座契約

大宴会で体力を使い果たし、

他人のベットでうたた寝するラブ☆スカイです。

ラブ☆スカイファンの一人が撮影してくれました。

右手側の瓶ビール2本飲んだだけでこの有様です

ラブ爆睡

さて、その後現地で「海外年金口座」

を開設したのですが、
その手順聞きたいですか?

運用説明会の情報も含めて

ラブ☆スカイ流で超詳しく説明しますね。

質問があれば、コメントください。

また、来年1月の香港金融ツアーにも

読者が集まれば参加しますので

コメントくださいね。

でわ!

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。