小型風力発電所は風速60m/sにも耐えることが出来る事を知ってますか?


ここからの記事を読む為に約 5 分の時間が必要

友人が長崎の香焼に

第2号機となる小型風力発電所を

建設しました。

といいますか、建設中です。

画像が届きましたのでご紹介しましょう。

↓友人の家族が経営する会社で建設中の小型風力発電所です

今月末の御前崎風力発電所見学会に

続いて次回は

長崎の友人の発電所を見学させていただく予定です。

ご期待ください。

さて、なぜ小型風力発電所経営が

最近急にクローズアップされたかご存じでしょうか?

それは、単に

太陽光発電事業による収入と小型風力発電所による収入

の差が毎年ちじまってきていることにあります。

皆さん、太陽光発電所経営一辺倒による

リスクについて考え始めたからでしょう。

もちろん、太陽光発電所経営のほうが今でも

若干優位であることには変わりありません。

優位性として最も大きい条件が

融資付けが小型風力発電所とくらべて簡単だと言うことです。

最近では金融機関にも理解が広がってきたために

特に注目されています。

それと、固定価格買取り制度に基づいた

再生可能エネルギー買取り価格で

両者を比較した場合、

20KW未満の「小型風力発電」が55円/kwにたいして

「太陽光発電」は21円/KWであるため

買取り価格に2倍以上の差を付けられている点にあります。

さらに、小型風力発電所の建設コストが近年

急にコストパフォーマンスが向上しているため

フォローの風が吹いているようですね。

まあ、太陽光発電所経営をすでにされている方の

リスク分散投資先としての役割を

小型風力発電がになっているような状況です。

小型風力発電所のメリットデメリットについては

以前述べていますが

特に質問に多いのが

小型風力発電所に台風が通過したときに

全壊することは無いのか?

ヨーク聞かれます。

その点は今月末の御前崎風力発電所見学会にて

確認してきますが、

一般的に業者から聞く返答としては

設計基準強度がjis(日本工業規格)

で決められており、

50年に1度起こる可能性がある10分間の局地平均風速

を設定しているとのことです。

その風速が60m/sとなります。

ちなみに、我が国日本で販売されている

他の小型風力発電所の中には

42.5m/sや37.5m/sと言った

設定風速が低く計画されているものがとても

多いので、どの風力発電所でも同じだと思っていると

ひどい目に合いますよ!!

風力発電所を建設するときの選択基準は

基準風速以外にもいっぱいあります。

業者の言いなりになってほいほい契約していくには

ちょっとまだハードルが高い小型風力発電所ですから

カタログ等のペーパーだけで判断せず、

しっかり自分の目で確かめた方が確実です。

しかし、小型風力発電所は基本的に個人所有が多いので

なかなか自分の目で見る機会が少ないのが現状です。

わたしの友人を通してのつながりで実現した

「小型風力発電所見学会」

あと、2名枠がありますので是非問合せよろしくです!

まってまーす。

でわ!

ここからの記事を読む為に約 13 分の時間が必要

ラブ☆スカイの
無敵の投資スキームを紹介

⇒続きを読む

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。