20年で4,300万円!小型風力発電所の発電実績公開 6 comments


ここからの記事を読む為に約 9 分の時間が必要

以前ブログでもご紹介した友人の田渕君ですが、

彼は、「小型風力発電事業」に本格参入するために

前職の福祉関係のお仕事を辞めて取り組んでいます。

今回の彼の発電所をデモ機にして、

この日本で小型風力発電所の販売代理店業を

営む予定です。いや、現実的にはすでに10名以上の

顧客がいらっしゃるとのことですから

営んでいると言った方が正解でしょう。

かれの発電所の

設備認定は夏にとれており、

風力発電施設も設置していましたが、

九電の連系接続待ちの状態でした。

↓友人の長崎にある小型風力発電所です。

そんな彼の小型風力発電所が

なんと

先日 12月27日 金曜日

連系接続完了して、運用開始となりました!!!!

祝!パチパチパチ

↓小型風力発電所の現況です!

当日の風速はあまり強く感じられないていど

実際測定したら、

風速5mとのことでした。

とりあえず30分間の発電量を計ることにしました。

↓計測前の電力メータの数値:1100.4kw

↓30分経過後の電力メータの数値:1102.4kw

実績として

30分間で1100.4-1102.4=2kwの発電量でした。

ちなみに、風力発電所は突発的に大きい風が吹く場所では無く

24時間コンスタントに風が吹く場所を選定します。

友人の発電所も、もちろん

24時間365日常に風が吹き安い場所を選定しています。

長崎の丘の上にあり、海の真横です。

と言うわけで簡単計算で

この発電実績の2kw/30分を単純に24時間倍しても

全然問題ないとのこと

では結果を見てみましょう。

2kw✕2✕24時間=100kw/日の発電量となります。

月間だと、100kw✕30日=3000KW

年間だと、100kw✕365日=36,500KW

となりますね。

小型風力発電所の売電額は

税抜き55円/KWですから

税込みなら59.4円/kwとなります。

通常サラリーマンや副業で発電事業やるレベルなら

消費税を支払う状況にはならないので

税金分まるっと利益になります。

ということで、

年間の売電額は

36,500KW✕59.4円=2,168,100円!

となります。

20年間を想定すると

2,168,100円✕20年=43,362,000円です。

ちなみに、この小型風力発電所は

1基3kw✕6基=18kwタイプです。

ここからの情報は特別サービスですが、

小型風力発電所の設置費用をちょっと公開しましょう

・3KW/基✕6基+ポール+パワコン本体
→〇〇〇〇万円
(価格が変ったのでH29年2/7非公開にしました
現在価格は、ラブ☆スカイに問い合わせてね!!)

・運搬および機械組み立て費
→108万円

・基本工事代金(電気工事と設置工事)
→356万円

・初期コンサル料(id申請1回分)
→30万円

・業者利益150万円

合計:〇〇〇〇万円なり
(価格が変ったのでH29年2/7非公開にしました
現在価格は、ラブ☆スカイに問い合わせてね!!)

・土地購入費100坪
100坪✕2500円/坪=25万円

トータル初期コストは
〇〇〇〇万円
(価格が変ったのでH29年2/7非公開にしました
現在価格は、ラブ☆スカイに問い合わせてね!!)

とのことです。

20年間で4,400万円の利益だから

かなり、おいしいですよ。

さらに、今日は風速5mの時の実績です。

この地域の平均的な風速は7mでしたので

最低ラインでの計算結果です。

単純に風速7mだと、2割増しだから

5,400万くらいの利益になりますよ!

風力発電・・・すごいよ。

購入資金についてですが、

現状は、現金購入の場合と

フルローンで購入する場合とが五分五分ですが

現金があるなら現金購入したらいきなり利益を生み続けるこの

発電所はなかなか面白いですよ。

通常風力発電所のカタログ見ると

海外での機械の実践記録だったり、

予測数値だったりするんですが、

実際に日本で設置した風力発電所の

発電実績を公開できたことはブログとしても

とても誇らしいですよ。

田淵君ありがとう。

さて、実際の発電実績を見たラブ☆スカイの感想としては

小型風力発電所経営は、投資先として

バリバリありですね。

太陽光発電事業ばかりやるのもいいけど、

昼しか発電しないし、曇りや雨だと発電しないし

制約が多いから、24時間、雨でも発電し続ける

小型風力発電所を併用して経営するのは

ありですね。

また、小型風力発電所も以前は3,500万~4,000万円の

設置費用が一般的だったので

投資先としては全く面白くなかったのですが

現在は、国も自治体も業者も注目している

今が旬の発電系投資先なので是非おすすめです。

田淵君の発電所が発電開始されたので、

今後、予約が入っている方から順番に

契約→土地の選定→id取得→設置工事となるようです。

彼の第2の人生を応援したいと思います。

小型風力発電所の経営に興味がある方

連絡ください。田渕くんが所属する会社

(田渕君の義理のおばあさまが会長)から電話入れさせますよ。

ちなみに、田渕君のこの発電所

長崎のテレビ局の取材を受けていましたよ

かなり注目の発電事業

「小型風力発電」いつやる?「いまでしょう!」

でわ

ここからの記事を読む為に約 14 分の時間が必要

ラブ☆スカイの
無敵の投資スキームを紹介

⇒続きを読む

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。

6 thoughts on “20年で4,300万円!小型風力発電所の発電実績公開

  • リンゴとミカン

    はじめまして。
    太陽光発電を少しずつ増やしてきて、これから並行して風力発電もやってみたいと
    思っています。
    田淵さんの発電所、非常に興味を持ってみています。
    自作色強いところもすごく良いなあって思いました。
    価格の部分、並びに仕様など教えて頂けるか、つないでいただけないでしょうか。
    よろしくお願い致します

  • がんがん

    はじめして。
    風力発電について調べていてたどり着きました。
    ぜひ、田渕さんの現在の価格を教えてください。
    よろしくお願いします。