金融庁から各金融機関に融資制限通達が発令!不動産投資は来年以降融資が付かなくなる?


ここからの記事を読む為に約 6 分の時間が必要

昨年の12月1日に

金融庁から各金融機関にある通達が発令されました。

その内容について不動産販売会社の営業さんから

情報を入手したのでご報告~

結論から言うと

来年以降不動産投資しようとしても

融資が付かなくなる!

または、

融資が付きづらくなるであろうとのことです。

理由は、冒頭で述べた

金融庁から各金融機関に発令された

通達が原因です。

現在の金融機関の

新規貸出は、今年度上期で1兆8915億円に達し、

年度ベースで過去最高だった

15年度の3兆2709億円を上回るペースだそうです。

不動産投資に偏りすぎる融資傾向に歯止めを打つために

金融庁が立ち上がった形となりますね。

なぜアパートローンに銀行が傾倒するかというと、

単純な理由ですが、

住宅ローンよりも金利が高く設定できるからです。

長期金利が低下を続ける中で住宅ローンのうまみは非常に小さい

ので、不動産そのものが担保になり、

なおかつ、金利が高く設定できる

不動産経営に融資が付きやすいのです。

都市部においては、今なお需要が供給を上回る状態が

続いているので

直ちに不動産投資にリスクがあるわけではないのですが

やはり、金融庁としては偏った流れは安定させようとするのでしょうね

さて、

では、金融庁の政策で

われわれ不動産投資家にはどのような影響が出るのでしょう?

じつは、とても大きな影響が出ます。

結論から言うと、

来年以降融資は非常に付きづらくなると予想できます。

まず、

〇融資可能エリアが制限されます!

現在は、地銀が他県の遠方の物件に対しても

融資を付けることができますが、

遠方の物件や投資家に対する融資は

非常に厳しくなるでしょう。

〇物件によって、自己資金比率が大幅にあっぷするでしょう。

現在は、オーバーローンやフルローンなど

自己資金が非常に小さい条件で

1億2億の不動産物件を購入することができます。

これが、数年前の基準でもある

1割から2割の自己資金比率に戻されます。

たとえば、現在自己資金100万円で1億の新築アパートが

購入できますが、

来年以降は1億の物件を購入しようとした場合は

自己資金が800万~1000万円ほど必要となります。

この政策は大きいですよね、かなり不動産投資への

ハードルがあがることになります。

現在不動産投資を目指す一番のターゲットは

サラリーマンですが、自己資金100万だからこそ

できるレバレッジ投資なのですが、

自己資金1000万必要になれば

一気にサラリーマン投資家は絶滅するでしょうね。

〇オーバーローン、フルローンは不可!!

もちろん、オーバーローンやフルローンは完全撤廃

となります。

来年以降は非常に融資が付きづらくなるだけでなく

融資が付いても自己資金が非常に大きい条件となります。

たぶん、サラリーマンでは、1億の新築アパートは

高値の花となるでしょう。ましてや

4億のRC1棟丸ごと購入なんて

夢のまた夢になってしまうでしょうね。

基本的に全国の金融機関は

この金融庁の通達には従うそうです。

今回ハーツのRC1棟買いに手を出していますが

まあ、ぎりぎりのタイミングでした!!なんとか

融資枠限界まで今年度内に買い進めたいですね。

がんばりまっす。

まあ、助言としては

いつか不動産投資をしたいと思っているなら

今すぐ行動に移さないと

もう不動産投資は自己資金がないと参入できない

非常にうまみのない投資案件となるでしょう。

不動産投資いつやる?・・・・・今でしょ!!

でわ

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。