e0962238ccdd76a51821dd788c9f4a2e - 「新築アパート経営と中古アパート経営」1億円のキャッシュフローを手に入れることができるのはどちらでしょう?

「新築アパート経営と中古アパート経営」1億円のキャッシュフローを手に入れることができるのはどちらでしょう?


ここからの記事を読む為に約 6 分の時間が必要

新築アパート経営と

中古アパート経営

いろいろ意見はネットでも議論されていますが

本当に儲かるのはどちらだと思います?

今日は、代表プランで比較してみましょう。

比較するには、その比較項目を決めなくてはいけません。

今回私が比較するのに用いる項目は

・投資額

・自己資金

・ローン期間

・ローン期間中の収入

・ローン完済後の収入

・売却益

・経営期間

上記の7項目を用いて、「投資回収利益」を計算して

比較してみましょう。

〇新築木造アパート経営の代表プラン

・投資額:7000万円

・自己資金:200万円

・ローン期間:25年

・ローン期間中の収入:7万円/月間

・ローン完済後の収入:33万円/月間

・売却益:3000万円

・経営期間:35年

上記の条件から投資回収利益を計算すると

7万円✕12ヶ月✕25年+33万円✕12ヶ月✕10年+3000万円

ですから、

計算結果は、

35年後の売却益まで含めて、

9060万円となります。

やはり、新築木造アパート経営はおいしいですね。

さて、次は中古木造アパートですね

〇中古木造アパート経営

・投資額:4000万円 (築10年)

・自己資金:500万円

・ローン期間:20年

・ローン期間中の収入:4万円/月間

・ローン完済後の収入:25万円/月間

・売却益:3000万円

・経営期間:25年(ローン完済後5年経営して売却)

上記の条件から投資回収利益を計算すると

4万円✕12ヶ月✕20年+25万円✕12ヶ月✕5年+3000万円

ですから、

計算結果は、
25年後の売却益まで含めて、

5460万円となります。

中古木造アパート経営もなかなかよいですね。

もう一度結果を並べてみてみましょう

新築木造アパート:7000万円投資して35年で9060万円!

中古木造アパート:4000万円投資して25年で5460万円!

どちらを選びますか?どちらがお得だとおもいますか?

どちらも、賃借人の家賃でローンを支払うスキームだから

とても、お得なお金増加システムだと思います!

比較しやすいように

年単位の利益額を比較してみましょう。

新築木造アパート:9060万円÷35年=260万円/年間

中古木造アパート:5460万円÷25年=220万円/年間

ほとんど大差はないね。

結局新築木造アパート経営も

中古木造アパート経営も大差はないのかな?

でも、年間利益としては

新築260万円>中古220万円で

やはり、新築木造アパートの方が割が良さそうだよね。

さらに、新築の方が修繕による支出を先送りできるので

経営直後~10年程度は安定経営できます。

もちろん10年経てば、中古と同じ状態なので

修繕費は発生しますが、

新築プレミアム期間中に現金を貯めておけば

10年後の修繕費支出リスクに対応は可能ですね。

↓やはり新築はきれいだよね~
b97a488938e40e1a6996d23905fdf1d9 1 - 「新築アパート経営と中古アパート経営」1億円のキャッシュフローを手に入れることができるのはどちらでしょう?

でも、何もやらないただのサラリーマンよりは

不動産投資サラリーマンのほうが

生涯で新築なら約1億円!

中古でも6000万円は手に入れる現金(キャッシュフロー)が

異なってきます。

どう考えても、不動産投資するしかないと思いますが

なぜみんな投資しないんだろう?理解できません。

シミュレーションしても、メリットしかないのにね。

やはり、地震や人口減少が心配なのかな?

今どき地震で倒壊する新築建造物は少ないですし

ほぼ津波等の影響がある沿岸部にリスクがあるだけです。

人口減少は地方だけです。

都心はますます人口が集中するでしょう!

都会に買えばよいのです。

でわ!ご参考になれば!!

ここからの記事を読む為に約 14 分の時間が必要

ラブ☆スカイの
無敵の投資スキームを紹介

ここからラブスカイが推奨する
投資家として成功するための方法を
詳細にご紹介します。

⇒続きを読む

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。