必見!!太陽光発電12月実績比較発表


この記事を読むのに必要な時間は約 7 分です。

こんばんわ

わたくし

これまで

保有している太陽光発電実績はほとんど伏してきました。

それは、野立ての実績を積み上げるためです。

でも、もう耐えられません。

だまっていることが出来ません。

そのうち全データを公開しますが

とりあえず、12月分だけ発表しますね。

言っておきますが、最も発電しない

月の発表ですよ。

それではごらんあれ!!

【平成26年12月実績】

①自宅5.9kw発電所

条件:60%南向き20度

12月総発電量298kw(14,300円相当 単価:48円)

1kwシステム当たり12月発電量=298÷5.9

50.5kw

②1棟目アパート屋根10.29kw発電所

条件:東向き3.4度

12月総発電量361kw(13,700円相当 単価:38円)

1kwシステム当たり12月発電量=361÷10.29

35.1kw

③2棟目アパート屋根10.29kw発電所

条件:南西向き3.4度

12月総発電量269kw(10,200円相当 単価:38円)

1kwシステム当たり12月発電量=269÷10.29

26.1kw
④3棟目アパート屋根15.68kw発電所

条件:東向き17度

12月総発電量677kw(25,700円相当 単価:38円)

1kwシステム当たり12月発電量=677÷15.68

43.1kw

⑤野立て熊本49.6kw発電所

条件:完全南向き10度

12月総発電量6,060kw(230,000円相当 単価:38円)

1kwシステム当たり12月発電量=6060÷49.6

122.2kw

となります。

皆さん結構公表しているブログは多いですが、

私のようにいろんな向きでいろんな角度の実績は

結構参考になると思います。

それも、まったく発電しない時期の実績です。

春から夏にかけてはこの3倍~3.5倍程度の発電は見込めますので

想像できますよね。

上記の実績をみて気づいた方もいるかもしれませんが

やはり、完全南向きで角度10度は最高です。

業者シミュレーションの2倍の発電実績です。

まだ、年間実績は集まっていませんが

熊本の野立てだけで

年間406万円程度の実績になりそうです。(業者シミュレーションは190万円でした。)

私も反省していますが

多少お金がかかっても

アパート屋根は、角度10度で完全南向きになるように

架台を制作するべきでした・・・・・・・・・・。

まあ、結果論ですが。

これから太陽光に挑む方は

全箇所南向きで角度10度ですよ!!

この記事を読むのに必要な時間は約 20 分です。

ラブ☆スカイの
無敵の投資スキームを紹介

ここからラブスカイが推奨する
投資家として成功するための方法を
詳細にご紹介します。

〇不動産投資スキーム

税込み年収400万以上で

①中心都市の新築木造アパート

又は、新築シェアハウス

どちらか1棟、属性により

できれば複数棟契約

②属性により値引き80万円なので、

実質頭金10万円で、

2500万の早期繰り上げ返済用

都心マンション1戸契約

③頭金10万で、1500万中古

区分マンションを2戸同時買いし、

15年後売却し、キャピタルゲインを狙う

④ラブ☆スカイの親友のハーツ植西社長に

直接頼めば
頭金はゼロで、資産背景により

1億円(約10戸)~6億円(約50戸)の

地方中古RCマンション1棟丸ごと契約!

という流れで実践していきます。

〇海外年金口座(積立)

日本国内の年金積立は、もちろん

円建てですが、

海外年金口座は、毎月ドル建てで

年金を積立を積み立てる保険です。

積み立てる理由としては、

日本は現在、インフレに突き進んでいます。

10年前100円で購入できたコーラが今では130円です。

10年間で約30%の通貨価値下落ですね。

1億円を日本円で貯金していた方は、

現在額面こそ1億円のままですが

実際の通貨価値は約7000万円ということになります。

0.1%の定期で貯金している場合ではないと

思うんですよね。

また、日本の保険会社の年金積立だと

利回り1%程度だし

そもそも日本円建てだと、インフレが進んで

日本通貨価値が

下落したら一緒に積み立てたお金の価値も

下落しちゃうから意味がありません。

⇒続きを読む