太陽光送電ケーブルの盗難


ここからの記事を読む為に約 4 分の時間が必要

ニュース見てたら、滋賀県の

メガソーラーでケーブル総延長4.2km(重さ4t)

が盗難にあったようですね。

管理事務所もあるし、高さ2mフェンスも

設置してあったけど被害にあったとのこと・・・

これオーナーはきついだろうなね。

ラブとしても、規模は何100分の1ですが

一応システムの保証書と火災保険の

規約を読み直して盗難保険完備されているか確かめてみました。

メーカー保障には、

25年間モジュール性能保証と

10年間自然災害補償(有償)があり、

どちらも対象となっていました。

このうち、10年自然災害補償の方に

盗難保障付となっておりました。一安心。

ただし、この盗難補償付の自然災害補償は

1,000kW未満限定とのことでしたが、

もちろん私のは対象です。

さて、本題ですが、それでは

アパートで加入している火災保険はどうだろうか?

火災保険で損害補償の対象を確定するにあたり、

建物の一部として保障してもらうのか?

それとも家財として保障してもらうのか?

考え方によって異なってきますが、

屋根にがっちり固定されていて、

移動できないアパートの太陽光発電システムは

建物として保障されそうです。

火災保険は、火災、台風、落雷、ひょう、降雪などの自然災害

以外にも、盗難に遭った場合にも保険金が支払われます。

安心安心。

しかし、ここにも注意が必要で、新築時に設置した場合は

対象ですが、後から設置した場合は、保険会社に連絡して

対称にしてもらわなければいけませんよ。

その場合は、築年数によって変わりますが、

増額になると思いますが・・・。

私のところは先日、火災保険を見直して

太陽光も対象にしてもらいました!

ここからの記事を読む為に約 14 分の時間が必要

ラブ☆スカイの
無敵の投資スキームを紹介

⇒続きを読む

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。