アパートの簡単な入手方法をお教えします。


この記事を読むのに必要な時間は約 4 分です。

みなさんこんばんわ

よく年収500ですが、頭金100万でラブスカイのように

アパート1棟ものエントリーしたい!

と言う質問が届きます。

新築1棟もの特化のブロガーとしては、

うれしい限りです。

可能か不可能か?と言われれば

ぜんぜん可能ですね。ただし、需要と供給のバランスがあるので

最近の不動産投資人気と地価向上で需給のバランスが崩れていますので

なかなか、私のエントリーした時代のようには行かないかもしれませんね。

さて、カブリカン様からご質問が届いておりますので

この場を借りて返事させていただきます。

条件の年収480万(税込)なら頭金120万円で

十分エントリーできる水準です。

ただし、通常1割は頭金がいるので

120万円を頭金にすると

1200万の物件しか購入できません。

1200万の新築1棟ものアパートはありませんので・・・

もし、頭金120万円のフルローンが希望であれば、

貯金として(見せ金)として、600万~1000万円くらい

準備する必要があります。

なぜかと言うと、銀行は物件の収益性を見て

採算性を計算し、

個人の属性を見て信用して

お金を貸します。

個人の属性とは、年収と貯金がほぼ50%です。

残りの50%はお勤めの会社(勤続年数含む)です。

大手企業とかのプレミアが付かないと仮定すると、

新築なら

年収の10倍程度まで融資が受けれます。

480万円なら 4800万円はいけます。

ただし、信用を上げるために

貯金1000万円(10年分のキャッシュフロー分程度)を用意して

十分体力があることを証明しなければいけませんね

この貯金1000万円は、保有する先祖代々の土地でもいいし、

学資保険等の積み立て式保険でもかまいません。

その辺が準備できれば、各社にレッツゴーですね。

・・・ただ・・・最近は不動産投資人気が有りますので

お客さんがたくさんエントリーしていれば

より頭金が出せるお金持ちさんが優先されます。

やはらい、ラブスカイはリーマンショック後の

2011年エントリー組みですのでうまく行ったのかも知れません。

だってその時代、皆さん中古にばかり注目していて

新築なんていくらでもありましたから・・・。

この記事を読むのに必要な時間は約 14 分です。

ラブ☆スカイの
無敵の投資スキームを紹介

ここからラブスカイが推奨する
投資家として成功するための方法を
詳細にご紹介します。

〇不動産投資スキーム

税込み年収400万以上で

①中心都市の新築木造アパート

又は、新築シェアハウス

どちらか1棟、属性により

できれば複数棟契約

②属性により値引き80万円なので、

実質頭金10万円で、

2500万の早期繰り上げ返済用

都心マンション1戸契約

③頭金10万で、1500万中古

区分マンションを2戸同時買いし、

15年後売却し、キャピタルゲインを狙う

④ラブ☆スカイの親友のハーツ植西社長に

直接頼めば
頭金はゼロで、資産背景により

1億円(約10戸)~6億円(約50戸)の

地方中古RCマンション1棟丸ごと契約!

という流れで実践していきます。

〇海外年金口座(積立)

日本国内の年金積立は、もちろん

円建てですが、

海外年金口座は、毎月ドル建てで

年金を積立を積み立てる保険です。

積み立てる理由としては、

日本は現在、インフレに突き進んでいます。

10年前100円で購入できたコーラが今では130円です。

10年間で約30%の通貨価値下落ですね。

1億円を日本円で貯金していた方は、

現在額面こそ1億円のままですが

実際の通貨価値は約7000万円ということになります。

0.1%の定期で貯金している場合ではないと

思うんですよね。

また、日本の保険会社の年金積立だと

利回り1%程度だし

そもそも日本円建てだと、インフレが進んで

日本通貨価値が

下落したら一緒に積み立てたお金の価値も

下落しちゃうから意味がありません。

⇒続きを読む