不動産投資するなら国家戦略特区に指定された福岡市だ!


この記事を読むのに必要な時間は約 4 分です。

ある雑誌を読んでいたら

福岡市は昨年「国家戦略特区」に

指定された都市だとのこと。

ちょっと気になったので調べてみました。

「国家戦略特区」とは、第2次安倍政権が進める

新しい経済特別区域構想とありました。

大胆な規制緩和や税制面の優遇で民間投資を引き出し、

“世界で一番ビジネスがしやすい環境”を創出するのが狙いのようです。

いわゆるアベノミクスの“第三の矢”と呼ばれる

成長戦略の中核として期待いるようです。

博多駅前通りや、中洲の中心街

天神繁華街を中心に都市開発を

政府が中心となってダイナミックに推し進めることが可能になる

地域に指定されたということです。

福岡市は政府に将来を期待された特別な地域ということです。

記事によると、
福岡市の「人口増加」や福岡市自体の「資産価値」

が高まると予想でき、

実際、2013年度は、150万人を突破しており、

ますます福岡市は繁栄し、さらに発展し続けると

ありました。

こんな記事を読んだら、

今、福岡に投資しなくていつするの?

ってな感じになりますよね。

福岡に投資する皆様への朗報でした。

でわ!