親父の会社を継がずに自分で会社を立ち上げます。


この記事を読むのに必要な時間は約 6 分です。

会社を立ち上げようと思い

いろいろ、調べ始めました。

親父にその旨を説明して、先輩として

会社の立ち上げ方や課題を聞こうとおもい連絡を取りました。

すると、「おまえ、2代続いた父さんの会社を継げ!」

と言われました。

わたしの親父は現在サラリーマンですが、

会社経営者でもあります。

会社と言っても昔、脱サラしてコンビニやスーパーを

経営しているときに使用していた屋号です。

親父ももともと祖父から代表者を引き継いでいるんですが、

現在は、商売はしていないので、実家の賃貸を所有する

いわゆる所有法人です。

この法人を使って今後のわたしの事業拡大に使用しろ!

と言っているのです。

ちょっと頭の中で電卓をはじきましたが、デメリットも大きいですが、

メリットもあるかもしれません。

代表者を代えるだけなので司法書士に頼めばあっという間に

わたしのものです。

さて、最大の問題点は、わたしが代表なると言うことは

会社を辞めることを意味します。

かといって、2代続いた会社の3代目をいわば赤の他人のラブスカイの妻にすることには

父親も反対するだろうし・・・どうしようか?

いろいろ考えましたが、

さっき父親に返答しました。

ラブ☆スカイ

「会社を継ぐのは問題ないけど、もう少しサラリーマンしたいので、

妻名義で自分で会社を立ち上げるよ!」

親父

「じゃあ、〇〇さん(ラブ☆スカイの妻)を代表者にすればよいだろう?」

ラブ☆スカイ

「3代目を赤の他人の〇〇でいいのか?」

親父

「そんなの関係ないよ、お前たちが継がなきゃ会社なくなるぞ

お前以外、誰が継いでくれる?

それと、お前のほうが、事業を大きく展開しているから

父さんの方(大垣)は支店にして、福岡を拠点に登記したらどうだい?

社印や、通帳もそっちで再登録したらどうだ?」

ラブ☆スカイ

「・・・・・・なやむ、ちょっと週末考えてみるよ」

と、なりました。

ずーと、親の世話にはならん!自分の資産は

自分でゼロがら作り上げてこそ意味がある。

先輩実業家(失敗ばかりだが・・)の若い頃

トライしまくった父親を超えることしか

考えていないラブ☆スカイとしては複雑な心境です。

太陽光実現まで時間はあるから、1ヶ月くらい考えようかしら

とりあえず知り合いの行政書士に連絡とってみよっと。

この記事を読むのに必要な時間は約 20 分です。

ラブ☆スカイの
無敵の投資スキームを紹介

ここからラブスカイが推奨する
投資家として成功するための方法を
詳細にご紹介します。

〇不動産投資スキーム

税込み年収400万以上で

①中心都市の新築木造アパート

又は、新築シェアハウス

どちらか1棟、属性により

できれば複数棟契約

②属性により値引き80万円なので、

実質頭金10万円で、

2500万の早期繰り上げ返済用

都心マンション1戸契約

③頭金10万で、1500万中古

区分マンションを2戸同時買いし、

15年後売却し、キャピタルゲインを狙う

④ラブ☆スカイの親友のハーツ植西社長に

直接頼めば
頭金はゼロで、資産背景により

1億円(約10戸)~6億円(約50戸)の

地方中古RCマンション1棟丸ごと契約!

という流れで実践していきます。

〇海外年金口座(積立)

日本国内の年金積立は、もちろん

円建てですが、

海外年金口座は、毎月ドル建てで

年金を積立を積み立てる保険です。

積み立てる理由としては、

日本は現在、インフレに突き進んでいます。

10年前100円で購入できたコーラが今では130円です。

10年間で約30%の通貨価値下落ですね。

1億円を日本円で貯金していた方は、

現在額面こそ1億円のままですが

実際の通貨価値は約7000万円ということになります。

0.1%の定期で貯金している場合ではないと

思うんですよね。

また、日本の保険会社の年金積立だと

利回り1%程度だし

そもそも日本円建てだと、インフレが進んで

日本通貨価値が

下落したら一緒に積み立てたお金の価値も

下落しちゃうから意味がありません。

⇒続きを読む