投資信託で資産を搾取される人


ここからの記事を読む為に約 11 分の時間が必要

投資信託は、日本人が最も

安心して資産を投入する投資先の一つです。

投資信託人口はかなりのものです。

詳細はネットで確認してみてください。

ほとんどの投資家が手を出していると言っても

間違いないでしょう。

それだけ人気の投資先ですが、

前回に続いて、「投資信託」について

そのシステムを解明してみましょう。

前回FX取引はじつは「ノミ行為」によって

投資家が資産を目減りすればするほど

証券会社が儲かる仕組みになっていることは

ご紹介しましたが、実は

このような証券会社のみが利益を享受する

または、口座を開設した投資家の

資産が減ると減るほど証券会社が儲かるシステム

なのは、FX以外にもあることを

本日伝えたいですね。

まず、投資信託と株式投資

証券会社にとってどちらの投資が

メリットがあると思いますか?

もちろん、Fx取引口座のように

証券会社は店頭取引(インターバンクに接続しないノミ行為)

ではありませんよ。

みなさん、投資信託の方が

株式投資よりも安心で、細工の無い、平等な取引先

であると思っていることでしょう。

全く違いますからね、

少なくとも株式投資は

投資家本人が銘柄を選択しているし、

売り買いは自分で決めているので

まあ、証券会社が手を加えて投資家の利益を搾取する

可能性は小さくなります。

もちろん、売買のタイミングをずらしたり、

他の顧客をぶつけたりすることはあるでしょうが、

FX取引ほどの残虐な仕打ちはしないでしょう。

しかし、投資信託は違いますよ。

証券会社はやり放題です。

まず証券取引の条件を見てみましょう。

投資信託は、その名のとおり

銘柄の選定は証券会社が行います。

そして、銘柄の売買のタイミングも証券会社が行います。

なおかつ、銘柄のポートフォリオ(比率)も

証券会社が行うのです。

まあ、だから

投資信託→投資資金を証券会社を信じて託す

となるのでしょうね。

この、投資信託、資産を信じて託すシステム自体は

全く問題ありませんからね、

私が言いたいのは

日本の証券会社に資産を信じて預ける

ことに警笛を鳴らしたいと思います。

まず、衝撃の真実とは、

なんと、証券会社に口座を持って

投資信託をしている投資家の

資産が減ると減るほど、なんと

証券会社は儲かるのです。

そうです、手数料収入ですよね。

例えば、1000万ほど資産があるとして

株式投資をしたとしましょう。

証券会社の利益は、投資家の売買による手数料数乳のみです。

例えば、投資家が保有する株が下落して、

投資家が損切りできずに売買をせずに

冷凍保存という長期保有に運用方針をかえたとすると

口座には1000万円ありますが、全く

取引を投資家が控えたら

証券会社には全く手数料が入らなくなるのです。

うまみがないでしょう?

だから証券会社や代理店の銀行は「投資信託」を勧めてきます。

投資信託の場合は銘柄選択もその売買のタイミングも

証券会社の自由自在となるわけです。

尚且つ、資産を目減りさせても

契約条項により、投資家は文句を言えません

なんせ、任せているのだからね。

さらに、もっと言及しましょう。

投資信託の販売は最近では

銀行が代理店をしています。

でも銀行は投資信託をしていません。

銀行は証券会社に投資信託を委託します。

では、証券会社は投資信託をしているのでしょうか?

そうではありません。

証券会社は、ファンドに投資します。

要は証券会社はファンドに資産の運用を任せているのです。

我々投資家が「投資信託」をしようとしたら

まずは

銀行に資産を預けます。

銀行は年間0.6%の手数料を差し引いて

証券会社に委託します。

証券会社はさらに0.6%の手数料を差し引いて

ファンドに資産を預けます。

ファンドは利益を生んで、その中からガッツリ

利益を得て残りを

投資家に支払うのです。

上記は利益が出た場合ですよ。

利益が出ない場合でも

銀行は手数料を差し引いて

証券会社に委託し

証券会社も手数料を差し引いて

ファンドに委託します

ファンドは利益が小さい場合は

ファンドの利益を最優先に保留して

投資家には利益を享受しません

ファンドは大きく利益を得たときは、

ガッツリ利益を得て、

投資家には契約の範囲で利益を享受します。

多くの場合は個人で行う株式投資やFXと違って

利益と比較してかなり小さな配当を行います。

まあ、どうやっても

銀行、証券会社、ファンドしか

儲けられないシステムとなっているのです。

そんな出来レースの銀行、証券会社、ファンド

しか儲けられない「投資信託」に手を出しますか?

でも、インターバンクに接続せずに

投資家が資産を目減りさせるとその分証券会社が儲かる

FX取引を個人で行うよりはましだよね。

そういうわけで

景気が良ければ、少し儲けることが出来て

景気が割るければ損失を投資家のみが被る

投資信託は、お勧めしません。

もちろん、海外のファンドは違いますからね。

海外のファンドは基本的に

投資家=お客様が儲かると

ファンドも仲介も儲かる仕組みなのです。

一生懸命投資家の為に働いてくれます。

日本の今のシステム=投資家が資産を目減りするほど

証券会社が儲かる仕組み、こんな日本の投資信託は

絶対やめましょうね。

ちなみに、

日本でのFX口座は絶対やめましょう。

海外のFX会社の口座でしか利益は絶対に得られません。

日本ののみ行為証券会社では最終的には

資産を搾取されますから、今すぐ投資信託およびFX口座は解約しましょう。

出来れば株式投資の口座も凍結させた方がよいでしょう。

そもそも、日本円で投資していては

生涯破綻しか見えませんよ。

何度も言いますが

投資するなた

太古の昔からの投資先

「不動産投資」と最近はやりのエコエネルギー「発電系投資」

それと、

日本円ではなくドル建てでの海外証券会社、海外保険会社の

投資商品でドル建ての投資先を選びましょう。

あなたは、日本の証券会社に1000万円預けて

20年後に2%の20万円を受け取りますか?

それとも、

3倍の3000万円を受け取りますか?

それとも、何もせずにサラリーマンを続けて

将来老後の心配をしますか?

よーく考えよう!

ここからの記事を読む為に約 14 分の時間が必要

ラブ☆スカイの
無敵の投資スキームを紹介

⇒続きを読む

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。