年間家賃収入1400万以上も!サラリーマンが中古1棟売りマンション経営する時代


ここからの記事を読む為に約 5 分の時間が必要

年収700万円のサラリーマンでも

年間家賃収入1400万円

を手に入れる方法があります。

それは、新築アパートを

3棟ほど同時に取得して

経営すればよいのです!

7000万程の新築アパート1棟で、年間家賃収入

500万円ほどなら手に入れることが出来ます。

3棟あれば、1500万円となりますよね。

ちなみに、家賃収入から

ローン返済分を差し引いた

年間キャッシュフローは、

100万円ほどとなります。

しかし、年末から今年度にかけて

金融庁の締め付けが厳しくなり

銀行の融資も半年前のように

複数棟おりなくなってしまいました。

もちろん不動産投資はなくなりませんし

こんごも永遠に続く投資先でしょうが、

今の時代はそういう風が吹いています。

不動産投資への融資が付きづらい時代

そんな時代であれば

時代の流れに乗った融資付けが必要です。

半年前ならどんどん順番に融資を受けて

投資を続けることが出来ましたが

これからは、一撃必殺の1発1棟投資が

必然です。

1回の融資付で次に融資が付く保証はありませんから

しょうがないですよね。

そうなると、半年前のように

新築アパート3棟分手に入れて1400万円以上の

年間家賃収入を得ることは難しいので

1回の融資で年間家賃収入1400万円以上を

手に入れることが出来る

不動産を見つける必要があります。

もう、予想できるでしょう。

そんな不動産投資先とは・・・・・

高額の中古1棟物件を1回の融資で手に入れるしかないではないですか?

今の時代は

5000万円の融資を受けて1棟買うのも

3億円の融資を受けて1棟買うのも

おなじ1棟です。

融資を受けた後は、次の融資付まで

インターバルが大きくなります。

それなら、1回の融資でなるべく大きな

家賃収入を得られる

不動産としては、5000万~1億円程度の新築アパートよりも

1棟1億~3億円程度の

中古のRC1棟売り物件を購入したほうが

スケールメリットを得ることが出来ますよね。

例えば、↓こんな物件を購入しましょう。

年収が300万~700万のサラリーマンさんは

新築アパート購入→太陽光発電事業又は風力発電事業

年収が700万~900万の中堅サラリーマンは

1.5億の中古1棟RCマンション投資

→太陽光発電事業又は風力発電事業!

年収900万越えの高属性サラリーマンは

1.5億RC中古1棟RCマンションを2棟~3棟購入

→太陽光発電事業又は風力発電事業!

これが、今の時代に合った投資法の一つですよね。

まあ、詳細は

投資セミナーで詳しくお話ししましょう!

でわ!

ここからの記事を読む為に約 14 分の時間が必要

ラブ☆スカイの
無敵の投資スキームを紹介

⇒続きを読む

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。