収益不動産物件の購入方法


この記事を読むのに必要な時間は約 8 分です。

よく

「不動産投資をしたいですが

どのような手順や手続きがありますか?」

なんて質問を受けますので

今日は、

「不動産物件の購入の流れ」

について解説しましょう。

不動産物件のオーナーを目指すことを

決意してから、オーナーになるまでの

道程です。

①決意する。

さて、まず最初に、一番大事な

ことですが、

賃貸用不動産物件のオーナーになることを

決意しなければなりません。

この後に述べる

手続については、ただの行為

ですから、大したことありません。

しかし、この「不動産投資をやる!」と

決意しなければ、一歩も前進できません。

手続きや購入費用なんか

知ったところで、

「決意」が無ければ一生購入できないでしょう。

手続きは面倒なら業者にお願いすればすべて

やってくれるし、

購入費用が自分で調達できなけれれば

業者と金融機関で条件等を設定して

段取りしてくれます。

でも、「購入意思」が無ければ

いくら資金を調達できるとしても

手続きをアウトソーシングできるとしても

購入できないのです。

まあ、わたしのブログにたどり着いたかたは、

投資家を目指す高い志をお持ちでしょうが!

②投資ジャンルを決める
不動産投資物件といっても

さまざまです。

土地を転売して利益を出す?

新築木造アパート?

中古木造アパート?

新築区分マンション?

中古区分マンション?

新築RCマンションビルオーナー?

中古RCマンションビルオーナー?

まだ他にも、店舗貸し?

シェアハウス経営?

不動産投資先を決めないと

これまた、先には進めません。

問い合わせる業者さんのジャンルを決めましょう。

実は、不動産投資を決意することも

難易度は高いのですが、

この、投資先を決めることに

みなさんすごーーーーーく

悩まれるようですね。

私のブログにたどり着いた時点では

多くの方が、この位置に

いらっしゃって、投資することは決めたけど

どのジャンルの不動産投資先を

選定しようかいろんな情報を得ようと

勉強されていることと思います。

そんなときは

何も悩まずに私にメールをください。

もちろん問合せでもかまいませんが、

年収と借入額さえわかれば

それぞれの属性や年収にあった適正な投資先を

ご紹介いたします。

提携してくれている不動産会社さんも多くなってきましたので

かなりレパートリーはあると自負しています。

また、私からの提案内容をじっくり考察していただくと

今後の行動すべきことが実感として体験できると思います。

新事業と新投資案件の準備もあるし、

1月の投資セミナーのレジメの作成と

3月の香港ツアーの準備

一杯やることがあるので、

今年の年末は実家には帰省せずじっくり

自己啓発する予定です。

時間もあるので、

問合せいただいた方へのフォローに力を注ごうと思っています。

でわ!問合せお待ちしています!