【第5ステップ】利回り14%バイオマス発電で稼ぐ


ラブ☆スカイが提唱する

成功の投資スキームの

第1ステップ~第3ステップは

不動産投資をベースにした「基本編」

第4ステップは、

「基本編」で得たキャッシュフローをもとに

さらに、次の投資に資金を投入(資金再投資)

する投資先として太陽光発電事業を紹介しました。

以下のリンクをクリックすればおさらいできます。

第1ステップ:新築木造アパート経営


第2ステップ:新築RCマンション経営


第3ステップ:中古RCマンション経営


第4ステップ:太陽光発電事業を営む

第4ステップ以降の「補強編」では

自己資金が豊富で不動産購入に不利にならないのであれば

「基本編」と同時進行で行うこともできます!

第4ステップで紹介した太陽光発電事業は、

多大なキャッシュフローを得るための

中古RCマンションの1棟丸ごと購入ができない方向けの投資先です。

しかし、太陽光発電事業も毎月20万円のキャッシュフローを

得るために

100kw発電所を建設しようとしたら

3000万円程度の資金が必要であり

どうしても融資を受けないと

参入できません。非常にハードルが高い投資先となります。

そこで、

第5ステップでは、太陽光発電事業以外の

投資先で、大きなキャッシュフローを得ることができる

新たな投資先を紹介しましょう。

◯第5ステップ

【目的】

・新築RCマンションを10年以内に繰り上げ返済する為の

大きなキャッシュフローを手に入れる。

・融資が付かなくて太陽光発電事業や中古RCマンション経営に

参入できない方でも、毎月キャッシュフローを得る!

【方法】

大きな額の融資が付かなくても1000万の貯金があるなら

バイオマス発電事業にエントリーして、利回り14%の

資産増加パワーで20年間で2800万円を

手に入れる!

それでは本篇に参りますね。

〇バイオマス発電事業に投資して稼ぐ!

バイオマス発電事業概要資料を

下記のアドレスで確認できるようにしました。

資料を見たい方は、クリック

バイオマス発電事業概要説明資料

バイオマス発電は利回り14%の高利回り投資案件ですから

例えば100万円だと、年間14万円のリース料収入となります。

約7年でペイします。

20年だと14万×20=280万円ですから、発電開始したら

とても美味しい投資先といえるでしょう。

ブログ記事でも書いてますが、

わたしは、18%の第2期で600万

今回14%の第3期で600万

資金投入しました。

1200万の資金が、20年後に

2160万+1680万=3840万になる計算です。

はじめての事業なので

それなりの精神的リスクはあるでしょうが

経産省の設備認定も取れているのでほぼ確実だと思っています。

話はもどりますが、

大きな現金1000万円の貯金があれば

20年間で2800万円を毎月分割で

手に入れることが出来ます。

その額は、2800万円÷20年÷12か月

なので、毎月約12万円ですね。

年間140万円の収入があるわけです。

新築木造アパート経営で、年間70万円

サラリーマン収入からの貯金で年間120万

これらを合わせると

年間330万円のキャッシュフローです。

2500万円の激安RCマンションなら

5年はさすがに無理ですが

中古RCマンションや太陽光発電所経営をしなくても

7年で完済できますね。

同じように計算すれば

1000万円の貯金がなくたって

1口100万円から投資できるわけですから

自分の身の丈に合ったキャッシュフロー構築投資先となるわけです!

さらに、

海外銀行口座をお持ちであれば、

海外銀行口座を有効に使用することをお勧めします。

たとえば海外積立で利用します。

海外積立は、不動産投資、太陽光、バイオマス発電との相性が抜群です。

海外積立は、毎月4万円程度から参加することが可能です。

毎月4万円×12か月×25年=1200万円ですが

現在の運用実績8%(海外のIFA)で運用したら

約3500万円になります。(約3倍になります。)

毎月4万円の積立をするには

毎月4万円の不労収入があればよいのです。

毎月4万円をバイオマス発電で得ようと思えば

約3口300万円の初期投資でよいのです。

初期投資300万円で25年後3500万円です。

(詳細には発電事業は20年なので5年は手出しになりますが

それまでの運用益を考えればリスクは小さいと思います。)

バイオマス+海外積立→海外銀行口座に送金!

いろんなメリットが想像できると思います。

これが私の実践する

バイオマス発電投資スキームです。