ラブ☆スカイの父親も投資家です。


この記事を読むのに必要な時間は約 5 分です。

わたしが子供の頃は、ちょっと自由奔放な父親でしたね。

転職して性に合わなければ、すぐ会社をやめて、

また、転職・・・の繰り返し、

岐阜県初のコンビニエンスストアを

開店させたのはいいけれど、まだ、コンビニが時代に受け入れられず

閉店。

魚屋openさせては、近所に大型スーパーできて閉店させるし

八百屋openさせては・・・倒産させるし・・・

その後、商売はあきらめて、働きに出たけれど、

世の中はバブルの真っ只中なのに

我家はビンボーのどん底でした。

なおかつトドメは

ちょうど、大学入試の直前に会社を辞めてきて

お金に困ってましたし・・・。

わたしも、妹も国立大学以外は行かせてもらえなかったですもんね。

まあ、受かったから良かったけど、

わたしも妹も、国立受からなかったら今頃高卒だったろうね。

次男と次女は大学行かせてもらってないし・・・。
(本人に進学するつもりが無かったのかもしれませんが・・・。)

だから、ラブスカイは、わが子の大学進学のための「お金」

にこだわってるんでしょうね。

子供には、未来が無限に広がってます。

子供が、大学・大学院に進級したいなら

絶対行かせてあげたい。

親にお金がないから進学をあきらめろ!なんて

口が裂けてもいえません。

闇金から借金してでも進学させたい。

そう思っています。

まあ、子供を進学させたい

そこから始まった、不動産投資です。

ただし、唯一親父が成功したのが、

アパート経営なのですよ!

当時の金利は最高8%超えだったようです。

よくへんさいできたな?とおもいますが、

現在は、ローンも終わって、ひだりうちわ状態ですね。

いまだに副業でサラリーマンしてるし。

ただ、ラブスカイは、

このダイナミックで自己中で、家族の犠牲もいとわない

自分勝手な親父は嫌いではないんです。結構尊敬してますね。