海外積立で12億円稼ぐ


Share on Facebook
Pocket

↓香港でラブ☆スカイが撮影してきたHSBCとスタチャー(世界銀行)です。

〇サラリーマンでも海外積立で12億円稼ぐ!

どこの家庭でも、何らかの積立商品を利用して

将来のためにお金を蓄えていることでしょう。

日本国内における積立は、もちろん円建てが主流です。

わたしが投資で得た資金を積み立てているのは海外の商品です。

海外積立は、毎月ドル建てで積立を行います。

さて、基本に戻りますが、

なぜ円建てではなくドル建てで積み立てないといけないのでしょうか?

円建てでもドル建てでも、運用がうまくいけばそれで良いではないか?

なんて疑問が沸いてきますよね。

私が考えるドル建てで積み立てる理由をご紹介します。

日本は現在、インフレに突き進んでいます。

10年前100円で購入できたコーラが今では130円です。

10年間で約30%の通貨価値下落ですね。

1億円日本円で貯金していた方は、現在額面こそ1億円のままですが

実際の通貨価値は7000万円ということになります。

0.1%の定期で貯金している場合ではないと思うんですよね。

また、日本の保険会社の年金積立だと利回り1%程度だし

そもそも日本円建てだと、インフレが進んで日本通貨価値が

下落したら一緒に積み立てたお金の価値も

下落しちゃうから意味がありません。

ということで世の中のサラリーマンはドル建てで

海外積立を行う方がリスクヘッジとなるのです。

毎月サラリーマン給料から

$350(5万円程度)を25年積み立てたら

5万円×12か月×25年=1500万円の源資

となります。

海外の保険会社が利回り5%で複利運用したら

1500万円→3000万円となります。(25年で約2倍)

利回り10%で運用したら

1500万円→6000万円となります。(25年で約4倍)

現在までの運用実績は15年間で8.6%となっていますが

2008年にはリーマンショックを経験しての実績です。

香港に代理店がある

IFAいわくリーマンショックが無ければ12%はいけたはず!

とのことです。世界大恐慌でもなければ

利回り5%程度では運用してくれると思っています。

ラブ☆スカイは現在

毎月$1500(約20万円)を積み立てています。

毎月20万円を25年間、利回り10%で海外で積み立てたら

2億4000万円となります。

最終的に100万程度月収のすべてを

海外年金(口座)積立に投入して

毎月20万の積立を5種類のIFAに分けて

投資する予定です。

100万×12か月×25年=3億円の源資となり

この3億円を利回り10%で運用してもらったら

12億円になりますね。いやー楽しみです。

普通のサラリーマンでは毎月20万円なんて無理ですが、

200万円の自己資金で

1億程度の新築アパート2棟買えば

毎月キャッシュフローが20万円となります。

400万円廃油発電利回り14%に投入すれば

毎月約5万円の収入が20年間続きます。

太陽光発電所50kwフルローンで購入すれば

毎月10万円のキャッシュフローとなります。

(最近は売電額下がってちょっと融資的に難しいですが。)

ちなみに、私の紹介で

4億の地方中古マンション1棟買いしたら

一括借り上げ方式を採用してもらいますが、

税金も、設備維持費もオーナーには負担なしなので

実質利回り3%程度でも、

キャッシュフローは年間1200万円となります。

これなら毎月の収入は100万円となります。

いきなり海外年金口座に

毎月100万円積立を可能にしてくれますね。

(ただし、物件が少ないため1年待状態です。

4億なら個人の属性も1000万以上となります。)

まあ、いろんな投資案件はありますが、

上記の投資案件のどれかと本業のサラリーマン収入から

5万円追加すれば

$1500(20万円:現在為替で17万くらい)

の積み立てに加わることは可能だと思います。

日本円とドルの両方の通貨を保有する。

円安ならドルを使い、円高なら円を使用する。

日本のハイパーインフレにも対応できて安全

よくある質問に、デフレしたらどうなるの?って聞かれますが

絶対に波打ちながらインフレは進むと思っています。

だって、物価って上昇するものだから。

政府の目標は物価上昇毎年2%ですからね。

オリンピックもあるし、物価上昇しか考えられません。

もし政府が言うように毎年2%も物価上昇されたら

毎年2%日本通貨価値が下落し続けることになります。

1000万円貯金している場合、

初年度は20万円価値消失で翌年には980万円の

通貨価値ですね。10年後には、約20%の資産価値消失です。

だから、私は、現金を持たずに物(不動産・太陽光・廃油発電機)を買って

インフレに対抗しているのです。

ちなみに、将来日本通貨の価値が地に落ちたとき

ハイパーインフレになったとしたら・・・

わたしの借金の価値も地に落ちます。

要は、借金の価値がなくなります。

今の借金4億円はインフレで通貨価値が半分になると

借金2億円と同等になります。すごいでしょ!

ラブ☆スカイと一緒に
香港金融ツアーに参加したい方
海外銀行口座を開設したい方
海外積立について学びたい方
下のバナーから問い合わせてください。

Share on Facebook
Pocket