taiyoukou123 - 太陽光発電事業投資で大儲けできる時代は終焉を迎える!?

太陽光発電事業投資で大儲けできる時代は終焉を迎える!?   最新情報!


ここからの記事を読む為に約 6 分の時間が必要

太陽光発電所で夫婦仲良くポーズとってきました!

ある、太陽光発電紹介取材のための

撮影です。

並んでみると、改めて50kwシステムの大きさが

分かりますね。

さあ、皆さんも空き地や空き屋根があったら

どんどん融資を受けて設置しましょー。

早くしないとあと数年で売電額が20万円台になって

メリットが激減ですよ!(ちょっと煽ってみました)

P3010077 - 太陽光発電事業投資で大儲けできる時代は終焉を迎える!?

さて、昨年勃発した電力会社の

電力買取契約一時ストップですが、

もはや、太陽光発電事業希望者にとっては、「テロ」

みたいなものでしたね。

まあ、おそらく・・・・推測ですが、

加熱する太陽光発電事業に対する警笛のつもりで実行した

のでしょうね。まあ、そうであれば、やっぱり「テロ」だったのでしょう。

さて、今回の表題「ポスト太陽光発電」ですが、

昨年の九電ショックのおかげで、

「ポスト太陽光発電事業」が一気に勢力を増してきました。

ただし、一こと言っておきますよ

「太陽光発電事業はもう終わり」ということではありません。

たとへ、太陽光発電による売電価格が17円程度まで下がったとしても

これから勢力を増すであろう「ポスト太陽光発電」といわれる事業が

太陽光発電事業ほどの「安全」「安心」「安定性」を提供できるとは

はっきり言って思いません。

太陽光発電のもっとも他を寄せ付けないメリットは、

発電のための原料が「太陽」であることです。

太陽は、なくなりません。よく曇りの日は発電しないので

安定性が無い!、異常気象だし!なんてことを言う方がいます。

こんなことを言って太陽光発電をけなす輩は、はっきり言って、

太陽光発電をまったく分かっていません。

おそらく、太陽光発電事業をしたことが無い輩だと

はっきり申しておきましょう。

今の日本には、30年分以上の気象情報が蓄積されています。

もちろん、各地域、小さな都市単位でもデータは蓄積されています。

いくら以上気象だと言っても、そんなに日照量が変わることはありません。

サクラの開花予想が毎年、2~3日しか変わらないのと一緒です。

さて、太陽光発電事業が17円まで下がっても

大丈夫であることは、いづれ述べさせていただきましょう。

本日は、

「ポスト太陽光発電事業」についてです。

ここまで太陽光を擁護しておいて「ポスト」かよー

って思っちゃいますよね。

私は、投資家ですよ。

安定投資先として「太陽光発電」を確保しながら

新たな「儲け」の種には挑戦しなければいけません。

誰よりも早く誰よりもお得な時期にね。

ちなみに、「ポスト太陽光発電事業」とは

太陽光発電事業が終わりということではありません。

「ポスト」とは、同義語では「アフター」となります。

ようは、「~の後に続く」という意味です。

午後をあらわすPMの「P」はまさに「ポスト」ですよ。

さて、言い換えますと

「太陽光発電事業に続く事業!」となります。

いま、まさに、日本では、「産業革命」が興ろうとしています。

7年前の太陽光発電事業ビッグバンのようなものです。

10年前には、kw単価100万円だった太陽光発電事業は

7年前には50万円

今では、25万円程度にまで低価格化が進んでいます。

これと同じように、「人気の太陽光発電事業」のために

投資先として2番手3番手となっていたために

投資価格が高すぎて、なかなか投資先として

認められていなかった分野に、今、目が向けられようとしています。

みんな乗り遅れるなよー

今度特集しましょう。

ここからの記事を読む為に約 14 分の時間が必要

ラブ☆スカイの
無敵の投資スキームを紹介

ここからラブスカイが推奨する
投資家として成功するための方法を
詳細にご紹介します。

〇不動産投資スキーム

税込み年収400万以上で

①中心都市の新築木造アパート

又は、新築シェアハウス

どちらか1棟、属性により

できれば複数棟契約

②属性により値引き80万円なので、

実質頭金10万円で、

2500万の早期繰り上げ返済用

都心マンション1戸契約

③頭金10万で、1500万中古

区分マンションを2戸同時買いし、

15年後売却し、キャピタルゲインを狙う

④ラブ☆スカイの親友のハーツ植西社長に

直接頼めば
頭金はゼロで、資産背景により

1億円(約10戸)~6億円(約50戸)の

地方中古RCマンション1棟丸ごと契約!

という流れで実践していきます。

〇海外年金口座(積立)

日本国内の年金積立は、もちろん

円建てですが、

海外年金口座は、毎月ドル建てで

年金を積立を積み立てる保険です。

積み立てる理由としては、

日本は現在、インフレに突き進んでいます。

10年前100円で購入できたコーラが今では130円です。

10年間で約30%の通貨価値下落ですね。

1億円を日本円で貯金していた方は、

現在額面こそ1億円のままですが

実際の通貨価値は約7000万円ということになります。

0.1%の定期で貯金している場合ではないと

思うんですよね。

また、日本の保険会社の年金積立だと

利回り1%程度だし

そもそも日本円建てだと、インフレが進んで

日本通貨価値が

下落したら一緒に積み立てたお金の価値も

下落しちゃうから意味がありません。

⇒続きを読む

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。