年金にも税金がかかることを知ってますか?


ここからの記事を読む為に約 7 分の時間が必要

世のサラリーマンさんや

自営業者さんは

一生懸命働いて、

所得税や住民税、消費税に法人税

自動車税に酒税・・・etc様々な

税金を納めて、後々には

仕事をリタイアして、定年を迎え

年金生活をおくります。

みなさん

いままで、税金を納めてくれて

ありがとう!

って日本国は思うのです。

そして、一生懸命働いてきた

国民は、やっと、所得税から

解放される~って

安堵するのです!

でも、知ってますか?

年金にも税金がかせられるということを・・・

保険の満期金や懸賞金などの臨時収入には

「一時所得」という税金が課せられることは

よーくご存じなのです。

海外積立などでいかに海外に積み立てたとしても

満期が来たら日本国に

報告してそれなりの税金を納めるのです。

↓海外積立セミナーに参加してきました!
1455259952310

特別控除50万と収入を得るための支出分を

差し引いた残りが一時所得として認定されて

その50%が課税対象となります。

まあ、比較的税額は優しいと言えますね。

話を戻しますね、

先ほども話しましたが、

年金にも課税されます。

年金とは、

厚生年金、国民年金などの公的年金の事です。

え?一生懸命働いて

収入から半ば強制的に給与から引き去られ収めてきた

年金にさえ税金がかかるの?なんて

思いませんか?

私は、この事実をネットで知ったときには

怒りにも似た思いに駆られましたよ

でも、これは現実です。

でも、年金に課せられる課税が

一時所得なら、まあ、税率はだいぶ

小さくなるから、まあ、いいかな?

なんて思ってネットで詳細を見ていきました・・・・

なんと、税金は一時所得ではないのです。

・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・

なんと、なんと

様々な課税所得の中でも

もっとも税率が高い、「雑所得」扱い

なのですよ!!

びっくりしましたね。

雑所得ですよ。一生懸命数十年にかけて

収めてきた年金が、雑所得として

課税されるのですよ?

拾ったお金や懸賞金で得た不労所得でさえ

「一時所得」扱いで課税額は小さいのに

一生懸命収めた年金所得は

一時所得ではなく・・・「雑所得」

ありえないね。

ちなみに、

雑所得=課税公的年金+課税公的年金以外となります。

課税公的年金=年金収入-年金控除額となります。

年金控除額は

65歳以上と65歳未満で異なりますが

今回は65歳未満の方について

説明すると、

年金が

・70万円以内の方は、課税所得はゼロとなります。

少額の年金所得者からはさすがに税金は取らないようです。

・130万以内の方は年金収入の100%から70万円を控除した額に課税されます。
 130万の年金収入なら

 130万×100%―70万=60万円が課税所得です。かなり大きいですよね。

・410万以内の方は年金収入の75%から37.5万円を控除した額に課税されます。
 410万円の年金収入なら

 410万×75%-37.5万=270万・・・かなりの課税所得です。

・770万以内の方は年金収入の85%から78.5万円を控除した額に課税されます。
 770万円の年金収入なら

 770万×85%-78.5万=576万・・・泣きたくなるほどの課税所得です。

・770万を超える方は年金収入の95%から155.5万円を控除した額に課税されます。
 仮に1000万円の年金収入なら

 1000万×95%-155.5万=795万・・・絶望的な比率の課税所得です。

と、まあ、

人生死ぬまで課税されます。

よーく肝に銘じておいてね

若いうち、現役のうちに

しっかりお金を増やすため

何らかの投資にチャレンジしないと

将来は、真っ暗です。

サラリーマン中は会社が面倒を見てくれますが

退職後は、自分の命は自分だけで守らなければなりません

命を繋ぐには、下世話ですがお金が必要です。

お金から目を背けてはいけません

しっかりお金と向き合って

人生を考えてみましょう。

何とかせねば・・・って思うでしょう。

でわ!

ここからの記事を読む為に約 14 分の時間が必要

ラブ☆スカイの
無敵の投資スキームを紹介

⇒続きを読む

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。