【利回り12%以上の太陽光発電】フリーソーラープロジェクト契約書が届きました。


ここからの記事を読む為に約 8 分の時間が必要

私が現金系投資物件として推奨する

坊ちゃん電力が提供の

「フリーソーラープロジェクト」

契約書が届きました。

ちなみに

このフリーソーラープロジェクトは

利回り12%以上の太陽光発電事業です。

ただ通常の太陽光発電事業とは

まったく異なる発電事業スキームとなります。

一般的な太陽光発電事業は

50kwの発電所を経営したいと思ったら

まずは400坪程度の土地を購入して

その土地に発電所を建設します。

又は、400坪程度の土地を定期借地で契約して

発電所を契約することになります。

この2パターンしか基本的には

太陽光発電事業に参入することはできません。

もちろん自宅の屋根や保有するアパートの屋根に

発電所を設置する方法もありますが、

10kwシステムを超えないと産業用発電所にはなりませんし

10kwシステム未満だと住宅用の小さな発電所しか

経営できないのです。

住宅用発電所のメリットとして売電単価が産業用の約1.5倍なので

それだけ資金回収が早くなるメリットはありますね。

しかし、この坊ちゃん電力提供のフリーソーラープロジェクトは

まったく違うのです。

発電所を経営したい投資家が、

屋根に発電所を設置してその恩恵を受けたい需要家の

提供する新築屋根を借りて

太陽光発電所を経営するスキームなのです。

ようするに

他人の屋根に発電所を建設して

投資家は資産を利回り12%で運用できて、

屋根提供者は電気代が大幅に節約できるという

すごいwinwinなスキームです。

太陽光発電を50kwしたければ

1棟5kwの住宅用発電所を10棟分を契約することになります。

50kwの産業用野立発電所なら

経営後は草刈や盗難等への対策費用が毎年掛かってきますが

屋根の上なら草刈の心配はゼロ

盗難の心配ゼロ

さらに、産業用売電価格の1.5倍の価格で電気を売ることができます。

すごいでしょ。

発想がまったく異なる太陽光発電事業

やらない手はありません。

私の提唱する投資スタイルは

現金をほとんど投入せずに

融資を受けまくってレバレッジをかけて投資し、

たまった現金は次の投資に回すスキームですが

融資を受け続けることができる投資家は、

それだと現金はたまる一方です。

現金を通帳に預けていても

一向に増えることは無くて

いつか物価の高騰とともに資産価値は目減りして

しまいます。

また、現金は多く保有しているが

自営業等で融資が受けられない方は

投資先が無くてお先真っ暗です。

上記のような行き場を失った

現金を投入するのに最適な

現金投資型の投資案件も自身の

投資先ポートフォリオにくわえる必要があるのです。

過去にはバイオマス発電事業にも大きな現金を投入していますが

いまだ発電が開始されていません。

これについてはじっと固唾を呑んで

見守っていきます。今年の

暑いころには何とかしてほしいところです。

バイオマス発電は待ちの状態ですが、

だからといって投資で貯めた現金を

銀行にいつまでも預けておくわけにはいきません。

そこで

ネットで見つけて

会社訪問もして

ラブ☆スカイ自身の目で見定めてきた投資先が

坊ちゃん電力の

フリーソーラープロジェクトです。

詳細は過去の投稿を見てね!

しばらくは不動産購入のために身動きが取れないので

とりあえず、現金系投資として

エントリーしようと思って

契約書を取り寄せました。

↓これです。

↓3者間フリーソーラー契約書

これは、投資家と需要家とその仲介者(発電所設置・管理業者)との

3者間の契約書になりますね。

↓フリーソーラー業務委託契約書

これは、

設備認定の申請代行依頼

売電受給契約の申し込み

太陽光発電設備の設置工事依頼

太陽光発電設備を設置した当該設備が発電した電力の計測依頼

上記計測された使用量に相当する電力使用量の請求

上記請求された使用料金の回収

太陽光発電設備の定期点検依頼

となります。

まあ、設置と管理を業者に依頼する契約書ですね。

↓フリーソーラー取引基本契約

これは、フリーソーラーシステムのすべてに共通する

基本契約書ですね。

まあ、すべてお願いします!という契約書です。

秘密保持しますとか、暴力団とは関係ありません!とか

保証の件とかね。

↓フリーソーラー設備買取証明

これが、一番質問が多い

最終的な買取に関する

契約書というより、証明書かな?

一応公開しますね。

まあ、内容を読んだら分かりますから

詳細は説明しませんが

これなら

安心ですね。

今は、屋根を提供する需要家が投資額1億円分

足りないとのことでしたので

とりあえず、屋根が準備できそうなら

契約しようと思います。

今後の動向についてはまた報告しますね!

坊ちゃん電力の話は

わたしのフランチャイズ経営と同じで

いつもセミナーで大きな話題のひとつですから

ご興味があれば

4月22日の東京セミナーの後の飲み会で

語り合いましょう!

でわ

ここからの記事を読む為に約 14 分の時間が必要

ラブ☆スカイの
無敵の投資スキームを紹介

⇒続きを読む

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。