不動産投資の次にすべき投資先は何?


ここからの記事を読む為に約 11 分の時間が必要

サラリーマンが、将来に不安を持って

さあ、なにか副業でお金を稼ごう

と思い立った場合に

まず、手を出す投資先は何ですか?

とよく聞かれます。

わたしは、迷わず、間髪入れずに

もちろん「融資」を受けての「不動産投資」です。

と答えています。

重要なのは、レバレッジ=お金の増加率を利かせるために

「融資」を受けて投資することですが、

まずは、「不動産投資」ですね。

理由は、過去ログを読んでいただければ詳細に何度も述べていますが

要約すると、

・不動産投資は融資が付きやすいのでレバレッジが利かせられる!

→投資で成功するにはどれだけ金融機関から融資を引き出せるか?にかかっていますから
不動産投資は最良ですね。

・管理会社に完全にお任せなので、場所を選ばない!

→住まいがどこにあろうが、日本中の(場合によっては海外の)
不動産賃貸経営が可能ですよね。
家賃入金先の通帳と連絡先があれば、あとは、管理会社にお任せで
成り立つ投資先です。

・金額が大きくて、期間が長いので、長期間節税に使えます。

まあ、わたしが、不動産投資を一番に選んでいる理由です。

反対に、上記のような条件を採用できない不動産投資は

絶対にしないようにしましょうね。

たとえば、自分で管理するとか、

通常なら融資が付くはずなのに現金で物件を購入するとか、

そんな条件の不動産投資は避けましょう。

あんまり意味がありません。

さて、では、不動産投資の次は?どんな投資先が適切でしょうか?

それも、

なんども言ってますのでもうおわかりですね。

不動産投資の次に手を出すべき投資先は、

「融資」を受けての

「太陽光発電事業」又は「小型風力発電事業」

です。

不動産投資と同じく、「融資」を受けることが

大前提となります。

レバレッジを利かせないとね。

理由は全く不動産投資と同じです。

・銀行の融資が付きやすいのでレバレッジが利かせられる

・管理会社に任せれば日本中どこでも投資できる

・国策!

ですね。不動産投資と異なり、相手は機械や自然ですから

人間相手の不動産投資よりも、運営中のリスクは

想定しやすく、リスクヘッジしやすいのが特徴です。

その点では、完全に管理会社に任せなくても

草刈りや、月に一度の点検くらいは自分でしてもよいでしょう。

まあ、でも、現在は

安く、草刈りを管理会社に任せることもできるし、

遠隔監視機能もあるから、

楽になってはきていますね。

アパートの屋根に設置した場合なんて

一度設置したら、あとは、20年間基本的に

メンテナンスフリーですからね

サラリーマンには絶対おすすめですね。

でも、投資金額が不動産投資に比べて

5分の一から10分の一

ですから、もっとお金儲けしたいなら

やはり、まずは、「不動産投資」となりますね。

今回は、

「太陽光発電事業」又は「小型風力発電事業」と

同列に並べましたが、

以前と比べて

小型風力発電所の売電価格が未だに高額である事と、

設置費用が低下傾向にあることから、

売電価格が低下した、太陽光発電事業と

対比しても遜色なくなってきています。

さらに、国が、太陽光よりも

風力発電事業に力を入れているため

近年中に太陽光に取って代わる発電事業となると

考えています。

こがた風力発電所のメリットは

なんと言っても、

設置面積がとても小さい事にあります。

風さえ吹けば、24時間365日発電しますからね。

まあ、

不動産投資の次は、発電事業所経営でしょうね。

では、その次は?

何だと思いますか?

ヒントとしては、「融資」が付く投資先

と言うことです。

おそらく、この段階まで来る方は

すでに、不動産投資や発電系投資で

めいっぱい融資を受けていますから

もう、融資は厳しい状態の方ですよね。

そこで、たとえば法人を立ち上げて法人で

引き続き不動産や発電所を経営すればよいじゃん!

と考える方はいますが、

じつは、個人事業主の場合は、法人と代表者は

同等で評価されます。

たとえ、法人を立てても、

その代表が不動産や発電系投資で

一杯借入があれば、個人も法人でも

融資は受けづらいでしょう。

さらに、裏技で無職の奥様を社長にする方法もありますが、

その場合は、旦那さんの借入の影響は小さくなる物の

奥様が元々収入が小さいため、なかなか

法人でも融資を受けることができません。

が、それでも融資を受けることができる

投資先があるのです。

それが、

借入大王のラブスカイが実践している

二つの事業です。

それは、法人で「融資」を受けて

運営する。

・コインランドリー経営

・リサイクルショップ経営

となります。

この2つの事業は、金融機関の認知度が高く

理解が高いです。

また、個人ではなく、法人向けの商品です。

見た目は、地に足の付いた会社経営がとなるため

とても、「融資」が付きやすいのです。

その割には、経営は、お任せできるスキームが

確立されていますので、とてもおすすめですね。

・コインランドリーの特徴

→何はともかく、4000万くらいの投資額で

20年間で4000万円以上を回収する事業です。

素晴らしいですよね。

内容は又次回ね!

・リサイクルショップ経営

→私の場合は、人をたくさん抱える
総合店ではなく、買取り専門です。

買取り専門だと、テナントは小さくて
人を1人雇えばすみます。

妻に平日の3時間~4時間くらい店に
顔を出してもらいますが、
バイトが休みの
土曜日・日曜日は本部の人材派遣に
お金を支払って、対応していただきます。
もちろん、本部を頼らなくても
バイトを2人くらい雇ってもよいけどね。

まあ、投資家向けの商品として
よく考えられていますよね。

それでも、1000万の投資で毎月の粗利が100万となりますが、

その100万から土日の出張店番費用を出しても、
まだ、手のこりが70万くらいとなります。
おいしいですよね。

この点も詳細は、そのうち本部の許しを得てから
じっくりやりましょうね。

と言うわけで、

あたしの行動パターン

そのものが

成功の投資スキームなのです!

えっへん。

では、500円ワンコインセミナーで

4時間しっかり講師させていただきますので

たのしみにしていてくださいね!

でわ

ここからの記事を読む為に約 14 分の時間が必要

ラブ☆スカイの
無敵の投資スキームを紹介

⇒続きを読む

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。