物価上昇で中古アパートの人気が上昇しています!


この記事を読むのに必要な時間は約 7 分です。

こんにちは、ラブスカイです。

忙しかった石垣島でのミッションが完了し

本日は、休暇をとりました。

さて、午前中は荷物をまとめ

ホテルのカウンターで宿泊代を清算していたときに

一枚のきれいな海のポスターが

目に飛び込んできました。

そこには、「西表島観光」とありまして、

いきなりですが、前回の竹富島に引き続き

西表島に出港です

思い立ったらすぐ行動です。

↓西表島は、石垣島からさらに南西に位置します。

201602251108151b1.jpg

西表山猫の生息する西表島です。

たのしみだな。

もはや、台湾の隣です。

↓さて、石垣のターミナルから乗船です

20160225105818001.jpg

↓カタログ手にいれました。

20160225104955423.jpg

カヌーツアーか、マングローブ観光か

どうしようかな?

さて、

消費税が5%から8%に増税されて

新築物件購入を狙っている者としては

非常につらい環境下にあるのが

真実だろう。

デフレ時代であれば、

物の価値が低く土地も人件費も

材料費も安価で、なおかつ金利も低いため

誰もが新築に手を出しやすい上、

また、利回りが良いからなかなか手放す方もいないため

市場に出回る中古物件が少なくなる。

その結果、中古物件が割高になるため

あえて、中古物件を手に入れる理由がなくなる。

と言った理由で、新築建設ブームが巻き起こったと

言われています。

話は戻るが、

今は物価がどんどん上昇中(まあ、国策だからね)だし、

新築建設コストも

地価もうなぎのぼりで一昔前の利回りは期待できない

その上、消費税の増税が追い討ちをかけている。

新築よりもトータルコストが抑えられる

中古にシフトする方が増えるだろうね。

ただ、新築不動産投資家としては、

マイナスなのか?

私はそれは違うと思うのよね。

物価が上昇すれば購入価格は上がるけど

物件の価値もそれなりに上昇しているわけです。

また中古ブームになれば、世の中の中古のリサイクル

が活発になるだけで、新たに競合する新築が

増える訳ではありません。

所詮中古は中古、新築・築浅にはかないません。

と、強気なコメントを投稿しても

今後消費税が10%になれば

やっぱり、中古にシフトする方が

増えるかもしれませんね。

やっぱりインフレ時代は中古ブーム到来の予感が・・・・・。