新築不動産投資はマジで儲かるのです!真実公開!


この記事を読むのに必要な時間は約 6 分です。

carnegieさまから下のようなご質問が届きました。

新築不動産投資に同じような不安を感じている方は

多いと思いますので、簡単にお答えしますね。

まずは、ご質問内容です。

年間の見込みCFが66万円とのことですが、

一部屋ずっと空いたままだとCFがマイナスになって

しまいますが大丈夫でしょうか?もちろん入居率は当面高いだろ

うし数年後の金利引き下げも見越して投資されているとは思うのですが。

得られるリターンに対してリスクが高すぎるような。。。

数年後に家賃が5万円に下がること

のありませんように。

さて、ラブスカイの回答を下に記しますね。

おっしゃられる通り、

数年後には、空室が出だして

赤字になります。

昔投稿していますが、

簡単におさらいすると

1年目から10年目までは、

66万(年間CF)×10年=660万貯めて、

11年目から25年目まで

-20万(年間CF)×15年=-300万吐き出して

最終的にローン終了時:660万ー300万=360万の儲けとなります。

25年掛けてわずか360万円です。!

これが、新築不動産投資の目指すところです。

もう少し空室が出たとしたら、

25年でプラスマイナス0となります。

じゃあ、なんで新築にこだわるのか?

われわれ新築不動産投資家が目指すところは、

大きく2つあります。

1つ目は、とんとんまたは、ちょっとマイナスキャッシュフローで

25年を乗り切り、最後に土地と古くなったアパートを残して

老後に備えること。

2つ目は、最初の10年でしっかり現金を残して、11年目以降に残価で売却し

現金を手に入れることです。

当面は、この2点を想定しながら運営することになります。

時代に合わせて選択することになります。

なので何度も言いますが、3棟や4棟新築賃貸アパートを保有しても

脱サラできるほどのキャッシュは残りませんので

あくまで、保険・年金・お小遣い程度で新築不動産投資に望む

べきでしょう。

まあ、いつか述べますが、

人生を豊かにする上で、

新築不動産投資を推し進めることで、

この2点以外にものすごい、ものすごーーーい

副作用もありますので、まあ、トライする価値はあるとは思いますね。